2013年10月30日

久しぶりに、Mac に関するあれこれ


 先日、MacOSX Mavericks がアップルから無料でリリースされた。Mavericks って、深く考えもせずに marvelous を元にした造語かと思っていたのだけれど、どうやら違うらしい。「焼き印のない牧畜動物」とか「群れから離れた馬[牛]」とかを maverick と云うらしい。もともとは、自分の牛に焼き印を押さなかったテキサスの牧場主さんの名前 Samuel Augustus Maverick から来てるとか、、。

 とまぁ、そんなことはどうでもいいのだが、、、。Macユーザーの皆さん、もうインストールされました?

 はっきり云って、ネット上での評判はイマイチである。インストール後の Mac の動作が重くなったとか、標準のメールソフト「メール」(ややこしいなぁ)の動作がおかしくなったとか、細かい操作性は向上したかも知れないが、大幅に機能アップしたわけでもないのに、既存のソフトが動作しなくなる危険を冒してまでインストールするメリットはないとか、、。「Windows 8 ユーザーは 最近リリースされたWindows 8.1 (価格は約12,000円!) にバージョンアップするべきです」とかいう、巷の話とは対照的だ。前のバージョン Mountain Lion が安定していただけにね、。

 私の場合(科研の申請が終わってから、すぐにインストールしちゃいました)、とくに不具合はない、、こともない。実は騙し騙し使っていた、Endnote X3 が起動しなくなった。このソフトの現行バージョンは X7 だから、4世代前のバージョンだ。最新 OS に替えたことで、使えなくなっても仕方ないし、いまは Papers 2があるので、惜しくもないけれど。ちょうどいい機会だから、このソフトはアンインストールしてしまうつもりである。いくつか、EndNote で作成した資産は、EndNote X7のデモ版でPapersに移しておくことにする。

 もうひとつ、Mavericks と同時に、アップルの人気ソフトの iLife と iWork のそれぞれのソフトもバージョンアップされた。私が楽しく仕事をするのに欠かせないのは iWork の方だ。Numbers, Keynote, Pages の三つのコンポーネントで構成されている。んで実は、このそれぞれのバージョンアップの評判もよろしくない。完成品の見た目には、以前のバージョンよりも美しいものができるようになったかもしれないが、操作性が悪くなった。これは改悪だ、とネットで散々批判されている。Keynote の操作性が Powerpoint に似てきたのですごくイヤ、とか云うコメントもあった。もしこれがホントなら、私もイヤ。Powerpoint の操作性の悪さったらないもの。

 しかし、先日の iPad Air の発表のときも、今回のMavericks のリリースのときも、少し不具合があったり先進性に乏しかったりすると、「どうした!? アップル!」みたいな論調が飛び交うのは如何なものか、。アップルは「ジョブズのいる会社」から「ジョブズのいない会社」になったのだから、全く同じパフォーマンスをジョブズ以後に求めるのはそもそも無理な話だと私は思う。井深大さんと盛田昭夫さん以後のソニーや、本田宗一郎さん以後のホンダが普通の会社(すっかり成熟した会社という意味)になったのと同じで、アップルも緩やかに普通の会社になるはずだ。いずれまた、革新的な製品が出るかもしれないが、今まで通りのようにはいかないはずだ。

 OSが不調であっても、新バージョンのソフトが使いにくくなったとしても、それから将来的にアップルの作る製品が決定的に魅力的でなくなるとしても、、ゆっくりと時間をかけてそうなって欲しい。、、せめて私の定年退職までは、このままで、、。別に革新的なのは要りませんから、、。そのままで、、アップルさん、よろしくお願いします。

 この記事をアップしたあと、友人から指摘があって Marvericks はカリフォルニア州にある地名に由来することがわかった。どうやら、大波で有名な海岸の街の名前のようだ。そんなのを題材にした"Chasing Marvericks"という映画も制作されていたとか、、。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく
posted by Yas at 21:51| Comment(0) | コンピュータ & ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

戦いすんで日が暮れて


 今年は、わけあって、たくさんの申請書類を書いたり、目を通したり、添削したりした科研費シーズンだった。「だった」というからには、一応、モロモロの仕事はすべて済ませた。あー疲れた。その間、うちのラボメンバーの書いた書類をアホほど見た。見て、添削した。んで、この2ー3週間、感じて思って溜まってたことを書く。いずれも、すでにメンバーにはアドバイス済みだ。

 科研費の計画調書は感想文や評論ではない。研究背景に関しての客観的な記述はよいが、「と考えられている」「、、と考えられる」「、、と言われている」「、、、と思われる」の連発はいただけない。コイツは、科研費は要らんのか? と思われてしまう。研究計画は申請者が「考えた」ものでなくてはならない。申請者が何を考えて、何をやりたいのか、はっきりと書かないといけない。論文とも違うので、程度にもよるが、誇張した表現も多少は必要だ。申請書の目的は、自分のアイデアを「売り込む」ところにある。そんな「売り込み」のない申請書を申請書と呼べるのかどうか、、。よく考えてみよう。

 まとまった文章が書き上がったら、自分で読んでみよう。どうも、私の見る限り、「てにをは」が変な文章とか、主語と述語の関係のおかしい文章が多すぎる。これを修正するのには、読んでみるのが一番だ。声を出して読むが良いのだけれど、それが無理なら黙読でもいい。何度も読むべし。あと、修飾語(句)はできるだけ修飾される語(句)の近くに置くべし。読み直してみるときに、二種類以上の意味にとれてしまう文章がないか、チェックしよう。

 申請書のスペースは限られているが、説明するべきことは飛ばしたりせず、順序を追って言葉を尽くして説明するように努力することだ。「その遺伝子のアミノ酸配列から機能を推定する」とか「そのゲノム内の存否によって優先順位をつけ、機能解析する」とか、まったく、お前は何を急いどんねん? と思う。これらは「その遺伝子がコードするタンパク質のアミノ酸配列」だし、「ゲノム内で存在した場合は〇〇と考え、存在しない場合は××と考えられるので、前者を第一に△△機能の解析に供する」くらいの説明は必要だ。考えれば意味はわかってもらえるはずだとかの甘い考えではいけない。研究費の審査では、自分の研究計画を語るときのスタンスが問われるのだ。丁寧に丁寧に書こう。

 調書作成の記入要領はしっかり読んで、書式を逸脱しないように。見出しはゴシック系がよく目立つ。文章は明朝系のフォントが読みやすい。

 それと最後に、、「しかしながら、、」のフレーズはやめて欲しい。「しかし」でええやろ、「しかし」で。なんで「ながら」を後ろにつけなければいけないのか、ちっともわからん。この「しかしながら」、最近はいろんな文書でよく目にするけど、実は私は大キライ。まるで客のクレームに反論しようとして、揉み手をしながら言葉を切り出すホテルマンのようだ(細かい例えですまんね)。科学的文書は簡潔を尊ぶ、と教えられた私には耳障り(あ、目障りか)だ。

 あ、こういうのも思い出す。

「この度は、〇〇財団研究助成金にご応募いただき誠にありがとうございます。しかしながら、理事会で慎重に検討いたしまして、今回は貴意に添いかねる結果となりましたので、お知らせ申し上げます、、、」

 「しかしながら」は不愉快千万である。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 17:55| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

ちょっと怖い

 小泉純一郎前総理が「原発ゼロ」を唱えて話題になっている。彼が「原発ゼロ」を言い出したキッカケは、フィンランドのオンカロの視察だということだ。オンカロとは、核廃棄物最終処分場である。「最終処分場」ということは、つまり、使用済み核燃料を保管するところだ。毎日新聞によると、このオンカロで使用済み核燃料は10万年のあいだ保管されて、放射能(放射性同位体)が減衰するのを待つということのようだ。とりあえず、300年後にあり方を見直す、という条件もついている。どちらにしても、とっても気の長い話である。

 小泉前首相の話は正鵠を射ている。

 「オレの今までの人生経験から言うとね、重要な問題ってのは、10人いて3人が賛成すれば、2人は反対で、後の5人は『どっちでもいい』というようなケースが多いんだよ」
 「いま、オレが現役に戻って、態度未定の国会議員を説得するとしてね、『原発は必要』という線でまとめる自信はない。今回いろいろ見て、『原発ゼロ』という方向なら説得できると思ったな。ますますその自信が深まったよ」

 何でもかんでも脱原発という意見には与しない私も、そう思う。

「10万年だよ。300年後に考える(見直す)っていうんだけど、みんな死んでるよ。
日本の場合、そもそも捨て場所がない。原発ゼロしかないよ」

いきなりゼロというのはいかがなものか、と問われて、
「逆だよ、逆。今ゼロという方針を打ち出さないと将来ゼロにするのは難しいんだよ。
野党はみんな原発ゼロに賛成だ。総理が決断すりゃできる。あとは知恵者が知恵を出す」

 どんなスパンと手順で原発ゼロにするのかは別にして、まぁ、おっしゃる通りだ。私には至極真っ当な考えに思える。

 ただ少しよくわからないことがある。現役総理だった時代、小泉さんは原発推進派だった。原発廃止派でも原発消極派でもなくて、推進派だったのだ。それがなぜ180度反対の原発ゼロ派になったのか? 3.11以後、考え直したということか。そしてオンカロを訪ねてその思いを確かにしたということか。しかし、使用済み核燃料の処理方法がなく保管場所もないのは小泉さんが総理だった当時からそうだ。状況は当時も今も変わらない。とすると、最終的にはオンカロを見て、袋小路の原発の事情を実感して心を決めたということになる。言っとくが、私は小泉さんを変節漢だと非難しているわけではない。「過ちては改むるに憚ること勿れ」である。

 別のインタビューで「3.11後も原発推進を維持する政治家と小泉さんはどこが違うのか」と問われて「感性だな」と、小泉さんは答えたという。そうか感性か。じゃあ現役時代も、感性で原発推進派だったのか? 、、政治家は理屈ではなくて感性でこんな大切な決断するのか。ほとんど全ての政治家が同じだとしたら、ちょっと怖い。

 んで、話は研究室に飛ぶ。

 研究室では、それまでのデータから論理的に考えて「やらなくても結果が予想できた」り、「やってみる価値もない」ことが事前にわかる実験というのがたくさんある。けれど時々、「そんなの、やってみなきゃ、わからないじゃないですか!」とばかりにそんな実験をやってみようとする人々がいる。学生さんや未熟な研究者さん達と言っていいだろう。いくら実験科学と言ったって、「やってみなきゃわからない」の経験主義で実験をやっていたら、いくらやってもキリがなくなってしまう。時間も足りないし予算も足りない。というより、時間も予算もきっと無駄になる。いや、そんな不毛な実験をやってしまって、実際に時間や予算を無駄にしてしまった例はいくつもある。

 どうしてそんなことになるのだろう? たぶんそういう人たちは、ただ「やってみたい」から、実験をやると決めているようだ。そこに論理的な思考はない。まさしく感性で研究をやってる。感性だけで実験をデザインする、、。ラボのメンバーがそんな人ばかりだったら、ちょっと怖い。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 18:10| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

増刷決定

 研究者の秋のシーズンスポーツも終盤を迎え、右往左往の毎日である(ホントはコンピュータの前に座ってばかりいるんですけどね)。来週になれば申請の締切り日がやって来て、全てが終わる。(いや、全ては終わらんけどね)。そうすると11月になる。正月はもうすぐだ(年賀状の準備をせねば、、まだ早いか?)。
 あー、忙しい忙しい。なんかオモロいことないんかいな、と八つ当たり気味にウダウダと喋っていると、羊土社の〇〇さんから久しぶりにメールをいただいた。

ーー過日は「研究者の劇的プレゼン術」の執筆を賜りましてありがとうございました。云々云々、、
ーーさて本日はおかげさまで本書の増刷が決定いたしましたのでご連絡申し上げます。云々云々、、

 おかげさまで、拙著、増刷決定のようでございます。

51PjQWShhwL._SL500_AA300_.jpg 脱稿までは頭を悩まされ続けたこの本も、発行されて手から離れると途端にヨソヨソしい親類のように音信不通になる。いったい売れてんだか売れてないんだか、、、、。ヤキモキしたけれど、それも数ヶ月経つと、まぁ気にしてもしゃあないと達観する。そんな頃に、嬉しい知らせだ。

 思ったよりも早かった。初版は 3,000 部だった。ひょっとして増刷できんまま終わるんちゃうやろか、とか思ったりもしたがひと安心だ。

 一応、目標は1万部でございます。みなさま、今後ともよろしくお願いします。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 22:37| Comment(0) | ホリプレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

体育の日

 本日、体育の日で休日。しかし私はやむにやまれぬ事情で朝から仕事である。朝、とても清々しい天気に「自転車で行こうか?」とふと思ったが、今日の仕事の予定を考えれば、日暮れ後まで仕事しないといけないのは確実だ。そんなに余裕がないのに、自転車でルンルンしている場合じゃない。

 平日通りの時間に研究室に到着すると、まぁ当たり前だが誰もいない。そこで、ちょい大きめの音量で音楽をiTunes でかける。それも、自分のデスクの上だけではなく、 AirMac Express 経由で部員室に設置してあるスピーカーにも音楽を流す。これで、室内のどこをウロウロしていても、音楽が聴ける。音楽は iTunes 収録曲全曲のシャッフルだ。

 メールの処理から始めた仕事は進む。ちょっとした雑用も済まして、それから目下の大きな仕事も、進む。そりゃそうだ、電話もないし来客もない。好きなように音楽をかけて、好きなような格好でデスクに向かって、、それで仕事ができなけりゃおかしい。ちょっと疲れたら、窓を開け放して、ぼやっと空を見たり、ベランダに出て意味なく水を撒いたり。しかし、気持ちよろしい。
IMG_1943.JPG 今日の午後1時。室温28.3度、湿度33%。気温はともかく、湿度は秋だ。空も秋だし、風も秋だ。スポーツの秋だ、読書の秋だ、とかいうけれど、研究者にとっても、この季節は確かにスポーツの秋だ(科研費申請は秋のシーズンスポーツだとイガグリ頭のダンナは云う(楽屋オチ))し、読書の秋だ(申請のために色んな資料を短時間で読みあさるし、、)。

 んで、午後7時に予定の仕事を終了。あー、気持ちよかった。

IMG_1941.jpg
 ところで、これは一週間ほど前の同じ教授室の温湿度計。
 室温26.5度で湿度73%。この日は今日と違って空調をガンガン効かしていたのに湿度73%だ。室温は低いけれど、暑かった。、、今日は窓を開け放して、湿度33%。室温は高いけれど快適だった。自然は偉大である。



、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく



 
posted by Yas at 22:41| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

プロントくん、西へ

 10月。全国の研究者にとって大切な科研費申請の季節である。今年は気合いを入れて、研究室のメンバーの申請書全てに目を通して添削するつもりである、、。つまりちょっと忙しいかも、、。それ以外にも教科書の依頼原稿を済ませたり、、それ以外にも、込み入った仕事が多数、、、、。

IMG_1939.JPG 一日の仕事が終わったら、ラボの冷蔵庫にあるノン・アルコールビールを飲んで、ラボのメンバーとウダウダとしゃべって帰る。「ノン・アルコールビールでウダウダ」って、健康的なんだか不健康なんだか、、、。

 それに、運動不足で眠りが浅い、、。なぁんか、身体のなかに重ぉいグニャグニャとしたものが入っているみたいで気持ちが悪い、、。お昼ご飯を食べたあとは、なんかもわっと怠くなって、2, 30分ほど居眠りをしてしまう、、。昨晩も、長い長い複雑な夢をみて、起きた時にはじっとり疲れてたり、、、。うわぁ、、なんか不健康やんけっ、、。なんか内向きやしっ!、、、、あかんあかんっ、あかんよっ、、。

 ということで、気分転換のために今日は午前中から無理矢理ポタリングに出かけることにした。が、どこに行こうかしらん? 東に走ると通勤コースになってしまう、。南は尼崎を過ぎればすぐ海だ。東南の大阪市内方面はちょっと爽快性に欠ける、、。かといって、北に走って北摂の山里を縦走するには、鍛錬不足だ。ここんとこほとんど自転車に乗ってないからねぇ、、。、、そこで、今回は西に向かって走ることにした。「そうだ、神戸港に行ってポートタワーの写真を撮ってこよう」という目標で、午前10時頃に家を出る。

 しかし、ただ神戸に向かうだけでは面白くない。少し考えて、伊丹から山沿いに出て甲山森林公園を抜けて六甲山の南に出ることにした。しかしこれがちょい甘かった。自分の運動不足を甘く見ていたというべきか、、以前はルンルンでなんということもなく巡ることのできたコースに四苦八苦するはめになった。

DSC01310.JPG 小高い丘陵地にある仁川の住宅街を越えると、甲山森林公園を縫うように走るピクニック道路にでる。日曜・休日は自動車通行禁止だ。この道、けっこうアップダウンがある(といっても大したことないのだけど)、、、調子のいいときは少しも気がつかなかったのに、、。


 芦屋川あたりから、山手幹線のひとつ北側の道を走る。神戸に向かって走るといつも思うのだが、このあたりの山手を東西に走る小さな道にはほとんど信号がない(山手幹線にはいっぱいある)。おかげで、ゆっくりゆっくりと、自分のペースで気持ちよく走ることができる。どうやらこの道は西国街道の一部らしい、、。JR六甲道の駅から南に下り、阪神新在家駅からは阪神電車沿いに西に向かって、さらに三宮から少し南に、、さらに元町まで西に走って一挙に南に下ってメリケンパークにたどり着く、、。

DSC01319.JPG
 メリケンパークの先端で、、。久しぶりのプロントくんの勇姿を撮影。
 この左前方向こう側に、神戸空港がある。ぼんやりと眺めていると、飛行機が着陸していくのが見える。



DSC01316.JPG ポートタワーとホテルオークラ。目標達成! 、、、では、帰る。

 私はポタリングの時、目的地にたどり着いても周囲の散策などしない。着いたら帰る。これが基本である。自転車に乗るのが目的ですから、、、。んで、帰りは海側の道を走る。阪神高速道路・摩耶インター南口を過ぎると、酒造会社がならぶ、いわゆる「灘五郷」である。西から、西郷・御影郷・魚崎郷・西宮郷・今津郷と続く。西郷の「沢の鶴」から、酒造会社のあいだをゆったりと東へ進む。「剣菱」の辺りでは、街中になんとなくお酒の香りがした。が、時間は午後1時半くらい。昼ご飯を食べたいのだけど、この辺りは酒造会社と工場と倉庫ばかりでレストランなどない。そこで魚崎郷を抜けたところで北に出て、阪神電車の北側を走って芦屋に向かうところで、フレンチレストランが目に入った。「ル・セルクル」という名前のお店だ。店頭のボードには「本日のパスタ/白身魚とキノコのペペロンチーノ」とある。フレンチでもパスタだすんや、、とか思いながら、自転車を置く場所を探していると、店内からスタッフさんが出てきて、テラスのテーブルを片付けてくれた。そこまでしてくれたら、入らないわけにはいかない。

IMG_1940.JPG 「ル・セルクル」は大きくはないが、上品なスタッフと内装の、感じのいいお店だった。「伊丹からメリケンパークまで行かれたんですかぁ?」と盛んに感心してくれて、色々と話を振ってくれる。ペペロンチーノもコーヒーも美味しかった。店を出る時には、スタッフさんが皆さんで見送ってくれた。「またいらしてください」と言われたけれど、まぁ普通なら二度と訪れることはないやろね。でも、「ル・セルクル」のみなさん、ありがとうございました。店を出る時に写真を撮っとけばよかったかな、、。芦屋を抜けて、香櫨園〜夙川からは、西国街道一直線だ。あっという間に武庫川を渡って、自宅に戻った。

131006 at EveryTrail
EveryTrail - Find hiking trails in California and beyond 

 自転車で走っている間は、メールからもSNSからも解放される。ただ景色を見ながらペダルを漕いで、、景色が変わって、チョロチョロと小さな発見があったり、。おかげでかなり発散できた。これで、明日からまた仕事頑張れます、、。と思うのだけれど、ただ、、身体が疲れすぎたので、ひょっとしたら明日はヘロヘロかも、、。

 早く寝よっと。、、、あ、明日は教授会やからヘロヘロでも別にええか、、、(うそですよー青ハート

(ホントはもっと写真をアップしたかったのだけど、サーバーの容量の関係で今日は断念。また写真、追加アップします、、)

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく
posted by Yas at 21:21| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする