2010年10月31日

野沢那智さん

 野沢那智さんが亡くなった。

 あれは中学生の頃か高校生の頃か、野沢那智さんと白石冬美(チャコ)さんがディスクジョッキーを務めた東京 TBS ラジオの「パックインミュージック(ナチ・チャコパック)」を夢中になって聴いたものだった。ナチ・チャコの絶妙の掛け合いが楽しかったが、それだけではなく番組全体がナチ・チャコのトークでできた、ひとつの芝居のようになっていた。絶妙な話芸。それを聴きたくて毎週、行ったこともない遠い東京のラジオ番組に周波数を合わせていた。

 フランスの名優アランドロンの日本語吹き替えの声優であったことでも有名だった。

 ご冥福をお祈りいたします。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 20:47| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

暴風雨のち曇り時々晴れ

 東京出張。往きの新幹線車内で調べものやら書き物やらを MacBook Air ですましてみる。こういうときに軽くて小さいのはかなりのアドバンテージになる。ヒョイと持って膝の上で作業をするのに重さを感じない。それにこの Mac はほとんど熱くならないので、いつまでも膝の上に置いておける。いままでの MacBookのように、焼けるような膝の熱さに耐えながらの難行苦行を強いられることはない。日本では大ヒットするのではないだろうか? 

 最初の用務は霞ヶ関。それが終わって北里生命研の阿部っちの研究室に行く。アベッチと私で、来春にある企画をしているのだがその相談をするためである。そしてそのあと、、
IMG_0745.JPG
 やっぱり飲むだろ、、、。桑エッチと三人、田町の名店「湯浅」で旬のお魚を楽しむ。ただし、この日は疲れもあるし次の日の予定もあったので早めにあがる。

 次の日。つまり今日。東海・関東地方に台風が近づいているが、予定の用務を午前中にすませる。少しゆっくりと帰阪するつもりだったが、台風が気になる。雨風が強くなってくるし、伊豆地方から東京近郊にかけての電車がどんどん運休し始める。そんな東京駅の場内アナウンスを聴いて「新幹線車中で一泊」とか「新幹線は全線運休」とか、ニュースでよく耳にする言葉がアタマをよぎって慌てて新幹線に飛び乗る。

 ところが浜松辺りで空は明るくなり、名古屋では晴れ間が見えだし、定刻通り大阪に到着したら夕焼けが迎えてくれた。日本は広い。んでもって、東京は遠い。



、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく

posted by Yas at 21:46| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

Air Yas の初仕事は新幹線での論文執筆、、

 論文を書く。学者にとって至福の時である。データを見て、ストーリーを考えながら文献をあらためて読み、さらに新たな文献を探し当てて読み、ストーリーをさらに発展させる。これが楽しくないはずがない。昨日からちょっと風邪気味なんだがなんのその。書類作成ではない、出張でもない、マゴウカタナキ(紛う方なき、です)自分の仕事なのだ。今日は、論文を書くよりもストーリー固めのために文献を調べて斜め読み、斜め読み、ちょっとしっかり読み、んで斜め読み。アウトプット過多のこのごろにあって、久しぶりに情報をインプットして心が落ち着いた。この論文は早めに書き上がる予感がする。共著の北所さん、頑張ってますからね、、。

 ところで、昨日不具合が発覚したMacBook Air。今朝一番にアップルに電話をした。最初に Apple Careに、そのあと回されてApple Store Online に。んでまた回されてApple Care、、、またまた回されて Apple Store Online 、ムッとしたが、電話の向こう側の担当者たちはいずれも恐縮しまくっている様子なので、こちらも我慢することにした。結局、不具合の様子を詳しく尋ねられることもなく「新品交換」ということに落ち着いた。来週頃にクロネコさんが新品を持ってくるので、現物と交換してくださいとのこと。まぁ、最終的に簡単な話で終わったから許す。

 ところで明日は東京出張。論文書きの調子が出そうだったのでちょっと残念だが、、まぁいいや。この MacBook Air (Air Yasと名付けた)を片手に出張に行ってきます。



、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 22:35| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

う〜む、、

 さて、昨日届いた MacBook Air 11インチのこと。、、、私はほんっとに、こういうMacを待っていたのだ。初代の MacBook Air に裏切られただけに、喜びもひとしおである。

 初代 Air のイヤだったところ(でかすぎる、形悪い、遅い、端子少ない、まだ重い)がすべて改善されている。素晴らしい。キーボードのタッチがいいし、キーボタンの印字がハッキリしていて見やすい。USB端子が増えたので、Ether-USBケーブルで端子を塞いでしまって困ることもない。購入したのは1.4 GHzのクロックタイムで2GBメモリーの標準だが、試しに仕事関係で重そうなファイルを開いてグリグリしても、軽快に動いてくれた。なかなかよろしいです。

word.png ただし、、ディスプレイの縦がやはり短い。ワードの書類を保存するときに保存先やファイル名を入力するウィンドウがプルダウンされてくるが、これが画面からはみ出してしまって保存ボタンを押せなかったり、ワード書類のウインドの上部がせり上がって隠れてしまったりした。ワードの問題かもしれないけれど、、。

 さらに、、これを打っていて気がついた。、、、「E」のキーボタンが引っかかる。引っかかって押し続けの状態になることしばしば、、、。初期不良か?、、うーむ、、せっかく到着したばかりの Air のいいところを書こうとしたのに、、。これは、、アップルストアに走らんといかんかな、、、、

 い、いやいや、みなさん。新しい MacBook Air はいいですよ〜。

posted by Yas at 21:59| Comment(0) | コンピュータ & ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

これからなのだ

本日は、毎月恒例の微研集談会の日であった。担当分野はゲノム情報解析分野とわが分子細菌学分野である。集談会は担当分野が発表する。それで、今回の演者はシショーにお願いした。シショーは満を持しての登場である。

彼がうちの研究室にやって来てもうすぐ3年になる。最初から毒素の仕事をやってもらうつもりはなかった。今日はそんな彼の3年間の成果を発表してもらった。当分野初の、毒素の生化学ではない研究の話題である。

この仕事の元になるアイデアを考えついたのは7年ほど前のことだ。アイデアを実現するために色々とやったがうまくいかず、結局仕事が動き出すのには、シショーの参加を待たねばならなかった。私の大雑把なアイデアと強引な提案を具体化してくれたシショーに感謝したい。

まぁ、しかし、これからである。他のスタッフが担当してくれている新しい仕事も動き出している。、、分子細菌学分野はこれからなのだ。、、、これからもよろしく。

あ、昨日ワイワイ書きたてた MacBook Air ですけど、

image-20101026214017.png

現在こういう状態です。ということで、今日は iPhone からのアップです。

使用感などは、また明日以降に、ご報告しますです。(あ、報告しないかもしれないけど)

とにかく、またあした。

* 上のアップから二時間後、MacBook Air で書いております。うーむ。まだ、どうだか全然わからんが、とにかくいい。ふっふっふ。とにかくいいのだ、、。



、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく





posted by Yas at 21:44| Comment(2) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

新しいMacBook Air がやって来る

 日本時間の21日未明に発表された新しいMacBook Air。実はその日のうちに Apple Store でポチッとした。PowerBook 2400 以来、ずっと待ち望んでいた軽量小型のMacなのだ。ポチッとして当然だ。う〜、手にするのが待ち遠しい。

 23日にはその Apple Store から「商品出荷」のメールが届いた。そのメールには配送状況を知ることのできる配送業者サイトへのリンクが貼られている。それを見ると、10/23, 12:32 海外荷物受付(上海支店)とあった。もうそれだけで私の想いは上海に跳ぶ。上海タワーのすぐそばで荷積みされている私の MacBook Air、(んなはずはないが、、)、。それからは2ー3時間ごとにサイトをチェックする。

 10/24, 14:50 海外発送、、、う〜む、航空便か?船便か?、、航空便やろ、航空便、、ぜったい航空便や。
 10/24, 19:10 国内到着、、、調べてみるとどうも東京に到着したようだ。上海から近い関空に到着すればいいのに、、
 10/25, 13:44 荷物受付・国内発送、、今日中に大阪には着かんわな、、、、やっぱ明日か、、

 そんなに待ち望むなら Apple Store 心斎橋に買いに行けばいいのだが、PowerBook や MacBook を買うときにはいつも私はUSキーボードをオプションでオーダーするのだ。リアル店ではオプションは確か無理だったはず。、、ということで、やきもきやきもきと到着を待っている。

 落ち着け。、、、こんなにやきもきせずとも、どうせ明日のあいだには必ず届くのだ、、。そうだ、明日の今頃はシステムの移行で忙しいぞ、、ふっふっふ。もし余力があったら、第一印象を報告します。乞うご期待、、。



、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく



posted by Yas at 22:16| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

さぁ、仕事だ仕事だ論文だ、、

 科研費の計画調書を金曜日の午前中に電子提出した。さぁ、それであとは、、、今年中に投稿したい論文がひとつ。京都工繊大学の北所さんとの共同研究の成果だ。やはり論文を書くのも共同作業になる。さぁ論文だ論文だ。さっそく Introduction を書き始める。

 本日、土曜日は、微研部員会(教授会に参加しない微研で働く人達のための組織)主催のボーリング大会である。部員会の運営に参加しているトッシーに背中を押されてワタシも参加することになった。、、論文書きたいけどなー、まぁいいか。

IMG_0743.JPG わが分子細菌学分野から参加したのはトッシーとガチャピンと私。教授で参加したのは私だけだった。成績はまぁ、素人ボウリングだす。

 さて、ボーリングも終わった。論文だ論文だ。、、と、書き始めようとするが、ボーリング3ゲームで腰は重いし、身体はだるいし、、全然調子が出ん。

 んで、ふと見ると事務方からメールが届いているのに気がついた。
「先生が提出された計画調書を確認しましたところ、下記のとおり修正していただきたい点が見つかりましたので、ご対応をお願いします」

 へいへい。

 論文執筆までの道のりはちょっと遠い、、、。



、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく






posted by Yas at 22:47| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

ジェネハラ、再び

 今日の夕方は、大学院生のガチャピンとお茶をしながらおしゃべり。アヤッチは Journal Club の当番が迫っているのか、デスクに張り付いて大量の論文に埋もれている。トッシーは実験室だ。カミちゃんとシショーのおっさんコンビは、子供さんのお世話で帰宅した。

 鼻歌まじりでお茶をしていると、その鼻歌にガチャピンが喰いついた。

「その歌、なんですか?」

 鼻歌を突然止められて、「なんですか?」と尋ねられても、そんなに意識して歌っているわけでもなし、しばらく考えてみる。

「あ、、矢野顕子やな、、」

「矢野顕子ってだれですか?」!!!!!!!!?

「え?、、そやな、えと、春咲小紅なんか流行ったかな、、、」

「ん〜?、、あぁ、坂本なんとかという人の奥さんでしたっけ?」!!!!!!!!?
(矢野顕子さんとは離婚されているようです)

 世界の坂本龍一を「坂本なんとか」と呼ぶとは、どういうことじゃ?

「だって、よく知りませんもん」

 またもや、ジェネハラである。このラボの女ども(野卑な言葉ですいません、つい興奮して、、、)はどうなっとんじゃ?
しかし、怒っていても始まらん。やおら、教授室に保管してある矢野顕子のデビューアルバム「JAPANESE GIRL」を取り出して見せてやる。

「うわぁ、わたし、レコードって初めて見ました。へぇ、黒いんですね」!!!!!!!!!?
「これ、どうやって音が出るんですか? 裏表の区別ってあるんですか? あぁ、表も裏も音が出るんですか」!!!!!!!!?


 矢野顕子さんのデビューアルバム、「JAPANESE GIRL」は1976年のリリースである。34年前、、。
 ふうむ。映画「Back to the Future」は30年前にタイムトラベルし、そのあと30年後にタイムトラベルした、、。あれやな。あのギャップや、、、これは、、。

 それにしても、「レコードって初めて見ました」って、、、、。




、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
ジェネハラに苦しむワタシに応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 22:07| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

神聖な科研費の申請、なんちゃって

 あーイヤじゃイヤじゃと言っていた科研費の計画調書も一応の基本線が出来上がった。ま、科研費が不採択に終わると「イヤじゃイヤじゃ」と言ってるだけではすまなくなるのだけど。

 やっぱ、長年この商売やっとるからなー。なんじゃかんじゃと言うとるうちに終わるもんや。とホッと一息。書き終わったばかりの調書は完璧で、どう見ても採択間違いなしのように思える。あ、ちがう。書き終わったばかりの時は、調書は完璧でどう見ても採択間違いなしのように思える、だ。

 でも時間をおいて見てみると、たいてい付け焼き刃のドロナワの自転車操業の、、イマイチっぽい内容に見えるのが常なのだが、、、気にしない気にしない。決められた時間内に、ある水準の計画を提案するというのが大事なのだ。そして、研究費をいただいたら一生懸命まじめに研究を進める。それが研究者のシノギというものだ。とりあえず、調書の体裁を整えて(秘書のスズキさん、よろしくいつもありがとう)、週末には電子申請する運びである。

 ところでみなさん知ってますか? 今夜、アップルが小型の Mac Book Air を発表するかもしれないというのを。これ、ワタシの考えているスペックに近ければ、多分買います。ふふふ、いまから楽しみじゃ。



、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 22:37| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

オレは枠には納まらん、、、

 先日から一生懸命、科研費の計画調書を書いている。

 しかしみなさん、計画調書の MS Word の様式に苦労していませんか? この様式は、Mac ユーザーにとってはすこぶる使いにくい。突然、様式の枠線が消えるし、ゆえ知らず極端に遅くなるし。人によっては「突然落ちる」とおっしゃる方もいる。

 Mac OS が漢字トークと呼ばれていた頃の初期の MS Word は使い出が良かったように覚えているけれど、それ以降の Word はいただけない。こんなに(Mac ユーザーにとって)バグだらけに見えるソフトが defacto-standard(業界標準)になっているのはおかしい。と Mac ユーザーは思う。

 とまぁ、そんなことより科研費申請書の様式だ。Word で苦労するのは、枠線内にテキストをきれいに流し込もうとして上手くいかないからだ。もう今は誰も手書きで申請しない(というかできない)し、Word でなくてもコンピュータを使えばちゃんと整ったフォントでテキストを書くことが出来るのだから、申請書様式の枠線はいらないんじゃないか? 種目をあらわすヘッダーとページ数をあらわすフッター。それから項目の見出しと注意書きさえあれば、枠線はいらない。

 へんに枠にとらわれず、枠内にはめられず、自由に発想して申請書を書きたいな。その方がきっと、いい考えが浮かぶと思うのになー、、。

、、と、研究計画のアイデアが浮かばなくて、またもやいらんことを考えて逃避する私であった、、。






、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
研究費獲得に苦しむワタシに応援のクリックをよろしく



posted by Yas at 22:52| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

久しぶりの日曜日素描

 日曜日。

 久しぶりに、朝目覚めて身体を動かすのがそんなにきつくない日曜日だった。

 というので、予定通り、熱帯魚水槽の外部フィルターを新しいのに交換した。「交換した」というと簡単なようだが、以前の外部フィルターシステムを取り出して、全て片付けて、新たなフィルターを配管して水槽に取り付けるのは結構な仕事だ。フィルターの容量は以前のモノに比べて1.5 倍。モーターの吸排水量も1.5 倍で強い。んで、水槽内も洗濯機(というとおおげさだけど)みたいに水流が激しくなった。その中をヨレヨレになりながら泳ぐエンゼルフィッシュ、、。まぁいいや、しばらくこれで様子を見ることにする。様子を見られてるエンゼルフィッシュにはいい迷惑かもしれんが、。

 その外部フィルター交換に午前中を費やした。んで、そのあと愛車のプロント君の前ブレーキのシューを交換する。このレベルのメンテナンスはそこそこ気楽に出来るくらいに慣れてきた。明日は、新しいブレーキの試運転もかねて自転車通勤するつもり。

 阪神タイガース、クライマックスシリーズ、連敗で脱落。私は阪神タイガースのファンをやめてもうずいぶん経つ。いまはプレーンなプロ野球ファンとして観戦を楽しんでいるが、阪神の真弓監督の希望的観測に基づいたような采配はキライ。今日でいえば、久保投手、久保田投手、藤川投手、みんな気の毒だった。巨人の原監督が、抑えの山口投手の9回の打順で代打を出さなかったのとは対照的だ。なんだかちょっとねぇ、、、。阪神でいえば、前岡田監督の鉄板采配がなつかしい。あ、そうか。中日とか巨人とか阪神とかということではなくて、落合監督や原監督に真弓監督が負けた、と考えれば納得がいくかも。

 テレビ番組再編の季節。今日から始まった「獣医ドリトル」。細かな点には目をつぶるとして、とりあえずドラマのモチーフは面白そう。学部2年生の時に早々に臨床獣医を目指すのをやめた頃のことを思い出した。基本的に学術的に要求されることとは全く無関係に「獣医は犬猫が好きなはず」とか「動物好きはいい人」とかいうフィルターがかかるのが鬱陶しかった。それと、所詮、人命と獣命の重さは社会的には全然違うという事も、当時突きつけられた現実だった。牛ブタなどの経済動物の疾病で、教科書で教える処置の多くは「淘汰」なのだ。「淘汰」の先には学問的な追求などない。そういうのがたまらなくイヤだった。

 調べてみると、「獣医ドリトル」は、コミックが原作らしい。読もうかな、、。





、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく



posted by Yas at 22:58| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

笑って読み流してくださいませ

 昨日までに色んな雑用の大半を終え、今日からシコシコと科研費の計画調書を書き始めた。今年は二種目で申請をするつもりである。これが採択されなかったら、来年度のうちの研究室は干上がってしまう。やっと調子がなんとか上向きになったところなのに、、。

 それにしても、この科学研究費補助金、、、研究費をいただけることはありがたいのだが色んな方々が指摘されているように、使いにくい面があるのは否めない。なんとかならんかなぁ、、と思いながら計画調書を書いていて、こんな夢想をした(いねむりしとんのかいっ)。

 科研費は、これからの研究計画と申請者のそれまでの業績が精査されて、その評価によって採択・不採択が決まる。これを自営業になぞらえると、事業計画と担保物件にこれまでの業績による信用が加味されたりして審査される銀行融資なんかによく似ている。つまり、科研費は融資だ(返さなくていいけど)。

 だけど自営業なら事業収入がある。これに似たものが研究者にも欲しい。業績による収入みたいな、、。論文の掲載雑誌のインパクトファクター1点当たり50万円の研究費が入る仕組みって、どう?(結構、いい線の値付けと思いません?)

 それと、もちろん単年度予算などという弊害を生む仕組みはやめていただいて、研究室の資産として貯金を認めていただく(調子に乗りすぎかな、、)。まぁ、文科省でも科研費を基金化して、繰り越し自由にするという試みも考えられているようだけど、できれば研究室で貯金できたほうがいい。(もうそろそろやめたほうがええかな、、)。ただし、翌年度の融資型の研究費の申請総額は貯金額によって制限をかける、というのでどう?

 んとかいうこと考えてる場合ではないわな。計画調書、書こっと、、。




、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく



posted by Yas at 23:07| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

前にも似たようなことを書いた気がするけど

  偶然なのかもしれないが、最近、実に熱心な、学問に意欲的な学生さん達によく出会う。実験が好きなようで、そのために労を惜しむ様子もない。こういう人達には、大学院に進学して博士課程まで進み、どんどん研究の世界に入ってきてもらいたいと思う。

 けれど、やっぱり残念ながら、今の日本では大学院進学を学生さんに積極的に勧めることはできない。ポスドクの身分は不安定で現実的にはガチガチの年齢制限がある。その年齢を超えたあと、定職に就ける可能性はわずかだ。今の政府の科学政策の方針は不透明(ほんとは、さしたる方針もない、と書きたい)で、政策コンテストで民意に沿うという、ポピュリズムによって立つ主体性のなさを露呈している。先行きは明るいと考える方が無理だ。

 今の日本の研究の世界は「それでも研究をやりたい」という人間しか残ってはいけないところである。脳天気に「好きだから」と、先行きのことなど考えずに一生懸命に実験する「実験バカ・研究バカ・科学バカ」のような人しか残ってはいけない。

 プロ野球を考えて欲しい。みんながみんな成功するとは限らず、成功しても実働年数は短い。引退したあと、安定した第二の人生が約束されているわけではない。プロ野球に携わって一生をまっとうできる人などはごくわずかだ。でも、志のある若い人達は「野球が好きだから」とプロの門をたたく。厳しさはプロ野球には及ばないと思うが、研究の世界もよく似ている。

 「実験好きですから」という人しか、研究の世界に誘うことはやっぱりできない。





、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
逆風の中でも、、、応援のクリックをよろしく



posted by Yas at 23:24| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

テコでも動かん

 この連休三日間。家内は義母、義姉と東京旅行に出ていて私と娘は家で留守番だ。娘は娘で、この三日間は毎日近所のフィットネスクラブでダンスレッスンの予定がある。私はなんにもない。

 ここのところ週末になると疲れが激しくなるので、今回の連休は意を決して何もしないことにした。といっても、朝昼晩の食事の用意くらいはしたけれど、、。あとはなにもしない。ソファで寝そべって、テレビ番組見て、DVD見て、寝て。

 最終日の今日は、めちゃめちゃ良い天気だった。自転車日和だ。でも行かない。家の中で寝転んでテレビを見ていた。ちょうどNHK BS で午後1時から午後2時半まで「日本海から太平洋へ激走700キロ自転車旅」 午後2時半から午後4時半まで「ちょいハマッ!〜自転車って素晴らしい」を放映していたのでそれを見た。んで、たっぷり3時間半、バーチャル自転車を楽しんだ。ダラダラダラ、、、横で見てる人がいたら腹を立ててしまってるやろなー、、と自分で思うくらいダラダラしていた。

 いやいや、私としては必死でダラダラしていたのだ。なんかこの頃、疲れ方がキツいので、ちょっとそれをリセットするために。めずらしくアルコールもほとんど口にせず(「ほとんど」というところがワタシらしいが)。

 ただひとつだけ、熱帯魚の水槽だけは掃除した。生き物相手だからね、これだけはやっとかないと、、。と、ゴソゴソしていると、ふとした拍子に水槽水のフィルター装置の留め金が壊れてしまった。これじゃぁ、フィルターを動かせない。あ〜ぁ、いらんことして仕事を増やしてしもたがな。でも、今日は放っとこ、、。休養日だ、、。、、フィルターが動かないと、水が回らなくて空気の供給もできなくなり、いわゆる水が死んで魚には危険な状態になるのだが、、、、ちょっと我慢してもらお。、、

 、、生き物相手だけどね、、、、休養日ですから。、、休養日はテコでも動かん、ということで。





、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 21:58| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

悔やし恥ずかし じぇねれぃしょんぎゃっぷ

 先日のこと。午前中に予定の仕事を終え、これまた予定通りに来所してくれた京都工繊大の北所さんと仕掛かり中の論文についてディスカッションする。全て予定通りに仕事が進み、それなりに充実した心持ちで1日を過ごした。

 んで、夜になって帰宅前のひととき、、トッシーとしばし語らう。いつもならアヤッチもいるのだが今日は休み。だから二人でヤイのヤイのと話をする格好になった。これが、私を失意のどん底に落とす結果になった。充実の1日になるはずだったのに。

 この日話していると、ふとあることで、私の iPhone の待ち受け画像のことが話題になった。その待ち受け画像は少し前まで「壇れい」さんだったのだが、つい先日から「南沙織」さんにかえたばかりだった(へぇへぇ、、どうせ、おっさんですよ。へぇへぇ)。 それを見かけたトッシーが、「これ、誰ですか? 内田有紀?」という。そして、「『みなみさおり』なんて知りません」という?

 な、なにぃ? 南沙織を知らん?「17歳」でデビューして「潮風のメロディー」とか「早春の港」とか、、。だいいち(何が「だいいち」かわからんが)、篠山紀信の奥さんやぞっ。と矢継ぎ早にたたみかけたが反応なし。篠山紀信さんも知らないらしい。

 だいたいこのムスメは、、、以前に映画の話をしていたときに「ロミオとジュリエット」といえば「ディカプリオ」で、他の作品なんて知らん、と言い放った前歴がある。「ロミオとジュリエット」といえば、「オリビア・ハッセー」やがな、という私に、「へぇ?『オリビア・ハッセー』?、、ということは『オリビア6世』とか『オリビア9世』とかもいたんですか?」とふざけた受け答えもした。

 さらに、サザンオールスターズがデビューしたときにはまだ生まれていなかったと自慢気にいう。チャゲ&飛鳥のデビューはもちろん知らない。デビュー曲の「一人咲き」を聴かせてやると、「演歌みたい〜」と笑う。
 南沙織にからめて、吉田拓郎とかまやつひろしの「シンシア」を聴かせてやると、「こういう歌のジャンルって、いまはないですよね〜」と勝ち誇ったように云う。このときには、もう私の動悸は激しくなるわ息切れはするわ、、。

 世間では、アカハラとかパワハラとかセクハラとか言われてるけど、これは立派なジェネハラ(ジェネレーションギャップハラスメント)とちがうんか?、、、、

 うーむ。、、南沙織も知らんヤツに、ディスカッションで口答えされてたのかと思うと、なんか腹が立つ、、、。




、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
失意の私に応援のクリックをよろしく



posted by Yas at 22:43| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

デジタルとアナログのあいだ

IMG_0730.JPG ずいぶんと涼しくなってきた。
 少し前に書いた曼珠沙華も勢いを増してきた。この写真はその時に撮ったのと同じ場所の今日の様子である。数日前と違って曼珠沙華だらけになった。これでこそ、毎年私を驚かせてきた曼珠沙華だ。

 とまぁ、それはいいんですけど。
 

 ここのところ、科学者なのか科学のわかる事務方なのか、どちらなのかわからないような仕事ばかりであまり晴れやかな気分にはならない。けれど、とにかく仕事は進めなくてはならん。そこで仕事の効率を進めるために、Evernote だの Scansnap だの、Papers だのデジタル装備の充実を図ってきたのだ。おかげで、会議の資料は Scansnap でデジタル化して Evernote に格納し、紙媒体はシュレッダーで始末してしまう。文献はネットからダウンロードし、全て Papers に取り込んでコンピュータ上で分類する。とても便利な時代になったもんだ。

 しかし、、、、基本的に私はアナログ人間のようだ。文献はコンピュータのディスプレイでは読めないので必ず印刷する。「備忘のメモやアイデアをまとめるにはノートが必要だ」と先日もノートや筆記具を揃え直したばかりだ。やっぱり、教授室のホワイトボードやデスクの上などの広大なスペースに比べて、ディスプレイはあまりに小さすぎる。コンピュータのアウトライナーやマインドマップのようなもので考えをまとめるより、紙一杯にペンで自由にゴチャゴチャと描くほうが、考えをスムースに具体化できる。
 こうして、Evernote や Papers でデータベース化した情報をアナログ的に引っ張り出して、ペンでグチャグチャ書き殴りながら考えるのがここのところの私の仕事のスタイルになっている。

 デジタルとアナログの狭間で右往左往、、。もうちょっとスマートに仕事をしたいのだけれど、そもそも頭がスマートでないから仕方ない。






、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく




posted by Yas at 22:30| Comment(2) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

榊莫山先生

 榊莫山先生が亡くなった。享年84。

 私がこの方を先生と呼ぶのには理由がある。小学生の時、莫山先生は私の小学校の図画・書道(だったと思う)の先生だったのである。私のいた小学校は大阪市立でも何かしらのモデル校だったみたいで、オーディオを揃えた視聴覚室とか、全教室カラーテレビ完備とか、当時にすればハイカラなことが色々あったのだ。そのことと莫山先生が教員だったこととが関係があるのかどうかわからないけれど、、、、、。莫山先生は当時から有名な先生で、大阪の子供達には有名な夏休みの宿題冊子の「夏のとも」の表紙のタイトルを毎年書かれていた。生徒からは「バクダン先生、バクダン先生」と呼ばれていた。私の兄は図画の授業時間に遊んでいて、莫山先生に殴られたという経歴を持っている。、、、あ、それだけですけど、、。

 安らかにお眠りください。



、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく



posted by Yas at 22:19| Comment(0) | 私的先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

弘法ちゃうし、、筆選ぶし、、

 ウワサのモレスキンのノートを購入したことは以前に書いた。これで仕事中に必要なメモランダムを一冊にまとめて、カッコ良く颯爽とノートを持ち歩くつもりである。この作戦、誰が名付けたか「カッコ良く颯爽とノートを持ち歩く大作戦」と呼ばれている。

 次は筆記具だ。実は私は字を書くときの筆圧がとても弱い。筆圧が弱いので、筆記具の滑りが悪かったり良すぎたりすると、筆の運びがスムースにいかずにもともと下手な字がさらに情けないことになってしまう。だから納得のいく字を書こうとすれば筆を選ばねばならない。んで、最近のお気に入りの筆記具は、PILOTのHI-TEC Cである。んで、モレスキンノート用に使うのなら、1本で多色なのがいい。そう思って探してみると、、あったあった。
IMG_0720.jpg

 HI-TEC C COLET という。

 ペン軸の色を自分で選んで、4色モノのオリジナルペンを作ることができる。

 生協のストアに大々的に陳列してあったので有名だったのかも。私は知らなかった。選んだのはクロとチェリーピンクとブルーブラックとアップルグリーン。シブいっ!実にシブい選択であるっ。

IMG_0722.jpg



 こんな感じ、、、。ふっふっふ。これで「カッコ良く颯爽とノートを持ち歩く大作戦」がやっと実現する、、。







 実は、いそいそと組み立てて書いてみると、私にとって書き味があんまり良くなかった。よく考えずに、安易に 0.5 mm のペン軸にしたのが間違いだったみたい。0.5 mm だと滑りすぎる。わーん、失敗だった。今まで使っていた HI-TEC C は 0.3 mm だったんだ。、、、ということで、0.3 mm のペン軸を買うかどうか迷いちうである、、、、、、、。根性がみみっちぃので、書きにくいのを我慢して使い切るのを待つか、○○百円を無駄にして買い換えるか、踏ん切りがつかん。あぁ、、。



、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
悩める私に応援のクリックをよろしく



posted by Yas at 22:38| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

ポスドク募集!


 うちの研究室、大阪大学微生物病研究所・分子細菌学分野では来年度4月からのポスドクを募集します。期間は原則3年間。待遇は大阪大学の常勤研究員あるいは非常勤研究員の規程による(現時点では常勤・非常勤のどちらになるかは不確定、年収額《お問い合わせください》はほぼ変わらない)。

 研究材料としてバクテリアの好きな人、バクテリアに興味ある人、自分の能力を細菌学で生かしたい人、是非ご連絡ください。

 ラボの実績は PI の不見識もあって苦しい時期もありましたが、やっと普通にもどりました。これから一発かまします。細菌学分野で、日本国内で提供できる最高クラスの環境がここにあります(というといいすぎかな。でも良い環境を提供します)。自分の能力を最大限に生かして最高の研究をしたい方(オレもしたい)、是非ご連絡ください。

 研究室の雰囲気は、、、当ラボの web site をご覧ください。PI(教授)のキャラは、、、このブログをざっと見てくださいな。

 では、連絡待ってます。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく



posted by Yas at 22:01| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

「曼珠沙華」という山口百恵の唄があった

 曼珠沙華は不思議な花である。夏の暑いあいだはその気配を全く見せず、涼しくなると突然に周囲を圧倒するように鮮やかな花を咲かせる。この花がそういう花であることに気がついたのは、自転車通勤のおかげだ。

 この時期は、毎年いきなり曼珠沙華が紅い花を咲かせて、自転車通勤でいつも見慣れた景色を一変させる。毎年、本当にびっくりさせられる。それが不思議で去年は少し観察した。すると、ちょうど涼しくなって夏の雑草が勢いをなくした頃に、曼珠沙華が茎を急速に伸ばして花を咲かせるので、鮮やかに景色を一変させるように見えるのだ。見事な咲きっぷりである。

 ところが今年は少し様子が違った。
IMG_0719.JPG 今年の猛暑の影響か、周囲の雑草がまだ元気なのだ。んで、残念ながらさすがの曼珠沙華もあまり目立たない、、。

、、、曼珠沙華は毒草である。毒の本体は植物アルカロイドのリコリンである。毒性は自然毒にしてはあまり高くない。青酸カリの1/4-1/5くらいの致死活性である、、、。あ、青酸カリは細菌毒素の代表格であるボツリヌス毒素の1/1,000,000 - 1/5,000,000 くらいの毒力である。、、、、、一応、細菌毒素が専門ですので、、、、、。なぜそんなに高い毒力を細菌毒素が持ち得るのか? が疑問で研究しております。興味のある方は一度研究室に来てみてくださいませ、、、、、、、、、、、、、、、学生募集!




追記:このエントリを書いたあと、気になって調べてみたら、曼珠沙華には周囲の雑草の生育抑制作用があるという文献を見つけた。んでその、植物抑制作用の本体がリコリンだという、、、。もしそれが正しいのなら、いきなり周囲を圧倒するほど鮮やかに花を咲かせる理屈は科学的に説明ができるわけだ、、。ふうん、、。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをお願いします



posted by Yas at 23:20| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする