2010年10月17日

久しぶりの日曜日素描

 日曜日。

 久しぶりに、朝目覚めて身体を動かすのがそんなにきつくない日曜日だった。

 というので、予定通り、熱帯魚水槽の外部フィルターを新しいのに交換した。「交換した」というと簡単なようだが、以前の外部フィルターシステムを取り出して、全て片付けて、新たなフィルターを配管して水槽に取り付けるのは結構な仕事だ。フィルターの容量は以前のモノに比べて1.5 倍。モーターの吸排水量も1.5 倍で強い。んで、水槽内も洗濯機(というとおおげさだけど)みたいに水流が激しくなった。その中をヨレヨレになりながら泳ぐエンゼルフィッシュ、、。まぁいいや、しばらくこれで様子を見ることにする。様子を見られてるエンゼルフィッシュにはいい迷惑かもしれんが、。

 その外部フィルター交換に午前中を費やした。んで、そのあと愛車のプロント君の前ブレーキのシューを交換する。このレベルのメンテナンスはそこそこ気楽に出来るくらいに慣れてきた。明日は、新しいブレーキの試運転もかねて自転車通勤するつもり。

 阪神タイガース、クライマックスシリーズ、連敗で脱落。私は阪神タイガースのファンをやめてもうずいぶん経つ。いまはプレーンなプロ野球ファンとして観戦を楽しんでいるが、阪神の真弓監督の希望的観測に基づいたような采配はキライ。今日でいえば、久保投手、久保田投手、藤川投手、みんな気の毒だった。巨人の原監督が、抑えの山口投手の9回の打順で代打を出さなかったのとは対照的だ。なんだかちょっとねぇ、、、。阪神でいえば、前岡田監督の鉄板采配がなつかしい。あ、そうか。中日とか巨人とか阪神とかということではなくて、落合監督や原監督に真弓監督が負けた、と考えれば納得がいくかも。

 テレビ番組再編の季節。今日から始まった「獣医ドリトル」。細かな点には目をつぶるとして、とりあえずドラマのモチーフは面白そう。学部2年生の時に早々に臨床獣医を目指すのをやめた頃のことを思い出した。基本的に学術的に要求されることとは全く無関係に「獣医は犬猫が好きなはず」とか「動物好きはいい人」とかいうフィルターがかかるのが鬱陶しかった。それと、所詮、人命と獣命の重さは社会的には全然違うという事も、当時突きつけられた現実だった。牛ブタなどの経済動物の疾病で、教科書で教える処置の多くは「淘汰」なのだ。「淘汰」の先には学問的な追求などない。そういうのがたまらなくイヤだった。

 調べてみると、「獣医ドリトル」は、コミックが原作らしい。読もうかな、、。





、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく



posted by Yas at 22:58| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする