2014年03月29日

飲んで飲んで飲まれて飲んで(細菌学会総会1)

 この25日から28日まで、東京で開催された第87回日本細菌学会総会(会期は26-28日)に出席していた。ラボからは安倍、新澤、おかけー、サーヤも参加した。
 25日の夜に東京入りし、門前仲町の「魚三酒場」で群馬大学の富田さんのセットしてくださった飲み会に出た。富田さんは相変わらずである。どう相変わらずなのか、業界の方なら皆さんよく知っておられるが、、、教授になってもほんとに相変わらずである。
 このときは総勢8名。「魚三酒場」というのは新鮮な魚を格安で提供してくれる超有名店である。私は昔から門前仲町が好きで、しばらく定宿をその界隈で決めていたことがあるのでこの店のことをよく知っている。ただしいつも満員なので入ったことはなかった。その憧れの店でお酒を飲めて楽しく過ごさせていただいた。二軒目を出たのが12時前。そこから今回のホテルのある浜町まで歩いて帰る。

 次の日。学会初日。細菌学会総会は7年ほど前から、一般演題がポスター発表になり、プログラム委員会や総会長の提案によるシンポジウムやワークショップの各テーマでまとまった研究成果が講演されるようになった。このことによって、本学会は以前と比べてずいぶんと学問的に興味深い話題を議論できる場を提供できるようになった。今回も朝からセッション会場に居座って、昼は各種委員会の会議に出席。午後からはまた別のセッション会場で夕方まで過ごして、その後はポスター会場でワイワイと議論したり近況を語り合ったり、、、。んで、国立感染研の岩城さんにお誘いいただいて、この夜は都営新宿線森下駅近くで深川ムード満載の見知らぬ飲み屋さんに入ってみると、お客さんが誰もいない。店内の一部は照明が消されていて薄暗い。、、、と嫌な予感がしたが、料理は美味しくて静かで(他に客がいないからね)実はとてもいい店だった。いい店で話は弾む。そしてばかみたいに飲み続ける我々を見て、女将さんがあきれてまだ2−3割中身が残っている一升瓶(酔鯨だったか?)をくれた。この時のメンバーは岩城さん、藤永さん(微研)、三澤さん(宮崎大)、三宅マミちゃん(府大)と、シンザー、サーヤの7名。

 総会二日目。この日の夜は懇親会だ。その後は「若手懇親会(といっても年齢制限はない)」だ。このダブル懇親会では年上・年下を問わずたくさんの先生方とお話させて頂いた。懇親会では久保田萬寿、羅生門、十四代などの日本酒を美味しくいただいた。粋なお酒をご用意くださった総会長の渡辺治雄先生、ありがとうございました。若手懇親会では、普段飲まないアサヒスーパードライブラックをたくさん飲んだ。

 最終日。ポスター発表していたサーヤの演題が優秀賞に選ばれた。仕事は未完成なのだが、どこを評価していただけたのか。シンザーの指導で作成したポスターが見やすかったのか、どこかに将来性を感じていただいたのか、それとも再来年に総会長を仰せつかった私の研究グループへの配慮か(そんなことはないやろ)。学会プログラムが全て終了して、東大医科研のミムミムのグループと「どこかでお茶をしますか」と東京駅構内で適当な店を探すがどこも満員で断念して、そのまま帰阪する。その代わり(なにがその代わりかわからんが)、同じ新幹線で帰ったマミちゃんとサーヤと新大阪駅で飲んだ。この時に入った店も(チェーン店なんだけど)、思いのほかしっかりした美味しい肴を出してくれた。

 いつもながらよく飲んだ、いつもの学会であった。

  (総会の話題はまだしばらく続く)

* お知らせです。訳あって、ブログ更新の Facebook ページヘの告知を止めようと思います。Facebook を通じて当ブログを御覧頂いている皆様、すいませんが個別に当ブログページに訪問していただくか、RSSフィードをご設定ください。あと数回後に、Facebook へのリンクを切ることにいたします。ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解いただけますようおねがいします。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 21:41| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする