2017年03月29日

丹生都比売神社とあまの凡愚

 先週の土曜日、和歌山県の橋本近辺に出かけた。同行者は菊谷先生、目加田先生と菊谷先生の研究室の方々(ブログにお名前を書く許可をもらってないので匿名)である。どちらかというと、私は菊谷先生と目加田先生のお供をさせてもらったというのが実際のところかもしれない。

 行き先は丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)とその近くにある蕎麦屋「あまの凡愚」である。どうやら、菊谷先生と目加田先生(と私)が、いつぞやにどこかで飲んでいたときに、以前は大正区にあった蕎麦屋「凡愚」が和歌山県かつらぎ町の天野というところに移転したらしいこと、その天野は菊谷先生のご実家ゆかりの地であることなどが話題になって盛り上がり、ハイキングがてらにそばを食べに行こうということになったらしい(「らしい」というのは、つまり、私はそのことをよく覚えていない。まぁ、お酒を飲んでればよくあることである)。

 北摂からは新今宮か天下茶屋から南海高野線に乗って橋本まで行って JR 和歌山線に乗り換えて4-5駅先の笠田というところで降りる。そこからコミュニティーバスに乗って30分ほど揺られて天野に到着する。結構な距離である。私の住む伊丹からだと朝の7時過ぎのバスに乗って、10時半過ぎに丹生都比売神社に到着する、という案配だ。

IMG_2737.jpg  丹生都比売神社は1700年前の創建。応神天皇が社殿や社領を寄進したと由緒書にある。弘法大師の高野山開山にも関与したという、まさに由緒正しき神社である。菊谷先生はその社家の47代目に当たるということだ。これまた由緒正しい家柄である。神社で、菊谷先生の親類筋に当たる宮司さんから神社の由緒についてお話をしていただき、いい頃合いになったので「あまの凡愚」に向かう。丹生都比売神社からは歩いて5-6分ほどであった。

 IMG_2742.jpg あまの凡愚は蕎麦屋と言うよりも、山小屋でお蕎麦を出しているような風情と佇まいである。間仕切りのない広いフロアには暖炉と石油ストーブが焚かれている。季節の野菜から始まって、太切そば、手挽きそば、変わりそば、そばがき、かも汁そばと続いてデザートとコーヒーで締める。これを3時間ほどかけてゆっくりといただく。まことに贅沢な時間を過ごさせていただいた。


IMG_2743.jpg 腹ごなしに周囲を散策して午後4時半のコミュニティーバスで笠田駅に戻り、往路をそのまま辿って天下茶屋に着く頃にはすっかり夜になった。非常にゆったりとした休日だったのだが、地下鉄堺筋線に乗ったところで「夕飯、食べに行く?」ということで菊谷/目加田先生と私は南森町で下車、そのあとは毎度変わらぬウダウダ言い合うただの飲み会になった。

 せっかくゆっくりした時間を過ごしたのに、、そのまま終われずに最後にウダウダガサガサと飲むのは、きっと自分の落ち着きのない性分のせいである、と思ってワインをたくさんいただいた。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 18:02| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする