2011年02月15日

元気はつらつぅ 2

 朝、目が覚めて、自宅の窓から六甲山を望む。

IMG_0863.JPG
 雪の六甲山である。雪の六甲山と言えば、花形満が星飛雄馬の大リーグボール2号を打つために雪玉ボールを使って打撃練習をしたところだ。とまぁ、そんなことはいいのだが、、。



 どうも先日から鼻風邪をひいたようだ。急性鼻炎なのか、眉間の当たりや頬骨の辺りが熱を持っている。そう言うと、アヤッチが「ラボに風邪薬がありますよ」という。
「いや、クスリを飲むほどではないんやけど」
「でも飲まないと、毎年常備薬として事務から配給されてくるので、余って古くなっちゃいます」

 そ、それはちょっと違うのでは、、と思う私をよそに、パリパリと小箱を開けて錠剤を取り出すアヤッチ。そうか彼女は薬剤師だ、と無条件に従って三錠。朝も、昼食後も服用する。

 薬には「眠くなります」とは書いていなかったが、気のせいか薬のせいか、午後になってすぐに眠くなった。仕事しないとダメなのに、、。め、目を覚まさないと、、。コ、コーヒー飲んで、リアルゴールド飲んで、麦茶飲んで、、、、

 おかげで、鼻のイガラっぽいのはマシになったけれど、今度は胃の具合がおかしくなってしまった。

で、胃薬を飲む。この調子なら常備薬は使用期限内になくなりそうだ。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをどうぞよろしく


posted by Yas at 23:02| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする