2010年12月15日

もういくつ寝ると、お正月、、、。

 来年の年賀状を印刷しようとしたら、仕上がりの色合いがおかしい。紙送りの調子も悪い。どうやらプリンターがダメなようだ。このプリンターは 6 年前に買った。ヒューレットパッカード製の複合機である。たしか 12,000 円くらいだった。「プリンターもずいぶん安くなったもんやなー」と思ったのを覚えている。

 でも壊れてしまったものは仕方ない。6 年も経過した12,000 円ほどの家電品を修理に出しても詮無いことはわかっている。新しいのを買う方がきっと賢い。ということで、ネットでプリンタ選びをした。家で使うのだから多量に印刷することはあり得ない。仕事の関係の書類や PDF を家で印刷することもほとんどなくなった。コピーやスキャンは時々使う。画質にはそれほどこだわらない。ネット上の口コミを調べたりして、キャノンのMP280 というのをアマゾンでポチットすることにした。消費税込みで 6,980 円。6 年前とは比較にならないくらい安い。

 でもこの安さは、なんだかいかがわしい。MP280 のインクカートリッジは 2 種類。ひとつだいたい 2,000 円はする。そうすると本体の実価格は 3,000 円程度。「プリンタ業界は本体ではなくてインクカートリッジで儲ける」とは以前から云われているようだが、それにしても極端だ。ネットの口コミでわかったことだが、インクジェットプリンタの寿命は総じて短いようだ。前のプリンターが 6 年で調子悪くなったのは平均的なのかも、と思えるほどである。インクカートリッジを消費して、プリンタ本体も短い周期で消費して、、、、

 なんだかね、と思いながら年賀状の印刷を始めた。、、あと 2 週間と少しでお正月だ。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく

posted by Yas at 23:27| Comment(0) | コンピュータ & ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする