2016年01月31日

IIJmio(格安SIM)の月額請求料金

携帯の契約先をソフトバンクからMVNO(仮想移動体通信事業者というらしい)の IIJmioに変えてから一ヶ月以上経った。以前にも書いたが、これは、携帯端末の料金を2年間のローンで支払った後も、基本料金プラスオプションやらなんやらの組み合わせで支払う月額料金がほとんど変わらず8千円から9千円になってしまう、大手キャリアの料金体系に激しく疑問を持った結果の措置だった。

 んで、先週に先月途中からの支払額が確定したようなので調べてみた。

 2016-01-24 17.23.57.jpg

 消費税を入れて947円だった。「音声通話機能付きSIM」の月額基本料と音声通話機能付帯料を併せて月額 1,600 円のコースで、使用開始日からのきっちり日割り計算ポッキリ。ややこしいオプション料やら値引きやらのプラスマイナスは一切なし。明快である。明快すぎて思わず笑ってしまうほどだ。(ただし、通話をすれば通話料金は加算される。私の場合、12月15日から31日の間に通話発信をしていないということだ)

 契約しているコースは3GBの通信パケット量だが、通信スピードをIIJmio提供のアプリで低速に設定すると、その間はその3GBは消費されない。それに普段は大学や自宅のWIFIを使っているので、出張が重なるようなことがなければ、パケットの消費量は基本的に多くない。今日は1月31日だが、1月分の通信量はまだ1.8 GB以上残っているほどだ。残ったパケットは来月分に加算される。

 こうしたMVNOの弱点は、いわゆる携帯アドレス(@softbank とか @ezweb などが付いているアドレス)が使えないところだが、私の場合は携帯アドレスをほとんど今までも使っていなかったので問題はほとんどない。それ以外、全く不都合はない。

 請求額を確認してそのあとすぐに追加のSIMを家内のために契約し、アップルストアで iPhone6sも購入した。その5日後には全てが整って回線を開通することができた、。携帯ショップに出向いてあれやこれやと手続きを踏む必要はない。お手軽である。

 いかがでしょう、、皆様もご検討されては、、、。一応念のため言っときますが、IIJmioから宣伝を依頼されているわけではございません、、。

:これを機会に端末も iPhone5 からiPhone6s に乗り換えて、液晶が4インチから4.7インチと大きくなった。「大きすぎたら使いにくいやろ」と思っていたが間違いだった。表示領域がわずかでも大きくなると、使い勝手が大きく変わり、 iPhone5 時代とは違ってWebでの調べ物やニュースの閲覧の機会が大幅に増えて、iPad miniを使う機会がめっきり減った、、。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 18:28| Comment(0) | コンピュータ & ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

貧乏症

 最近、雑用の交通整理を心がけるようにしたら(とは聞こえがいいが、要するに断ることのできる用務を断っているだけ)、自分の仕事(研究)に関わる時間を比較的取れるようになった気がしている。この日も夕方前からは、最近報告してもらった実験データの吟味や新着論文のチェックやらで時間を過ごすことができた。自分の興味にフィットした論文を見つけ、ダウンロードしてざっくりと拾い読みする。自らピペットを持って実験できなくなった研究者(年数を経た大抵の教授はそうだ)にとっては至福の時間である。

 そうして最近報告してもらった実験データのことを考えながら新着論文を眺めていると、ちょっと気になった記述を見つけた。「これ、ウチの仕事に使えるんちゃうん?」と、もう少し詳しく読んでみたくなる。大げさではなく、こんな時は高揚感があって心臓がドキドキと高鳴ることさえある。この論文を詳しく読みたいっ、気のついたことをその論文に激しく手書きでメモを取りたいっ、、そんな衝動にかられる。

 そのためにはダウンロードした論文を印刷しなければならない。私は専用のプリンタを教授室に置いている(大抵の教授はそうしている)。しかし、教授一人でたくさん印刷するのはコスト面で気がひけるので、比較的コンパクトなインクジェットプリンタを使って、しかも片面使用済みの用紙の裏に印刷する。私の貧乏症なところである。

 コンピュータでプリント操作をしてしばし待つ。早く印刷しないかな、、ええぃっ、じれったい、、、と高鳴る胸を押さえつつ待っていると、用紙の表裏を間違ってすでに印刷された面に印字してしまった。だらぁっ、私としたことがなんということじゃ。気を取り直して、用紙の裏表を確認してもう一度印字する、、。と、次に印刷されてきたものは字が随分とかすれている。どわぁっ、黒インク切れかいっ、、。

 黒インク黒インク、、、研究室には備蓄のインクカートリッジもあるが、やっぱり貧乏症の私はサードパーティー製の詰め替えインクも用意している。、、早く論文を見たいんやけどなぁ、、でも詰め替えインクがせっかくあるし、、、と、実験室からプラスチック手袋を持ってきてインクを詰める、、。、、もうっ、オレはヒマなんかっ、、。

IMG_2461.jpg 空っぽになったカートリッジに細工をしてインクを入れていたら、なんか情けなくなってきた、、。阪大には700人以上の教授がいるが、忙しい時にインクジェットプリンターのインクを手で詰め替える教授が何人いることか、、、。微研や iFReC には絶対おらんな、、。私が常日頃お付き合いいただいて尊敬申し上げている一流と呼ばれるあの先生やあの先生なんか、絶対こういうことはなさらない。「キミ、これをちょっと印刷してくれたまえ」と下々の者にコピーを用意させるに違いない、。

 忙しいのに、インクを自分で詰め替えて、用紙の裏紙を使って印刷しているような教授はあかん。この辺がオレのあかんとこや、、。あ〜、、オレはあかん教授や、、、。

 だいたい、3ヶ月に一度くらい、私はインクを詰め替えてはこうして反省を繰り返している、、。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 11:41| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

生化若手の会・九州支部/デヴィッド・ボウイ/竹田圭吾

 この連休の10日に、生化学若手の会九州支部の依頼でプレゼンテーションの講演をしてきた。プレゼン講演に関してはこのあと予定がないので、もしかしたらこれが最後になるのかも知れない。

IMG_2436.jpg 会場は福岡県八女市のグリーンピア八女という宿泊施設である。参加者は30名程度。多くが大学院生のようだった。生化学会若手の会は古い歴史を持っていて、私は若い頃から「こういうのを運営する若い奴というのはどんな奴なんやろな−」とある種の畏敬の念を持って想像していたものだ。それから数十年。そんな「若い奴」の依頼で講演する自分はすっかり歳をとったような気がする。

 当初は「50分でご研究の話とプレゼンテーションの話をお願いします」という依頼だったのだが、それでは時間が短すぎる。それに生化学や生命科学を志す若者の集まりが「細菌感染」を主軸とする私の話を聞きたいと思っていると勘違いするほど私もトロくはない。プログラムの構成は明らかにプレゼンテーションの講演を私に期待している事を示していた(講演後、スライド作成のグループワークが設定されていた)こともあるので、「いやいや、お気遣いなく。50分みっちりプレゼンテーションの話をしましょう」ということにした。

 この会には、九州大学生体防御医学研究所の鈴木淳史教授も招待演者として参加されていた。鈴木先生の方は研究のご講演である。いわゆるダイレクトリプログラミングで線維芽細胞から肝細胞を作製するという研究の話で、大変興味深く聞かせていただいた。こういうところで思いがけず素晴らしい研究の話を聞くと、めちゃくちゃ得した気分になる。さらに鈴木先生の講演のあとには、留学や研究室運営などについての座談会が設定されていた。どうやら若くして教授になられた鈴木先生の経験や考えを聞きたいということのようだ。しかし、、(これは鈴木先生ご本人にも賛成していただいたのだが)成功者の経験談は参考にならんよ、、キミたち、、。少なくとも私はそう思っている(詳しくはこちらをどうぞ)。

 私のプレゼンの講演はいつも通り、、とはいかず、すこし盛り込みすぎて時間を超過してしまった。講演のなかで「講演時間厳守」を唱えていたにもかかわらず、である。これには「そういう失敗をするのがプレゼンというもので、だから難しいんですよ」とよくわからん説明をして誤魔化しておいた。

IMG_2437.jpg そのあとのスライド作成のグループワークでは、スタッフが作成した仮想実験のプロトコールとデータに従って、それぞれ方法を示すスライドとデータグラフのスライドを参加者が作成するという企画だった。それを見て、私が批評するということだったが、参加者それぞれが私のスライド作成における注意事項にもとづいて工夫しているのがわかって面白かった。みんな真面目である。もっとも、こんなときにふざける奴はおらんと思うが、、、。写真はそのグループワークの風景である。


 参加してみて感じたのだが、生化若手の会のミーティングの主眼は参加者の研究発表をもとに議論するという点にはなく、どちらかというと研究者としてやっていく上での諸問題にテーマを決めて話合うなどして相互啓発するような、、そういったところに重点が置かれているように見えた。それはそれで大切なことだが、巨大な生化学会の若手の会なのに、それではすこしもったいないような気がする。しかし、スタッフのひとりに聞いてみると生化学会からの支援はかなり少なく、それなりの規模で研究発表会をするのには無理があるとのことだった、、。学会それぞれによって、若手育成ひとつとっても色々と考え方があるのだろう、、。

 今回の出張は私の都合で日帰りにしたので、早朝に家を出て7時過ぎの新幹線に乗り、久留米駅で送迎バスに乗り換えて12時過ぎに到着し、講演後はスタッフの運転するクルマで久留米に舞い戻り、午後7時前の新幹線で帰阪するという慌ただしい出張になった。帰宅して落ち着いてニュースや新聞を見て、ロック歌手のデヴィッド・ボウイとジャーナリストの竹田圭吾さんが亡くなったことを知った。竹田圭吾さんは客観性・公平性・ユーモア性、全てを備えたとても素敵なジャーナリストで、大好きな人だった。デヴィッド・ボウイに至っては、若い頃「この人は死ぬことなんてないんじゃないか?」と私が何となく思っていたような人だった。生化若手の会もそうだったが、自分が年齢を重ねたことを強く感じさせるような出来事がいくつもあった連休だった。 

 謹んでご冥福をお祈りします。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく



posted by Yas at 18:37| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

ららぽーとEXPOCITY

 グランド・オープンの賑わいも、もう落ち着いたやろ、、と、昼食に「ららぽーとEXPOCITY」に行ってみた。

IMG_2434 (1).jpg

 超満員でした。世間にはまだお正月ムードが残っていたようだ。フードコートで空いたテーブルを探すも見つからず。




IMG_2435 (1).jpg

 フードコートから見る景色はなかなのものである。窓から見えるは太陽の塔と大阪大学の医学部と工学部の一部。残念ながら微研やiFReC は見えん。



 仕方がないので、スゴスゴと何も食べずに駐車場を出て近所の「丸源ラーメン」へ、、。ここのラーメンはどれも平均点が高いと思う。

 大阪大学の皆さん。まだ昼飯にららぽーとに出かけるのは早いようですぜ、、。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 19:24| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

2016年 おめでとうございます

 あけましておめでとうございます。

 年賀状にも書きましたが、今年のスローガンは「気ぃ抜いたら終わりやんけ」です。時間や仕事に終われる毎日が続く今日この頃、今年は前向きに明るく楽しく元気よく過ごします。

年賀状jpeg.jpg








 今年もよろしくお願いします。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく

posted by Yas at 09:23| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする