2014年03月31日

ホリプレ論文篇22「なぜ論文が書けないのか?」(第87回日本細菌学会総会2)

 今回の学会では、昨年の第7回若手コロッセウムで奨励賞をいただいたオカケ−が、受賞者の義務である若手セッションでの口頭発表を務めた。それと、サーヤがポスター発表。これは前回書いたように、優秀賞なるものを頂戴した。そして私は、若手の先生に依頼されて若手向けの講演をすることになっていた。依頼されたテーマは「論文の書き方」である。

 一度は断ったのだが、セッション世話人の徳島大の田端さんに「どうしてもお願いします」と粘られた。粘られると弱いのが私の欠点で、結局引き受けることになった。んで、どうせ引き受けるのなら言いたいことを言ってやろと心に決めて書いたのが、ちょっとエラそうで厳しい、以下の講演抄録である。

なぜ論文が書けないのか? ー「ホリプレ」論文篇ー

 科学論文とは、科学研究成果を記載した報告書のことをいう。しかしそれだけではなく、それが「科学論文」であると一般に認められるためには、その報告書が雑誌・書籍で掲載(公表)されなければならない。掲載(公表)されるためには、その報告書は一定の様式に則って記述されなければならないし、研究者仲間の批評に晒されかつその批評に適正に対応しなければならない。こうした「must-do」を乗り越えて、はじめて正当な「科学論文」であるということが認められるのである。一方、こうしたハードルのない学会発表の抄録や研究助成金の報告書の類いは科学論文とは認められない。
 上記のように一定の手順を踏んで公表した科学論文の質や量は、ほぼそのまま著者である研究者の評価につながる。この事実に対して色々と異論を唱えるのは自由だが、研究者のコミュニティーでモノを言うためにはとりあえず論文を書かないと一人前とは見なされず、一人前ではない人間のいうことなどには誰も耳を傾けたりしない。研究者は論文を書いてこそ、研究者なのである。しかし、周囲を見渡すと年齢や研究歴に関わらず、学会抄録は書けても論文は書けないという人は実は非常に多い。そこで、本演題では「なぜ論文が書けないのか?」を中心に科学論文の書き方について考えてみたいと思う。論文が書けない理由は様々だと思うが、本演題の議論で「書く」ためのヒントを掴んでいただければ幸いである。

 

 私は、生命科学系の大学や研究機関に所属する研究者のうち3−5割くらいの人が論文を書けないのではないかと経験上感じている。初学者はもちろんだが、年齢を重ねた研究者でも論文を書けない人は書けない。そんな思いが「なぜ論文を書けないのか」というタイトルを私に選ばせた。科学的論理を構築する能力があれば、科学論文を書くのに文才はいらない。書き方の作法やルールを勉強して訓練すればよいだけの話だ。それを怠るから書けない(もっとも、科学的論理性のない人には別のトレーニングが必要だが)。この講演ではそのようなことを伝えようと思った。当初、発表時間が20分だというので「それは無理だ」と25分程度に延長してもらった。論文の書き方を話すには25分でも本当は足りないのだ。、、、最初は断ったくせに、えらい気合の入れようである。

 用意したスライドは39枚。日頃ホリプレで「スライドは講演時間1分あたり1枚」と言っている私にすれば異常な枚数である。これを超早口で喋って24分で講演を終えた。話している最中のフロアの反応は割り合い良かったし、講演後には多くの方にも色々とよろしげな感想を頂いたので、出来栄えはそんなに悪くはなかったろうと思っている。
 
 さて、今回の学会場では、羊土社さんがブースを設けて拙著「研究者の劇的プレゼン術」や盟友アベッチの著した「もっとよくわかる! 感染症」を販売してくださっていた。拙著のことは、私と同じセッションで講演した新潟大の小田さんが講演中に宣伝してくれてもいた。そこで、会期途中にブースにいらした担当の方に聞いてみると拙著は完売したという。どひゃー、すげぇーじゃん、と東京弁で驚いたが、さらによく聞くと今回用意していただいたのは10冊だったという、ちょっと微妙な話だった。


* お知らせ。訳あって、ブログ更新の Facebook ページヘの告知を止めようと思います。Facebook を通じて当ブログを御覧頂いている皆様、すいませんが個別に当ブログページに訪問していただくか、RSSフィードをご設定ください。あと数回後に、Facebook へのリンクを切ることにいたします。ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解いただけますようおねがいします。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく

2014年03月29日

飲んで飲んで飲まれて飲んで(細菌学会総会1)

 この25日から28日まで、東京で開催された第87回日本細菌学会総会(会期は26-28日)に出席していた。ラボからは安倍、新澤、おかけー、サーヤも参加した。
 25日の夜に東京入りし、門前仲町の「魚三酒場」で群馬大学の富田さんのセットしてくださった飲み会に出た。富田さんは相変わらずである。どう相変わらずなのか、業界の方なら皆さんよく知っておられるが、、、教授になってもほんとに相変わらずである。
 このときは総勢8名。「魚三酒場」というのは新鮮な魚を格安で提供してくれる超有名店である。私は昔から門前仲町が好きで、しばらく定宿をその界隈で決めていたことがあるのでこの店のことをよく知っている。ただしいつも満員なので入ったことはなかった。その憧れの店でお酒を飲めて楽しく過ごさせていただいた。二軒目を出たのが12時前。そこから今回のホテルのある浜町まで歩いて帰る。

 次の日。学会初日。細菌学会総会は7年ほど前から、一般演題がポスター発表になり、プログラム委員会や総会長の提案によるシンポジウムやワークショップの各テーマでまとまった研究成果が講演されるようになった。このことによって、本学会は以前と比べてずいぶんと学問的に興味深い話題を議論できる場を提供できるようになった。今回も朝からセッション会場に居座って、昼は各種委員会の会議に出席。午後からはまた別のセッション会場で夕方まで過ごして、その後はポスター会場でワイワイと議論したり近況を語り合ったり、、、。んで、国立感染研の岩城さんにお誘いいただいて、この夜は都営新宿線森下駅近くで深川ムード満載の見知らぬ飲み屋さんに入ってみると、お客さんが誰もいない。店内の一部は照明が消されていて薄暗い。、、、と嫌な予感がしたが、料理は美味しくて静かで(他に客がいないからね)実はとてもいい店だった。いい店で話は弾む。そしてばかみたいに飲み続ける我々を見て、女将さんがあきれてまだ2−3割中身が残っている一升瓶(酔鯨だったか?)をくれた。この時のメンバーは岩城さん、藤永さん(微研)、三澤さん(宮崎大)、三宅マミちゃん(府大)と、シンザー、サーヤの7名。

 総会二日目。この日の夜は懇親会だ。その後は「若手懇親会(といっても年齢制限はない)」だ。このダブル懇親会では年上・年下を問わずたくさんの先生方とお話させて頂いた。懇親会では久保田萬寿、羅生門、十四代などの日本酒を美味しくいただいた。粋なお酒をご用意くださった総会長の渡辺治雄先生、ありがとうございました。若手懇親会では、普段飲まないアサヒスーパードライブラックをたくさん飲んだ。

 最終日。ポスター発表していたサーヤの演題が優秀賞に選ばれた。仕事は未完成なのだが、どこを評価していただけたのか。シンザーの指導で作成したポスターが見やすかったのか、どこかに将来性を感じていただいたのか、それとも再来年に総会長を仰せつかった私の研究グループへの配慮か(そんなことはないやろ)。学会プログラムが全て終了して、東大医科研のミムミムのグループと「どこかでお茶をしますか」と東京駅構内で適当な店を探すがどこも満員で断念して、そのまま帰阪する。その代わり(なにがその代わりかわからんが)、同じ新幹線で帰ったマミちゃんとサーヤと新大阪駅で飲んだ。この時に入った店も(チェーン店なんだけど)、思いのほかしっかりした美味しい肴を出してくれた。

 いつもながらよく飲んだ、いつもの学会であった。

  (総会の話題はまだしばらく続く)

* お知らせです。訳あって、ブログ更新の Facebook ページヘの告知を止めようと思います。Facebook を通じて当ブログを御覧頂いている皆様、すいませんが個別に当ブログページに訪問していただくか、RSSフィードをご設定ください。あと数回後に、Facebook へのリンクを切ることにいたします。ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解いただけますようおねがいします。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 21:41| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

もうすぐサクラ

 研究室では先月末あたりから風邪が流行りまくっている。先々週あたりからは花粉症も出始めた。おかげで、研究室のメンバーの多くが鼻づまりの鼻声になっている。特にひどいのは私だけれど、、。

 そんな今日このごろの研究室。鼻声で研究のディスカッションしていても、なんか緊迫感がない。まるで「ひょうきん族」のブラックデビルの「フェッ」みたいな声である。そんな声でめちゃくちゃ大切な局面で真剣に相談していても、どこかふざけてるようでしまらない「フェッ」。正しいことを言っていても、どこか間違っているような気がしてしまう「フェッ」。、、、、こんなことで、仕事が進むんやろか?、、と、思わぬ障害で締まらない今日このごろの研究室である。

 私も先々週から風邪で苦しんでいたのだが、2週間たってようやく立ち直った。そこで先週の土曜日に久しぶりに自転車で通勤して、帰りに調子に乗って北摂を回ることにしてみた。北摂を回るのはチョー久しぶりである。吹田キャンパスの千里門を出て北に向かい、小野原交差点から粟生間谷を抜けて府道4号線を辿って勝尾寺に出る。しかしいかんせん運動不足はごまかせない。実は粟生間谷付近ですでに息が上がっていて引き返すこともできたのだけれど、気持ちだけはまだ「体育会系」のオッサンは誰も見ていないのに勝手に意地を張る。そのまま勝尾寺まで、ゼェゼェ言いながら走る羽目になった。勝尾寺からは素直に箕面に下るコースを取ることもできるのだが、ここでも誰に対してなのかよくわからん意地を張って、山道(舗装道路です)を登ってさらに五月山を目指すことにした。

 その途中、五月山に向けての箕面ダム横の上り坂は私にとって鬼門である。自転車に乗車したまま峠まで登りついたことがない。そればかりか、以前はここで自転車を押して歩いていたら、箕面のサルに狙われたこともある、、。いつもは坂の途中までは頑張るのだが、この日はさすがに運動不足がたたって上りに入った途端に自転車を降りて長い坂道を押し歩くことになった。
 自転車は静かな乗り物である。サドルから降りて押し歩くとさらに静かだ。まだセミが鳴く季節でもなく、鳥がさえずることもない。全くの無音である。時折、遠くにエンジン音がしたかと思うと、しばらくして漸くクルマが通り過ぎていく。その後はまたひたすら静謐な山道を歩く。この間、30分ほどか、、。その後は、五月山ドライブウェイを抜けて、池田から伊丹に帰った。身体は疲れたけれど、良い気分転換になった。

 そして、今日も好天気に誘われて自転車通勤した。「暖かい」という今日の天気予報を信じて、ウインドブレーカーを着ずに家を出た。帰りは夜になるので、寒いかもしれないと恐れていたけれど、朝よりもさらに暖かかった。春はすぐそこである。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 22:17| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

奇縁

研究室のプロジェクトの方向性を大きく転換させて4年目を迎えた。転換の中身を簡単に言うなら「毒素の生化学」から「感染現象の解析」ということになると思う。これ、もう少し説明しないとわかってもらえないと思うけれど、それは紙面の都合で(ホントはめんどくさいので)割愛させていただく。とにかく、毒素分子のマニアックなあーしたどーしたから感染現象全体に仕事の話題を広げたので、その分、われわれの研究に興味の目を向けてくださる人が以前よりも増えたように感じている。

その一番手が、財団法人阪大微研会かもしれない。われわれは単にザイダンと呼んでいる。昨年、ザイダンの理事長に元阪大教授、元医学部長で元医薬基盤研理事長の山西弘一先生が就任された。ちょうどわれわれの新しい仕事でデータが出始めたのでその話を申し上げたら「もっと話を聞きたいので、研究所のある観音寺に来てくれ」とさらに話を聞いて下さって、直ちに共同研究を結ばせていただく運びになった。この間、数ヶ月。この手の話の進展度合いとしてはかなり早い。ありがたいことである。そうして、先週に、共同研究員としてザイダンからスズキくんが配属されてきた。

IMG_2063.JPG非常に折り目正しいオトコである。岡山大学大学院出身。話を聞くと、なんと私の大学時代の研究室の後輩のニシキくん(現岡山大学大学院准教授)の薫陶を受けたという。ニシキくんは、大学院時代にB型ボツリヌス毒素の受容体がシナプトタグミンであることを解明した男である。いまも開口分泌の研究をやっているそうだ。そのニシキくんが「スズキくんは、ガッツがあってよく勉強して、能力の高いとても優秀な大学院生でした」という。

ふむ、、。では弟弟子の弟子であるからして、スズキくんは私にとって甥弟子に当たるのか、、、? 学究の世界で師弟関係を振り回すのはあまり好きではないが、それでもやはり弟弟子が絶賛する人ならば、安心できるのでありがたい。

今から何年間に及ぶのかわからないが、、スズキくんこれからどうぞよろしく、、。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 23:23| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

Misty

 さらに前回の続き。

 どんなに優秀な研究者であっても、一人で論文を科学雑誌に公表するのは不可能である。その辺は当たり前だがブログなどとはずいぶん違う。まず原稿の段階で、論文は研究グループの間で何度もやりとりされて修正される(はずである)。雑誌社に投稿すれば、科学者である academic editor の手を経て、一般には複数の査読者に回されて内容を精査される(はずである)。つまり、論文が公表されるまでには、執筆者以外の多数の科学者が論文をチェックする(はずである)。一方、当時私が関係したこの不正行為は、全部で30件以上、1件に数カ所から数十カ所の不適切なデータの貼り合わせや重複が認められた極めて悪質なケースだった。それがなぜ、8年間も誰からも指摘を受けることなく続けられたのか? 残念ながら、査読者がまともに査読していないことを伺わせるような論文は巷の科学雑誌にあふれているので、百歩譲って、査読の段階では上手くチェックの目を逃れられたということにしておいてもよい(よくはないが)。しかしそれでも、同じ研究グループの人間がなぜ8年間も、100カ所以上ものデータの不正使用を見抜けなかったのか? 

 調査を始めた時、私はひと目で不正使用を発見することができた。別に私の目が良いというわけではない。実に無造作にデータが使いまわされていたのですぐに見つけることができただけである。大した隠蔽工作をするでもないおびただしい数のデータの使い回しを見て、鳥肌が立つほどだった。私の調査結果を見た知人は「この人は、ほんとは不正行為を見つけて欲しかったんじゃないか?」とまで言った。それが、長年の共著者であり論文の内容に応分の責任がある研究者たちの目には止まらなかったのだ。不思議でならない。

 共著者の一人は「彼/彼女が、そんな不正行為をするなんて信じられない」という言葉を繰り返した。「共著者である以上、あなたも『不正行為をした』ことになるんですよ」と私は思ったが、私の役目は調査であって糾弾ではないのでそれは言わずにおいた。別の共著者は「私は何も知りません」と憮然としていた。私は、共著者が何も知らないなんて言うべきじゃないでしょ?と思いながら、被害者然としているその人を眺めるばかりだった。それと、あの筆頭著者の憔悴しきった顔。奇妙な印象だけが残った。私がこの件で知っている話はこれだけである。その後の調査委員会の報告では、私が当初報告したものよりも小さい範囲で不正を認定し、ほぼすべての論文の筆頭著者で説明責任があるとされた研究者は所属機関を去った。

 あの筆頭著者は果たしてデータを流用することが不正行為に当たると理解していたのかどうか。私は今でもよくわからない。もしかすると「結論に間違いはないのだから、データなど流用しても構わない。論文の中身が杜撰でも構わない」と本気で思っていたのかもしれない。あるいはそんな考え方が普通であると錯覚するような経験をしたのかもしれない。

 今や、研究に関わる多くの人間が研究のインパクトや新規性やストーリーの整合性ばかりに気を取られて、論文の客観性や正確性には注意を払わなくなった。研究グループ内においても、論文の査読段階でも、さらには出版社の編集者の頭のなかにも、そんな悪習(悪臭でもいいか)が蔓延るようになったと感じることが多い。研究員や学生の書いてきた論文の Introduction や Discussion には熱心に添削を入れて意見を言うが、Materials & Methods や図表やその legend (説明文)は全く見ないという指導者が結構いる、という話も聞く。科学雑誌の数は増える一方で、しっかりとした倫理観と方法論をもってしっかりとした論文を書ける研究者は、もしかして減っていくのか? 悪貨は良貨を駆逐する。いま、そんなことが起きているとしたら、間に合わなくならないうちに、若手研究者や学生を指導する立場の人間は厳とした論文作成の指導についてまじめに考えるべきだ、と思う。

 以上、最近のSTAP細胞にまつわる一連の報道を見て私が思い出したことを先月末からダラダラと書いた。私の経験した不正行為の事例と今回の STAP 細胞の不正疑惑は、とても状況が似ているように感じている。 


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 20:23| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

It's a sin to tell a lie 2

 前回の続き。

 この一連の論文データの不正使用の調査が始まった当初、説明責任のある研究者側からは不正箇所ごとに三通りの対応が示された。いわく、「著者が確認したところ、『問題ない』と判断する」「データの重複等を確認したが、不注意によるミスである。再実験をして再度データを提出する」「データの重複等を確認した。不注意によるミスである。出版社に著者訂正を申し出る」というものであった。
「『問題無い』と判断する」というコメントも「不注意によるミスである」というコメントも、問題を調べあげた側から見ればとても容認できるものではない。さらに納得いかなかったのは、前回に書いたように「(一連の研究結果とその)結論に間違いはない」という著者らからのコメントだ。「結論に間違いがなければ、データの使い回しなど(百歩譲ってケアレスミスならばなおさら)大したことではない」というコンセンサス(共通認識)がもし科学界に存在するのなら、誰が4日間もかけて不毛な調査などするものか。データが際限なく重複するような杜撰な論文は、科学への信頼を揺るがすものだ。そんな論文を許せるはずがない。その認識がないとしたら、それだけでも科学者としての資質を問われるべきだ。誠実さがない。私はその研究者のことをそう思った。

 科学における不正行為には、剽窃、改竄、捏造、二重投稿などがある。なぜ科学者はこうした不正行為に手を染めるのか。上司からの圧力で止むに止まれぬ状況になったのか、立身出世主義者が手っ取り早く一旗揚げるために企んだのか。この時の問題も、そんなことが原因なのだろうと私は漠然と思っていた。

 しかし、調査が始まると不思議な印象を受けるようになった。この時の問題で最も責任が重いとされていた研究者は、私が調査中に会った時にはかなり憔悴して疲れているように見えた。調査のために提出を依頼した実験ノートや生データは保管が悪く、またそもそも記録を正確に残すことをしていなかった(たしか、この人は『そういう習慣がない』と驚愕の説明をしたように覚えている)らしく、すでに存在しないものが多数に及んだ。コンピュータのハードデスクに保存してあったデータなどは、ある日、突然何者かに消去されていたという。にわかには信じられない説明である。そして、とにかく疲れきっているが誠心誠意調査には協力する、というこの研究者の奇妙な姿勢が強く印象に残った。少なくとも、手っ取り早く成果を挙げるために本人が自分で計画的に不正行為に及んだようには思えなかった。

 その後、私は調査委員会から外れた。しかし奇妙な印象は残った。事の発端となった最初の私の調査では、不正とみられるデータの修正や使い回しは、あの研究者が初めて筆頭著者となった論文から始まっている。その時、本人が大学院在学中かあるいは修了後だったのかは今では思い出せないが、どちらにしてもこれから研究人生を歩む最初の一歩を記すような論文で故意にデータの不正使用などするだろうか? またこんな話も聞いた。データの不正使用は電気泳動の内部標準の泳動バンドで多数見られたのだが、その人は「内部標準などというのは、何度やっても同じようにバンドが出るので実験毎にデータを取るのは無駄である。だから写真を使いまわした。何の問題もないはずだ」と弁明したという。これはつまり、本人が実は科学的な考え方を涵養するような教育をまともに受けてなかったのかもしれないことを示している。

 ところで、一連の問題の論文はほとんど全て同じ研究室から発表されている。だから、その研究室に属する何人かは問題となるすべて(あるいはほぼすべて)の論文に共著者として名を連ねている。

 この人達は一体何をしていたのか? 、、、、つづく。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 22:02| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする