2010年10月18日

オレは枠には納まらん、、、

 先日から一生懸命、科研費の計画調書を書いている。

 しかしみなさん、計画調書の MS Word の様式に苦労していませんか? この様式は、Mac ユーザーにとってはすこぶる使いにくい。突然、様式の枠線が消えるし、ゆえ知らず極端に遅くなるし。人によっては「突然落ちる」とおっしゃる方もいる。

 Mac OS が漢字トークと呼ばれていた頃の初期の MS Word は使い出が良かったように覚えているけれど、それ以降の Word はいただけない。こんなに(Mac ユーザーにとって)バグだらけに見えるソフトが defacto-standard(業界標準)になっているのはおかしい。と Mac ユーザーは思う。

 とまぁ、そんなことより科研費申請書の様式だ。Word で苦労するのは、枠線内にテキストをきれいに流し込もうとして上手くいかないからだ。もう今は誰も手書きで申請しない(というかできない)し、Word でなくてもコンピュータを使えばちゃんと整ったフォントでテキストを書くことが出来るのだから、申請書様式の枠線はいらないんじゃないか? 種目をあらわすヘッダーとページ数をあらわすフッター。それから項目の見出しと注意書きさえあれば、枠線はいらない。

 へんに枠にとらわれず、枠内にはめられず、自由に発想して申請書を書きたいな。その方がきっと、いい考えが浮かぶと思うのになー、、。

、、と、研究計画のアイデアが浮かばなくて、またもやいらんことを考えて逃避する私であった、、。






、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
研究費獲得に苦しむワタシに応援のクリックをよろしく



posted by Yas at 22:52| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする