2016年05月26日

関水先生とカイコ

 先日、研究所で主催するアドバンストセミナーの演者として、帝京大学医真菌研究センターの関水和久先生をお招きした。関水先生は昨年度まで東京大学大学院薬学系研究科で教授を務められ、今春から現在の職に就かれている。

 先生は生命科学分野の伝説的偉人である、DNA ポリメラーゼ研究で有名なアーサー・コーンバーグのもとに留学された経験をお持ちだ。ご自身も「かつては DNAの複製の研究をしていた」とおっしゃるが、今はカイコを実験動物に用いて、細菌感染の解析のみならず様々な分野でのカイコの応用を試みられている。カイコは代表的な病原細菌に感受性で、外来分子に対する代謝応答もあるし基本的なサイトカイン反応性も持っている。さらには糖尿病カイコを作ることだってできるしインシュリンで治療もできる。そのうえ、実験動物としては廉価で大量飼育も可能だ。これを抗菌剤や新規有用化合物のスクリーニングに使わない手はないというのが関水先生の持論である。これほど多彩なカイコ利用の技術開発を進められているのは世界的に見ても関水先生をおいて他にない。

 カイコといえば、幼い頃、私の住んでいた鶴橋・玉造界隈にはカイコと桑の葉を売るプラモデル屋さんがあって、毎年初夏になるとそれを買ってきては家で飼育していたものだ、。何が楽しかったのかよく分からないが、繭を作らせて蛾になるまで成長させて卵を産ませていた。ただし、卵から生まれた子虫はどうしても大きく育てることはできなかった。その話をすると関水先生は嬉しそうに「ホリグチさん、カイコのこと知ってますね」と笑ってくださった。聞くと、関水先生も子供の頃にやっぱりキリギリスやアゲハチョウを熱心に飼育されていたらしい。根っからの昆虫好きである。

 関水先生はこれまでに、カイコを使ってブドウ球菌の転写制御系の解析、有用乳酸菌の分離、新規抗菌剤の発見までされている。さらには、カイコの冬虫夏草を作って売り出そうとか、抗がん剤の開発をしたいけれどカイコが癌にならんとか、痴呆症の研究をしたいけど、痴呆症のカイコと正常なカイコの区別がつかんとか、カイコを中心にどんどん話が広がっていく。

「カイコが痴呆症になったら、やっぱり徘徊するんですかね?」
「いやー、あいつら普段から徘徊してるからねー」

 研究者同士の会話の醍醐味は、研究をネタにした馬鹿話にある(キッパリ)。関水先生はお酒を一滴もお飲みにならない(「普段からやさぐれて酔っ払ってるみたいだけど」、、とはご本人のお話である)ので、失礼ながら(失礼でもないかもしれない)私よりも何年も先輩の関水先生とこんな研究馬鹿話ができるなどとは夢にも思わなかった。おかげで、この日は先生と楽しい夕食の時間を過ごすことができた。

 関水先生は現細菌学会の会計担当理事でもいらっしゃる。先生、今後とも理事会運営でも研究でも色々とお世話になると思いますが、、よろしくお願いいたします。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 18:27| Comment(0) | 私的先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

新しい iMac

 新しい iMac を購入した。

IMG_2568.jpg 27インチ Retina 5K ディスプレイ 3.3 GHz クアッドコア Intel Core i5 16GB メモリ、2TB Fusion Drive というスペックである。今まで使っていたハードディスク仕様の iMac が遅くて困っていたので新年度を機に決断した。これまでの iMac は研究室の共用端末になる予定である。

 iMac はディスプレイ一体型なので全体的にはコンパクトに作られている。しかし、やはり27インチのディスプレイは大きくて背が高い。ディスプレイの背が高いと上目遣いで作業する事になるので、きっと首や肩が凝るだろうと購入以前からずっと思っていた。私は目線が比較的下がるようにディスプレイを置いて仕事をするタイプなので、27インチ iMac は私には合わない、と思っていたのである。そして、実際に届いた実機を見ると、やはり背が高い。

 そこで、いま使っているデスクの下に一段低い台を滑り込ませて、そこに iMac を載せて本体部分だけをデスクの上に来るようにすれば、ちょうど具合のいい高さになるんじゃないかと考えた。デスク下のスペースは奥行が 200 mm 程度しかなく、台に必要な高さは620-630 mm くらいである。幅は最低スタンドが載る程度なので200 mm 以上あれば良い。

 そんな都合のよい大きさの台なんてないやろな。木材を買って自分で作らなきゃ、、。と思いながらホームセンターで物色していたら、、615 mm(高さ)x 200 mm(奥行)x 400 mm(幅)のうってつけの組立棚があった。探せばあるもんである。

IMG_2569.jpg んで、写真のような感じになった。これでディスプレイの上辺がちょうど目線の高さになって見下ろして作業することができる。

 5K のディスプレイは快適だ。もっとも、4K だなんだと世間で騒がしいテレビの解像度の何が 4K で何が 5K なのかちっともわかっていないけれど、とにかく快適だ。テキストが滑らかに表示されることがこんなに快適なのだということを使って初めて実感した。128GB のフラッシュストレージを擁する 2TB Fusion Drive も早くて快適だ。

 定年までの9年間、もう Mac を買い換えずにやっていけるんじゃないか? と無駄な妄想をしてしまうほどである(多分、無駄な妄想で終わると思う)。ただもう一つ問題が出てきた。新しい iMac に触発されて、新しい MacBook や iPad にも興味が出てきてしまったのである。来月はアップル製品の新発表があると言われている World Developers Conference (WWDC) が開催される。その時に発表されるラインナップによっては、余計なものをポチッとしそうでとっても心配である。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 16:05| Comment(0) | コンピュータ & ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

少し前の出来事4・一撃必殺

 もはや不定期日記とさえも呼べないほどの更新頻度だが、とりあえず気が向いた時に気が向いた事を書くということにして、、「少し前の出来事4」である。

IMG_2505.jpg
 3月下旬吉日。D4のサーヤが所定の単位を取得し、必要な論文の掲載もなり、学位を取得して無事大学院課程を修了して当ラボから巣立っていった。4月からは動物衛生研究所でポスドクとして研究に従事する(している)。

 このブログでも何度か書いているが、彼女の父親は武闘家系細菌学者の大阪市大・西川教授である。んで、彼女は間違いなく父親の血を引き継いでいる(こことかこことかを見てちょ)。んで、朗らかで明るい。ベタな表現を許していただければ、まさに太陽のような娘であった。大学院博士課程の4年間といえばきっと辛い時期もあったはずなのだが、ほとんどそのような素振りも見せずによく頑張った。周囲への気配りもきめ細やかで、上手に人間関係を作る実に大人な女性だった。彼女が去った後の研究室は、他のメンバーも同時に数人が異動した事も相まって実に(再びベタな表現を許していただければ)、火が消えたように寂しい雰囲気になってしまっている。しかしその分、これから仕事をする先々を明るくしていくに違いない。そんなことを思わせる学生であった。

 ところで、当研究室では、メンバーの贈る言葉を書いた色紙を卒業生にプレゼントする風習がある(多くの研究室でそうかもしれない)。少し前までは、私が卒業生に贈る言葉は相手が誰であっても「根性」であったのだが、最近はその人となりによって言葉を選ぶことにしている。んで、サーヤには「一撃必殺」の言葉を贈った。

 我ながら彼女にぴったりの言葉を選んだものだと、勝手に満足している。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 21:28| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする