2013年09月30日

結婚式と披露宴

 先週土曜日。大阪某所で執り行われた審良研の三澤拓馬くんの結婚式&披露宴に出席した。拓馬くんは私の先輩で宮崎大学の教授の三澤さんのご子息である。

IMG_1921.JPG んで、27−8年前に、三澤さんの結婚披露宴にも出席した。親子二代の結婚式に参列したことになる。
 拓馬くんとは17−8年前に宮崎シーガイアで一緒に遊んだ。とても人懐っこい、いい子であった(本人はその時のことを覚えていないようだが、、)。その子が大学院生として審良研の研究に参加してきて、まぁ細いながらも付き合いが復活した。微研のあれやこれやの飲み会で何度となく一緒に飲んだ。そんな縁を大切にしてくれたのか、親父さんとの付き合いを尊重してくれたのか、その子は結婚式に招待をしてくれた。

 結婚式と披露宴は実に良かった。常々思うのだが、こういったものの良し悪し(「悪い」会というのはあんまりないけどね)は、新郎新婦の友人達がどれだけ彼らの結婚を喜んでいるかに左右される。友人達が、お祝いの気持ちも高らかに、嬉しそうに新郎新婦を持ち上げてくれるとパーティーは盛り上がる。この日の結婚式や披露宴はまさにそうだった。いい会だった。
 拓馬君と新婦さん(名前は伏せたほうがええんかな、、)、ご結婚おめでとうございます。

 ところでこの日、新郎新婦は「情熱大陸/葉加瀬太郎」のBGMで入場した(のだったと思う、、、、)。んで、時代の違いを感じようとして、27−8年前の、拓馬君のご両親の披露宴の入場曲は何だったか思い出そうとしたのだが、思い出せない、、披露宴が終わったあとも、ずっと考えているのだけど、、。私の記憶では山下達郎の定番曲だったように思うのだけど、ちゃんと思い出せない。それと、その時には大学院時代の仲間ということで、なにか歌を歌ったのだけれど、その歌も思い出せない。何だったっけ?

 、、、27−8年の年月はやっぱり長い。
 

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 23:07| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする