2015年02月23日

ベッドで待つアクセプト


最近、当研究室で書いた二つの論文が立て続けに雑誌にアクセプト(採択)された。そんなに大きな仕事の論文ではないので、「嬉しい」というよりは肩の荷が下りて「ほっとした」、という気持ちの方が強い。そんな仕事である。

ずっと以前は、紙に印刷した論文を航空便で雑誌社に投稿したものである。発送はできるだけ早いのがよかろうと郵便局本局まで走り、2ヶ月ほどして、また航空便で返送されてくる雑誌社からの A4サイズの書類の入る封筒の返事を心待ちに待ったものだ。しかしそれも今は昔のこと。論文投稿も雑誌社からの返事も、すべてインターネット経由で済まされる時代になった。

論文を投稿した先が海外の雑誌社の場合(ほとんどの場合がそうだ)、返事は日本時間で夜の間に届くことがほとんどだ。それでも、少し前なら、コンピュータの前に座らなければメールボックスを開けることはできなかったので、返事のメールを目にするのはたいてい翌日の朝だった。しかし、最近ではスマホというのがある。んで、私は眠りが極端に浅い。睡眠中、何度も夜間に目が覚めることなど日常のことである。

そこで目が覚めてしまうと、よせばいいのにスマホでメールをチェックしたりする。そして、そんなときに、寝ている間に届いていた雑誌社からの返事を、ベッドの中で読むようなことが多くなった。「ベッドで待つアクセプト」。ユーミンの曲のタイトルのようである。

アクセプトならいいが、その返事に査読者の不愉快なコメントが書いてあったり、面倒な追加実験の指示があったり、リジェクト(不採択)の決定が書かれてあったりすると大変である。ムカムカして確実にその後は眠れない。

ベッドの中で目にするのは論文の採択/不採択の通知だけではない。私が編集を担当している雑誌社から届く、他の研究者が投稿した論文の査読依頼も夜中にベッドの中で読んでしまう。投稿された論文のタイトルを見て、アブストラクト(要約)を読んで、自分が編集を引き受けるべきか、引き受けるとしたら査読者をどのようにして選ぶのか、ということまで考えてしまう。不運なときは、そのまま朝を迎えることになる。

インターネットのせいで、えらいことになったものである。ひとの睡眠時間を奪いよって、、、。とにかく「あぁやだやだ、こんな生活」とか思うけれど、やっぱり夜中に目が覚めるとスマホでメールチェックをしてしまう。

われながら因果な仕事である。ん?、、、性格なのかもしれん?、、


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 22:09| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

三条通り・ギア・グランディス

 先日の建国記念日。京都三条にある1928ビルで上演されている「ギア」というのを観に行った。そのウェブサイトによると、「ギア」とは「演劇でもない、ミュージカルでもない、サーカスでもない!日本発!日本初!京都で出逢える、感動エンターテイメント!」らしい。彼らは Non-verbal performance とも名乗っている。パントマイムとマジックとダンスとジャグリングを交えながらストーリーを展開していく見世物(やっぱ、「演劇」ちゃうんか?)と言ったらいいのだろうか。

 1928ビルの3階にある「ギア」の常設舞台は90人程度の観客収容数だ。休日などはほぼ満席になるという。Non-verbal なので、私の娘のような障害者にもだいたいのストーリーはわかるようにできている。そのためか、そうした人達も観客の何割かを占めている。上演時間は80分。家内が娘のために見つけてきた見世物(演劇やろ)だ。決して我慢強くはない娘がどういう反応を示すのか、ちょっと心配だったが、上演中はしきりに興に乗って拍手をしていたので、きっと本人にとって面白かったのだと思う。いやいやもちろん、私も楽しませていただきました。

 1928ビルは三条通りに面して建っている。昭和3年(1928年)に大阪毎日新聞社京都支局ビルとして建築されたものを耐震補強して現在も使用しているということで、レトロ感が満載だ。そこで上演後、このレトロなビルの2階にあるカフェ・レストランで遅い昼食をとり、さらに三条通りに他にも散在する大正/昭和期のレトロな建物を楽しんで、夕方に帰宅した。久しぶりの休日らしい休日であった(はいはい、すいません。休みの日になるとほとんど寝そべってテレビを見ているだけなのは私です)。


 ところでこの日は、電車ではなく、愛車グランディスで京都に行った。

IMG_22791.jpg
 愛車グランディス。シンザー撮影。

 グランディスでの遠出はこれが最後になる(はずである)。実は、先月中旬に新しいクルマの購入契約をしたので、古いこの車は下取りでディーラーに引き取られていく運びになる。15年間も乗り続けた愛車で、エンジンはまだ達者なのだけれど、残念ながらオイルが漏れているのか燃えているのか、消費量が激しくなって油圧警告灯がすぐに点灯するようになった。んで、クルマを点検したディーラーさんが「もう買い換えられた方がいいかもしれません」というので買い換えを決めた。愛着のあるクルマだが、ディーラーに、「さらに長く乗っていただけるように頑張って修理します」ではなく「買い換えろ」と言われたら仕方ない。
IMG_2277.jpg「しかし、言っとくけど、今は三菱のクルマで欲しいのはないから、買い換えるのなら他所のメーカーのクルマやで」と言い捨て、その数ヶ月後に言葉通り、三菱車ではない写真のクルマを注文した。

 数日後に納車されるはずなんですけどね、、。
 



、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく
posted by Yas at 21:58| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

MacOSのクリーンインストールで、、2

 前回の続き。「続き」の割にえらい間があいて、すまんこって。

 MacBook Air をクリーンインストールして、iPhoto の写真を取り込もうとしたら、母艦の iMac にあった iPhoto の写真がなぜかほとんど失われていた、、という話。

 iPhoto には講演スライドのネタになる画像データもたくさんあったので、これが使えなくなるととっても困ってしまう。そこで、MacBook Air のバックアップを取っていた HD のタイムマシーン機能を使って、iPhoto の写真だけを復元しようとしたが、やり方がよくわからないままポチポチとクリックしていたら(よい子は決して真似しないようにね)、意図しないところで勝手に復元が始まってしまった。「あ」と思ったがあとの祭り、これは復元作業を待つしかない、、。、、

 と思ったが、この復元がいつまでたっても終わらない。復元中の進捗状況を示すバーがチロチロするばかりで少しも進まない。こうなると気持ちは焦るばかり、ついコンピュータを強制終了してしまった(よい子は決して真似しないようにね)。

 そして、再起動。ところが、立ち上がった画面にはゲストユーザーのアカウントしかない。私のアカウントが消えてしまったのだ。しかも、このゲストユーザーアカウントは管理者アカウントではない。管理者アカウントではないということは、システムを変更できないということだ。どうでもよい書類の変更以外は、何もできない。何もできないからシステムの復旧などできるわけがない。完璧な詰みである。

 どうしたらいいのかしばらく考えたが、妙案が浮かぶはずもない。結局「command」+「R」で再びユーティリティーだけを呼び出して、再びクリーンインストールすることにした。これでまた小一時間ほど、時間を浪費した。クリーンインストールの後、システム設定やほかのアプリの復旧が普通にできるのは先のクリーンインストールで経験済みなので、とにかくiPhotoだ。iPhotoの復旧だ。MacBook Air のタイムマシーンは、どうやらクリーンインストール前後でユーザーアカウントが変わってしまっているので使えないことが(やっとここで)わかった。しかし、バックアップファイルの中身は保存されている。これを個別にインストールできないかと四苦八苦して、ついにタイムマシーン内の iPhoto ライブラリーの中身(iPhoto Libraryを右クリックして「パッケージの内容を表示」で開くことができる)を直接MacBook Air のピクチャ/iPhoto Library の下層に放り込んで画像をすべて復旧することができた。

 同じ方法で母艦の iMac の画像も復旧した。このときの作業で、去年の7月23日から30日の間に画像が失われたことも判明した。それにしてもこの日は疲れた。iMac と MacBook Air の二台を合わせて10回くらい再起動したが、コンピュータが再起動するときにはヒトを疲れさせる電波か何か出てるんじゃないか?と思うくらい再起動のたびにドッと疲れた。

 あまりに疲れたので、このことを記録のためにエントリに残すことにした。不毛な話をここまで読んでくださった方、ありがとうございました。Macユーザーの皆さんは、FileVaultとクリーンインストールにはくれぐれもお気をつけくださいな。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく

posted by Yas at 18:33| Comment(0) | コンピュータ & ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする