2015年10月28日

56歳

今日は私の56歳の誕生日であった。

研究室の皆さんが、ショートケーキでお祝いしてくれた。みんな、毎年ありがとう、、。

アヤッチが云う。
「先生っ、おめでとうございますっ。ビルゲイツと誕生日が同じですよね〜」
「ほんま?」
「先生、毎年誕生日に自分で言って自慢してたじゃないですか〜」
「、、、、知らんっ」

教授たるもの、自分が云ったことは30分くらいで忘れるものだ、、。そんな一年も前のこと、覚えてるかっ。
とは言うものの、、本当かなと疑って「10月28日生まれの有名人」とかいうウェブサイトで、チェックしてみる、、。確かに、ビルゲイツと私は同じ誕生日だ(生まれ年はもちろん違う)。さらに、徳川慶喜さんも新暦に読み換えると10月28日生まれらしいことがわかった、、、。慶喜さん、大政奉還前後はわけのわからん人だと思っていたけど、こうなるといきなり親近感が湧いたりする、、いやいや慶喜さん、幕末・維新の頃は大変だったでしょうね、、、ご苦労さんでした、、、。そのウェブサイトをさらに見てみると、ファッションモデルの菜々緒さんも誕生日が同じ(もちろん生まれ年は違う)らしい、、。菜々緒さんって、、、よく知らんが、、、「大体やな、菜々緒で思い出したけど、オレはあいつとあいつの区別もつかんのや」と、思いついたままのことを傍若無人に口にする。

研究室で思いついたままのことを好き勝手に云わずして、教授は勤まらん。

「あいつとあいつって、誰ですか? 全然わかりません」
「あいつやがな、、、、片一方は、親父さんがあいつ、、、」
「全然わかりません」
「あいつは、ホラー映画の「リング」とか「らせん」とかに出てた、、」
「真田広之ですか?」
「何言うとんねんっ、、。女やがなっ、、もうっ」

教授たるもの、ラボのメンバーには理不尽でなくてはならん。。

「、、、松嶋菜々子ですね、、、?」
「そうそう、そいつそいつ、、、それとあいつと区別がつかんのや」
「あいつって、誰ですか?」
「だから、お父さんがあいつなんや、、、いっぺん、米原の駅で見たことがある、、、」
「そんなの、、わかりません」
「あいつはやな、、あいつと共演してたんや、、あの「舞妓はぁ〜ん」とか云う映画に出てた、、、」
「、、、、阿部サダヲですか、、??」
「そう!、、阿部サダヲとあいつが、詐欺師の話の映画に出てた、、、」

シンザーが、私の話からキーワードを拾ってはネットで調べる。
「それは『夢売るふたり』ですね?」
「あ〜、、そうそう、それそれ、、、」
「ということは、松たか子ですか、、、。お父さんは松本幸四郎ですね」
「そうそう!、、松本幸四郎、、米原駅で見たことあるんやがな、、、、、。んで、オレは松嶋菜々子と松たか子の区別がつかんっ。、、そういう話や、、」
「、、、、、、、、、、」

56歳。老いは確実に忍び寄っている。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 22:21| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

反省のタイヤ&チューブ交換

先月のシルバーウィークでのこと。休日だし、久しぶりにのんびり自転車で仕事に行こうとして、ビアンキくんで自宅を出たら15分ほど走ったところでタイヤ(正確にはチューブ)がバーストした。
実はその数週間前にガレージに置いてあったビアンキくんの後輪がパンクしているのを発見してチューブを交換したのだった。その時は、すぐに乗るわけではなかったので、少しだけ空気を入れてそのままにしたのだが、どうもその時に、チューブがタイヤのビード(ホイールのリムにはめるタイヤの部分)に噛んでいたのを見すごしてしまったようだ。タイヤに噛まれたチューブに目一杯空気を入れると、破裂する。当然の結果である。

慌てて家内に電話して迎えに来てもらい、懲りずに今度は折りたたみ自転車の Tikit くんで家を出たら、今度は何もない平坦な道でコロンとチェーンが外れた。「やれやれ」と、チェーンをはめようとしてよく見ると、どうやらチェーンが伸びてきているようだ。ビアンキくんのチューブの破裂といい、Tikit くんのチェーン伸びといい、要するに整備不良と云うことだ。自転車通勤から少し離れていたためにこの体たらく。ひとしきり反省するが、以前のように頻繁に自転車通勤できる日々がやってくるのかどうか、、諸般の事情を鑑みるとかなり不安になる。

IMG_2399.jpg
この機会に前後輪のタイヤもチューブも交換してしまおうと、シルバーウィークのうちに楽天でビアンキくん用のタイヤとチューブを購入したものの、時間がなくて取り付けできなかったのがようやく昨日、やっと作業する時間と気力が整った。
こんな姿で長い間放ったらかしにしてごめんよビアンキくん。



IMG_2400.jpgタイヤとチューブの交換などチョチョイのチョイだ、と始めたものの、ここでも自転車離れがたたって、すっかりコツを忘れていてタイヤのビードをリムにはめるのに一時間以上もかかってしまったが、とりあえず完成。シクロクロスのビアンキくんには、これまで700 x 28C のタイヤを履かせていたのだけれど、今回は少し細めに 700 x 25Cにしてみた。

さらに、その作業中に前輪のブレーキシューがかなり摩耗しているのも見つけてしまった。、、整備不良きわまれり、、。ブレーキシューは買い置きがあるけれど、Tikit くんのチェーンは買わなきゃ、、。

ビアンキくん、Tikit くん、ごめんよ僕が悪かった。今の仕事の調子だとルンルンと自転車通勤する時間の余裕も心の余裕も乏しいけれど、季節はサイクリングに最高の秋だ。いつかきっと復活するからね、、。それまでは、ちゃんと整備するので許してくれ、、、。
、、と云っている間に、サイクリングに最悪の冬がやってきてしまうような気がするけれど、、。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 19:56| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

大村智先生

大村智先生、ノーベル賞受賞、誠におめでとうございます。かつて北里研究所に所属していた者として、とても嬉しく受賞の一報を聞きました。

また受賞のニュース直後にご連絡いただいた報道関係の皆様、対応をいたしませず失礼いたしました。ちょうどその時、ちょっと複雑な仕事をしていたこともあり、また対応できたとしても大村先生について大したコメントもできませんので、どうぞお許しください。中には、先日のブログで「大村先生と話をさせていただいた」と書いた記事を目ざとく見つけて連絡されてきた方もいらっしゃったようですが、、本当に少しお話しをさせていただいただけですので、、。気の利いたハナシができるはずもございません、、。

*               *

さて、受賞理由になったイベルメクチンのこと。「イベルメクチンってなんですか?」と家内を含めた何人かに尋ねられた。、、我々に身近なものでは、ペットのワンちゃんに夏場に毎月飲ませるフィラリアの薬がある。あの成分がイベルメクチンである。イベルメクチンのおかげで、イヌのフィラリアは死の病から予防できる病になった。もちろんイヌフィラリアのみならず、オンコセルカ症をはじめとしてイベルメクチンの適用範囲はさらに広く大きい。その社会的インパクトは凄まじく、当時私が所属した頃の社団法人北里研究所の経営を財政面で支えた薬でもある。だから、北里関係者(少なくとも薬学部関係者と旧北里研究所関係者)で、イベルメクチンを知らない者はいないと思う。

大村先生は日本細菌学会のただ一人の特別名誉会員でいらっしゃる。最近、あることで学会にご支援をいただいたので、先日はそのお礼とご挨拶を兼ねて訪問させていただいた。実は、大村先生とはそれまで何度も会合などでお会いしているのも関わらず、その時に初めてお話しをする機会を得たのである。短い時間だったが、大村先生はこの時、日本の微生物学(細菌学会かもしれない)の将来についてしきりに心配していらした様子だった。

IMG_2395.jpg


その時にいただいた、大村先生のご著書。いま思えば、サインも頂戴しておけばよかったかも。





ところで、私には、大村先生についてもう一つ思い出がある。30年近く前、博士号を取得した私はあまり深い考えもなしに、北里研究所の支所である家畜衛生研究所に就職した。就職してすぐに、家畜衛生研究所のニーズと私のやりたいことが全く合っていないことに気がついて愕然とし(就職について深く考えなかった私の方に責任があると言っていい)、転職することばかりを考えて仕事をする毎日であった。そうして1年が過ぎ、2年が過ぎようとしたある頃、白金の北里研究所(「本所」と所員は呼んでいた)に2ヶ月の出向が許された。好奇心の強い私は、出向中に所内の様々な研究室に押しかけて実験やディスカッションをして過ごしたのだが、それがきっかけで、私を本所に異動させるという話が持ち上がった。ところが、このことが本所で正式に決まる前に、間接的に家畜衛生研究所長の耳に入ることになって、異動話は本所と支所の間でこじれにこじれる事になってしまったのである。全くの誤解なのだが、「(家畜衛生研究)所長の頭越しで異動の話を進めるような奴(私のこと)はけしからん」というわけだ。
このことが当時(本所の)副所長だった大村先生の耳に入り、「そのホリグチとかいう所員の話を聞いてやるから、連れてきなさい」と、天下の大村先生が本所と支所の仲裁にはいる恰好になった。しかし、異動の話がこじれて長引いている間に、すでに私は退職して研究員で微研に移ることを決めていた。この話を内々に聞いて、ここで大村先生に仲裁いただいては微研に行けないと思った私は、面談の日程調整をされる前に即座に辞職届を出したのだった。

その時は「これが人生の分かれ目になるかもしれない」と、当時の私にすれば必死の思いで辞職したのだが、今は、大村先生に仲裁いただいて本所の所員となっていたらまた違った人生になっていたかも、、と気楽な事を考えたりしている。私が細菌学会の理事長になった時に、私の盟友である北里大学の阿部教授がそのことを少し大村先生に話してくれたらしいが、先生はあまり覚えてらっしゃらず「そんな人もいたかなぁ」と素っ気ない返事だったということだ。
当時の大村先生は、今の私と同年齢くらいだったと思う。あの頃から私にとっては「とっても偉い恐い先生」だったが、今回の受賞で「もっともっととっても偉い先生」になられた。

大村先生、この度は本当におめでとうございます。今後とも日本細菌学会をよろしくお願いいたします。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 19:19| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

シルバーウィーク 後編

長男一樹の結婚式。

新郎新婦の考えで、招待の来賓・参列者は少人数だ。かといって親類縁者の人数が多いわけでもないので、こぢんまりとした結婚式・披露宴になった。そしてその披露宴では、主賓の挨拶と乾杯のあと挨拶も余興もお色直しもない。ただ、新郎新婦と参列者の歓談が続くだけ。これも新郎新婦の企画である。

歓談だけで予定の二時間半がもつのかと不安だったが、まぁ、それはそれなりに恙なく会は進行し、最後は新郎の父(つまり私)と新郎の挨拶でおひらき。司会の方が気の毒に思うほどあっさりとした披露宴であったが、決して寂しい会と云うわけではなかった。しかし新郎の父としてはやはり気疲れをしたのだろうか、着慣れないモーニングを脱いだ頃には相当な疲労感がどんよりと残った。グイッとお酒を飲みたいが、街に出かけてバーに入る気力はない。ホテルの部屋でビールを飲んで、早々にベッドに入った。

翌日。鎌倉観光をしたいという親父(私の父親)のために、付添の兄貴をクルマに乗せて鎌倉に向かった。だいたい、連休のアタマにクルマで観光地に向かうなど、渋滞のキライな私からすればもってのほかの所業である。案の定、高速道路から一般道路に降りるところで渋滞に遭って、あらかじめ予約していた、父と兄が乗る鎌倉駅発の観光バスに乗り遅れた。「しゃあない。なんとかするわ」という兄貴と親父を鎌倉駅で降ろし、われわれは帰路についた。といっても連休中の鎌倉である。すんなりとクルマで脱出できるはずもない。湘南側の道路は絶対に避けるべきだ、と北鎌倉から大船経由で藤沢に出たが、やっぱり断続的な渋滞に遭って東名高速道路までたどり着くのに2時間ほどかかった。

それから休憩をいれて6時間半ほど、帰宅した時は7時半を少し過ぎていた。近くの回転寿司屋さんで夕食をとって、そのあと家でビールを飲んで(どんなときでもビールは飲むのだ)、速攻で寝た。愛車のレヴォーグくんの全車速追従機能付クルーズコントロールはこの日も快適で、今までのクルマよりも数段気楽に運転できたのだが、さすがの長距離ドライブの連続で身体が固まっていたのだろうか、寝ている間に脚を攣(つ)った。

とまぁ、そんなシルバーウィークであった

ホントはシルバーウィーク中編・後編と報告しようと思っていたが、話題の旬が過ぎちゃったので、これで終わり。、、、、明日(10月3日)は朝から岡山に向かって、日本細菌学会中国・四国支部総会に出席する。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 22:23| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする