2013年03月31日

また一週間遅れくらいの報告

 3月31日。年度の最後の日。だからなんか気の効いたことを書きたいのだけれど、だめだ。細菌学会の最終日の報告をしたのが前々回のエントリだった。そのあとも、バタバタとしていて心にあんまり余裕がない。余裕がないから気の効いたことを書けない(余裕があっても書けないかもしれないけれどね、、)。

 3月23日土曜日。恩師の大阪府立大学大学院生命環境科学研究科の小崎俊司先生の最終講義と定年退職記念パーティーが執り行われた。私も退職記念事業の発起人に名を連ねていて、退職記念誌の編集には少し関係しているが、この日の催事の運営には携わっていない。しかし最終講義は小崎先生らしい非常に真面目な講義で、パーティーは実に盛大であった。聞くところによるとパーティーには160名が参加されたそうだ。やはり日頃から人間関係を大切にされていた小崎先生の退職パーティーならではの参加者数である。懐かしい人にもたくさん会った。小崎先生のことはまたいずれゆっくりと書きたいなと思っている。

IMG_1680.jpg 3月24日。愚息が10ヶ月のトロント留学を終えて帰ってきた。彼は東京大学大学院の博士後期課程の1年生である。恵まれた環境と理解のある周囲の方々のおかげで実現した留学のようだ。博士課程の1年生の間に留学させてもらえるなんて、私の大学院生時代と比べてみるとうらやましい限りである。学振の特別研究員にも採択されたとのこと。これ以上ないくらいの順風満帆ぶりである。こんなに順調でええんか? なんかきっと落とし穴があるで、、、と思ったが、よく考えてみると私が大学院生の頃にも同じようなことを周囲から言われていたのを思い出した。、、そうか、じゃぁ順調でいいや。その調子で頑張って欲しい。

 それから、3月28日の夕方に東京に移動、、29日の朝一番のセッションで講演をした。場所は東大駒場キャンパス。日本獣医学会である。15年ぶりくらいの獣医学会の参加になる。懐かしい顔がちらほらと見える会場で気持ちよく楽しく講演させていただいた。朝一番のセッションでの講演に備えて、徒歩で駒場キャンパスにアクセスできる渋谷道玄坂にホテルをとった。道玄坂って、若い頃は原宿表参道と並んで憧れの場所だったが、いまや人ごみ人ごみの喧噪ぶりで、50歳を過ぎたオッサンにはちょっとしんどい街になってしまっている。いまは田町や品川の方がずっといい。

 獣医学会の関係で、クルマを吹田キャンパスに置いたままにしていたので、今日は朝から自転車でクルマをとりに行く。んで、せっかくの桜の季節だ。のんびりと猪名川沿いを北上して、池田から五月山を抜けて山沿いをゆっくり走ってたくさんの桜を楽しんだ。桜満開の下を自転車で走るのは本当に気持ちいい。見事な桜並木がたくさんあったのだけれど、自転車を止めるのがイヤだったので、、
IMG_1695.JPG
 結局、大学に到着してからパチリ。

 吹田キャンパスは桜満開だ。でも、今日は学内に入ってすぐにクルマに自転車を積んで家に帰る。そのあとは、ゆっくり寝そべりながらテレビを見て休息を取らせていただいた。、、、



 明日から新年度、、。ゆっくり休ませていただいたし、、、頑張っていきまっしょい。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 22:51| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする