2009年07月01日

プレゼンテーションの秘訣!?

 みなさん、お気づきの方もいらっしゃると思うが、最近「ホリプレ」をお届けしていない(ホリプレを知らない人は本ブログカテゴリの「ホリプレ」をクリックしてみてちょ)。

 これにはわけがある。実は、G-COEのResearch Development Programで、プレゼンテーションのことを講演する羽目になったのだ。んで、講演の前に「ホリプレ」で先にネタばらししてしまうのを怖れて更新するのを控えていたのだ。

 それにしてもなぁ。吉森先生から依頼をいただいたときは、半期とか通年でG-COEメンバーの教員が交代で担当する講義のようなものを想像していたのだ。「まぁそういうことなら、オレがプレゼンテーションについて担当するのも仕方ないか」と思った。ところがフタを開けてみると、あなた、それぞれしっかりと経験を積んだ方々が「大学院生、若手研究者はもとより、現在PIの方にとっても刺激的な示唆に富んだ」講演をするようなプログラムだった。

 ふひゃー。とんでもないことですわ。

 私は別に「必殺!プレゼンテーション術!」みたいな本を上梓して好評を博したわけでも、どこかの学会で伝説的な講演をしたわけでもなんでもない、ただの通りすがりのオッサンである。特に最近は自分自身のプレゼンが雑になっているのを感じて、勉強し直さねばと思っているくらいだ。そのわたしが、他人様に向かって「実践的なプレゼン術」を講演しなければならないとは、,。

 うー。今からプレッシャーを感じる。

 吉森せんせも、お戯れがすぎるわ。もしプレゼン術に関するプレゼンが面白くなかったらシャレにもならん。そう言うと
「まぁ、そういうのでもええがな、反面教師ということで、、、」と意にも介さない。
 美しいスライドとわかりやすい話で有名な吉森せんせが講演すればいいのに、。
「いや、オレはこのプログラムの委員長やから、、,」と、意味のわからんことを云うし。

、、、、いやいや、引き受けたからには一生懸命やらせていただきます。

 ということで、みなさん。7月13日をお楽しみに。、、実は私も楽しみなのだ。どんな恥さらしな講演になるのやら、,。

posted by Yas at 22:36| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする