2015年06月20日

おっさんの繰り言

 ラボメンバーから仕事(研究)の報告を受けていて、「そういう仕事のやり方をしていたら、いつまでたっても進捗はないやろ」と感じることがある。しかしなぜ「進捗はないやろ」と感じるのかを説明するのは難しい。私以外の、ラボや研究グループを指導される立場の皆さんにはそんな経験はないだろうか?

 いや、いちおう説明はできる。でもその説明ではおそらく相手に納得してもらえない。こういう状況に遭遇したとき、そしてその研究テーマが重要なものであるとき、研究リーダーは色々と思い悩むことになる。
 一見すると実験の選択や手順は妥当に見えるが、目の前の壁を乗り越えるためにはもっと多くの仕事量が必要だと(私が)感じる時、なぜか上手くいかない実験の上手くいかない理由を調べることなく放置して、それを解決するべく別のもっともらしい実験をいくつも計画している時、欲しい実験結果を得るための適正なスケールで実験をしていない時、自分が気になる目の前の問題を解決するためだけの小さな実験を繰り返したりしている時、などがそれにあたる。こうした「一見すると妥当に見える実験」は、実験者本人が妥当だと考えていることもあって、論理的に「なぜだめか」を説明するのは難しい。これを理解してもらうには、センスとか経験とかが必要なのだが、こうした状況に陥る実験者にはそのセンスとか経験とかが足りない。そんな時に「経験を積みなさい」と云ったところで、目の前の実験に苦しんでいる本人には何の足しにもならない。

 初学者には、経験者が目の前で実験をやって見せて、細かい実験手技の意味を教えて、ナマの実験データを一緒に吟味して、一緒に試行錯誤してやるのがよいと思う。こうして経験を積むと同時に、実験センスとはどういうものか理解できるようになると思うからだ。マニュアル本(この頃は科学実験でもマニュアルの花盛りである)をなぞるだけではダメだ。

 しかし最近はもしかすると、初学者を教える方もマニュアル人間化しているのかもしれない。そんなことをおっさんボスは考えている。

 初学者の皆さん。ボスが理不尽なことを言っているように感じる時、ホントはそんな事情が関わってるのかもしれませんので、ちょっと振り返って考えてみてくださいな。、、、いや、ホントに理不尽なことを言ってるだけなのかもしれませんけど、、。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 16:25| Comment(1) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

イマドキの、、

先週土曜日。共同研究員として財団微研会から当研究室に派遣されているスズコーが結婚式を挙げた。お相手は、大学時代からお付き合いのあったという、笑顔の魅力的な女性である。式と披露宴は香川県の宇多津という町にある、海を望むことのできる豪奢な結婚式場(リゾート・ウェディングと呼ぶらしい)で執り行われた。派遣先の教授として、そこに私も参列させていただいた。

参列者は100-120名ほどだったかと思う。レストランタイプのちょうど良い広さのパーティー会場で、色々な意味でコンパクトな良い披露宴だった。このブログでも何度か書いているが、結婚披露宴の良し悪し(これもいつも書いているけれど「悪い披露宴」というのはあまりないけど)は、参列した新郎新婦の仲間達の、結婚をお祝いする気持ちがどれだけ強いのか、どれだけ新郎新婦を盛り上げてあげられるのか、にかかっていると思う。その意味で、この日に集まった新郎新婦の仲間達は最高だった。みんな元気で、みんな嬉しそうに、パーティーで披露されるイベントの度ごとに新郎新婦のところに行って雰囲気を盛り上げていた。

IMG_2354.jpg極めつけは、参列者全員に「恋するフォーチュンクッキー」を踊らせるという一種のフラッシュモブ(ネットや口コミで示し合わせて、ある場所ある時間に突然おこなうパフォーマンス)だった。「老若男女相混ざった披露宴の参列者でそんなことをするのは無理やろ」と思ったが、新郎側と新婦側の双方の仲間達が連絡を取り合って準備したそうで、思いのほか踊りの出来が良く、それに引きずられて参列者全員が立ち上がって手拍子をしたりして会場全体が相当盛り上がった。

IMG_2353.jpg
突然の「恋するフォーチュンクッキー」に、ひとり茫然とする新郎。
一方の新婦はこのフラッシュモブの計画を知っていて、事前に準備もしていたらしい(新婦も踊っていた)。

その新郎側の仲間の大半は、財団阪大微研会の若手達である。財団微研会では人材を育てるのに苦労しているという話をよく聞くが、この企画力と行動力を見て「財団微研の前途は明るいんちゃうん?」と本当に思った。

この日は、宇多津という今まで縁もゆかりもなかった町で、いいものを見せていただいた。ちょっと記憶に残りそうな1日だった。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 18:48| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

一閃

 つい先日の出来事。

 当研究室には数鉢の観葉植物がある。もとは、私の教授就任祝いに当時の技術職員の方が下さったベンジャミンと、私が戯れに買った小さい水耕栽培のパキラの2種類だけだった。それにいつの間にやらポトスが加わり、パキラが株分けされ、さらにドラセナ・コンシンネやらドラセナ・サンデリアーナとかやら(あぁややこしぃ)、名も知らんタロイモみたいなのやら、、と故(ゆえ)知らず増殖し(って、買ったか貰ったかしてるんですけどね)、おかげで月曜日の朝には水やりしたり、ベランダに鉢を出したりして、色々と世話を焼かねばならんはめに陥っている。

 だいたいが無精な性格である。大きくなりすぎた枝を剪定するでもなく、無計画に肥料やって水やりしているだけなので株がすぐに大きくなる。大きくなると切り戻しもせずに大きな鉢に移し替える。するとまた株が大きくなる。ちょうど今頃は鉢の植え替えに良い季節だ。、、こうしてどの観葉植物もどんどん大きくなっていく。どうせなら定年までに、よく育っているパキラを天井に届くくらいに大きくしてやろうかと密かに考えたりもしている。

 その鉢の植え替えを前に、今年に入ってから立ち枯れてしまったゴムの木を処分することにした。そのゴムの木は根腐れをしてしまっていたようで、ぼそっと簡単に鉢から取り出すことはできたが、幹がかなりの長さになっていたので短く切らないと捨てられない。しかしあいにく研究室にはノコギリがない。、、、としばし考えていたら、D4のサーヤがかつて空手部に所属していたことを思い出した。

「サーヤ、ちょっと回し蹴りで折ってくれ、、」と、試しに頼んでみた。うら若き娘である。ブランクがあるし、そんなことできません!などと断られるだろうと思っていたら、
「え〜? 折れるかなぁ〜?」とすっと進み出て、軽く首をコキコキさせて

 こういうことになった。


IMG_2345.jpg
 いや、観葉植物の世話の合間に、面白いものを見せていただいた。さすが(いつも書いているが)武闘派教授の異名を取る大阪市立大学・西川禎一先生の愛娘である。

 西川センセ〜,娘さん、元気に頑張ってますよ〜、,。


 明日はその西川先生にお招きいただいて、大阪市立大学で90分の講義をする予定である。



、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 18:40| Comment(1) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

ひっさしぶりの北摂行


 仕事が溜まっていて忙しくてその気にならんだの、新車を購入したので調子を見なきゃだのと、なんだかんだと言い訳して自転車に乗るのを随分とサボってここ数ヶ月。すっかり身体がなまってしまったように思う。

 そもそも、仕事が溜まっているのはまぁその通りだが、忙しくて他に何もする気が起こらないとかいうのは明らかに気のせいだし、新車もいつまでも新車であるわけもない。身体はなまりきって、なんだか気持ち悪い。ということで、前の土曜日に久しぶりに「自転車通勤&帰路は北摂まわり」大作戦を敢行した。以前は毎週のように北摂を巡っていたような気がするが、実に、、、何ヶ月ぶりやら思い出せないくらい久しぶりである。 



 ポタリング(何度も書いているが、私は自転車でダラダラとあっちこっちをほっつき回るので、これをサイクリングとは自分ではとても呼べない)を休んでいるあいだに、トラックを記録してくれていた EveryTrail が iPhone 動かなくなっちまった。んで最近、代わりに Stravaというソフトを入れた。Strava は EveryTrail よりも簡単にログを取って保存できるので便利だ。でもブログへの埋め込みはご覧のようにイマイチのようだ。、、もう少し検討してみます。


 サボっていた間に変わったのはログ記録アプリだけではない。茨木山中の景観も随分変わった。少し前までは、茨木から豊能に向かう府道110号線は、時折通り過ぎるクルマを除けばひっそりとしていて、そこかしこから小さなせせらぎの音が聞こえてきたものだが、、、
IMG_2348.jpg
 今や、こんな事になってしまっている。第二名神の高架柱とのことだ。100メートルはあるのかな、、。こんな調子で至る場所の山林が切り拓かれて、SF 的な光景が繰り広げられている。



 この日は、私の北摂コースの中では中短距離のコースをとって39 km。大学への往路を入れると60 km 弱の走行距離であった。以前なら大したことのない距離だったはずなのだけれど、帰宅したら身体の節々が痛んでいた。運動不足も極まれリ、、、。実は最近、自転車にまつわるある決意をしたので、しばらくは(そんなに頻繁ではなくとも)継続的に中長距離を走るつもりでいる。その決意の中身はまだここには書けん。,、しばし待て(、、?、、興味ないですか、そーですか、すいません)。

 ちなみに、この6月1日から自転車運転に関わる改正道路交通法が施行された。,,皆さん、気をつけましょう。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく
posted by Yas at 21:29| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする