2011年08月26日

休暇:日本の滝と日本のマチュピチュと

 面白がって Facebook にチェックイン報告をしていたので、関西近郊の方には容易に想像していただけたかと思うが、娘と家内と愛犬ミューの3人と1匹で、23−24日と兵庫県の但馬地方に一泊ドライブをしてきた。娘の好きな滝の見物と愛犬ミューの散歩が主目的の旅行である。

IMG_1032.JPG 但馬地方は滝が多い。今回は「日本の滝百撰」に選ばれている「天滝」と「原不動滝」を回った。あいにく、23日は雨だったので、高速道路のサービスエリアや道の駅などでのんびりしながら宿泊先の若杉高原大屋スキー場のロッジ「ふじなし」に直行した。このロッジはゲレンデの目の前にある。スキー場はサマースキー仕様になっていて、到着した時にはスキーヤーやボーダーがウロウロしていた。聞くと、日本屈指のサマーモーグルゲレンデ(やたら条件の多い『日本屈指』だが、、、)があるらしい。ポスターには「神戸・大阪から110分!」と宣伝文句が踊っていたが、神戸や大阪から110分かけてこのゲレンデにわざわざやってくる人がどれくらいいるだろう? それくらい時間をかけるなら、岐阜方面に行くんじゃないか?、、とまぁ、そんなことはいいとして、、、、ロッジでチェックインをすませると、宿泊客はウチの家族だけだと知らされた。さもありなん。雨だし、、お盆もすぎてるし、、、おかげでゆったりとした一晩を過ごすことができた。

 明けて24日は、曇り時々晴れの天気予報。ちょっと雨を心配しながらクルマを走らせる。最初の目的地は天滝である。天滝へは、ハイキングコース入り口の駐車場にクルマを止めて、徒歩で40分の道のりである。その駐車場で「ヤマビルに注意」の張り紙を見かけた。昨年は「熊に注意」だったが、今年はヤマビルか、、。雨上がりの湿気の多い日などに多発、とある。モロに今日が当てはまるがな、私の出で立ちは、全く山道に似合わぬ Tシャツ半パンにサンダル、、危険である、、。しかも今回の旅行はミューの散歩も目的にある。四つ足のイヌはヤマビルの格好の標的になるかもなーとか考えながら、20分ほど山道を歩いたがやがてミューがグズりだした。前日の雨で濡れた道を歩いた彼は腹側から肢先まですっかり濡れている。まぁしゃぁない、と抱き上げて歩き続けて滝までたどり着いた。そこで、ミューを抱下ろしてふと見ると、右手中指にヒルが付いている。うひゃ、ヒル初体験じゃ、、とか云う余裕もなく慌てて払い落とす。駐車場にあった張り紙には「慌てず、火を近づけたり、塩や酢をかけると自然と離れますので、無理してはがさないように」とあったが、塩やら酢を持って山道を散策する人間なんかおるか、、。火も持ってないし、、無理にはがす以外に何ができるはずもない。

 念のためにミューの身体を調べてみると、左後肢に1匹、ヒルを見つけた。こいつも指先ではじき落とす。先ほどのヒルは、どうやらミュー経由で私の指にとりついたようで、私の方は軽傷だったが、ミューの方はしっかり吸血されていた。多くの吸血動物がそうであるように、ヒルも抗血液凝固作用や痛覚麻痺作用のある毒液を持つ。これで長時間の吸血を可能にするわけだが、そのせいで吸血された側は出血が止まらない。おかげで帰りは、ミューの止血をしながら山道を下ることになった。

PICT0100.JPG
 そのあと、天滝から10数キロ離れた原不動滝へ向かう。こちらは天滝とは違って、明るく拓けた散歩道の先に目当ての滝がある。ヒルもいない。
 滝壺から少し離れたところで川に足を入れ、歩いて滝の方に向かってみる。
 水の流れが大好きな娘はご満悦である。ところが、水が嫌いな愛犬ミューは私の腕のなかで震えている。可哀想なので、娘の上機嫌がひと区切りしたところで、引きあげた。



IMG_1044.JPG 帰りに「日本のマチュピチュ」と呼ばれる竹田城趾に立ち寄った。パンフレットによると、この城は応仁の乱を起こした山名宗全が築城したらしい。急峻な崖の上に築かれた石垣はかなりの迫力である。

 どうです。写真でわかるでしょうか? この迫力、、。関西近郊にお住まいの方にはお薦めだ。行ってみて損はない。

 竹田城は和田山の南に位置する。学生時代、スキーでハチ北に何度か訪れたが、そのころは和田山からだと、大阪まで3時間以上はかかったものだが、今は北近畿自動車道なるものが出来ていて、どうやら大阪和田山間は2時間以内の距離になっているらしい、、。「便利になったもんだ」と余裕をかましながら帰路につくと、中国自動車道宝塚トンネルで発生した事故のために、吉川から先で大渋滞になっていた。結局、三田で降りて西宮北有料道路を経由して西宮市に出るという大回りをして、帰宅するのに3時間かかって疲労困憊、、、、、、、。これも休暇、、である。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 23:22| Comment(5) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする