2009年03月31日

2人転出、1人転入。うちのラボ、全部で何人?

 世の中は異動の季節。本日で2008年度が終わる。このラボからもきむじゅんとチャーリーが卒業していった。、、、それで、研究室で仕事をしていると、本田先生が、ともに退職される秘書さん二人を従えて、最後のご挨拶に来てくださった。

「君の教授室は派手な色やと聞いとったけど、あんまりそんなことないな、、」が本田先生の最後のお言葉である。先生が私の教授室にいらしたのは今日が初めてなのだ。初めていらしたのが最後の挨拶のためとは、,残念なようなありがたいような、、。(注:私の教授室は別に派手な色ではありません。ちょっと壁がピンク色で椅子類が赤いだけです)

 それから、事務方で微研から移動で転出される方、かつてこのラボに在籍し、ここ数年はメカダ研でがんばっていたオーちゃん夫人、菊谷研のコワモテ准教授テルテルと一緒に仕事をしていた大学院生のヤタちゃん、、、、みんな、挨拶に来てくれた。手土産まで持って、,,。、、、微研を離れてもがんばってくれっ、、達者でなっ。

 去る者あれば来る者あり。この春から医科学専攻修士課程の大学院生として本学に所属する橋本さんが入学式を前にして研究室を訪れてくれた。本人は、正式な配属の手続きを待たず、うちのラボで研究をしてくれる心づもりらしい。それなら、ということでデスクやロッカーをあてがわれ、外書講読の資料を渡されて、早速勉強を始める羽目になっていた。入学式もまだなのに、,,。そうそう、、うちの連中はバカ話を底なし天井知らずで楽しんだりする一方で、勉強もしっかりするのだ、,。橋本さん、がんばってね、,。うちのラボは人数が少ない分、内容が濃いぞ〜、、知らんぞ〜(って、脅してどうする)。

 ということで、明日から新年度がスタートだ。

posted by Yas at 22:14| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする