2008年07月18日

野茂英雄

 野茂英雄、ついに引退。「ついに」、、、引退である。イチローもそうだが、野茂が実際にプレイした、その同じ時代に生きることができてよかった。

 私より年上の人たちはよく言ったものだ。「国鉄スワローズの金田の最盛期はすごかったで」「阪神の小山のコントロールは抜群やった」「村山のザトペック投法は感動した」「江夏の球は速かった」、、彼らの現役バリバリの姿を見たことのない私は、そんな年長者の話をただ聞くしかなかった。

 少なくとも江夏の晩年の優勝請負人の姿は見たことあるが、「速球派」江夏はほとんど覚えていない。村山の現役時代に関する記憶はかなりおぼろ。小山さんは私にとっては「最近の投手はコントロールが悪いですね」というセリフを繰り返す解説者だし、金田さんに至っては現役引退後の「変なおっさん」の印象ばかりが強烈だ。
 そんな私が、野茂のことならエラそうに言える。「野茂のソウルオリンピックの時の投球は、めっちゃ凄みがあったで」「野茂のメジャーリーグデビューの時はサブイボ(鳥肌と地方では言うらしい)でたで!」、、、、、 野茂のメジャーデビューの日、衛星放送を受信するために当時の学生のキャッシー(柏本ともいった)と、近くの家電量販店に衛星受信アンテナを買いに走ったのを思い出す。

 変にアピールしない、媚びない、そしてひたすらプレーすることを追求した野茂選手が好きだった。、、、ごくろうさんでした。

posted by Yas at 22:10| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする