2008年05月31日

これが、最後だ。

 そうそう、「井上雄彦 最後のマンガ展」のハナシ。

ticket.jpg

 井上雄彦さんは今の漫画家のなかではずば抜けて精緻でかつ迫力のある画を描ける作家である。このことは原画を見るとほんとに実感できる。何メートルもあるキャンバスに(多分)極太の筆を使って描いた武蔵。墨が飛び散り、滴ったその画は迫力満点だ。一方で、ケント紙に描かれた繊細な風景はじっと目を凝らして巧みな技法を観察したくなるほど精緻(が、最近は近くが見えにくく、かつ会場が薄暗いので目を凝らしても見えないのが残念)。

 じっくりと時間をかけて見たかったが、平日の昼間というのに会場は満員でそれも叶わなかった。展示作品の前に行列ができてちょっとせわしない。それでも会場の演出も満点でなかなか楽しむことができた。関東近辺にお住まいのマンガファンの方、必見ですぜ。

 「バガボンド」の世界の余韻に浸りつつ羽田空港に向かう。前日とこの日の午前中にはサイエンスでの良い仕事に浸り、午後にはマンガの芸術性を見事に表現した素晴らしい作家の仕事ぶりに感激し、、実に有意義な東京出張であった。

追記:羽田空港でも少し時間があったので軽い食事をとった。ANAの60番ゲート横にあるうどん屋さんのうどんはなかなか美味し。ちゃんと小麦粉の味がした。

posted by Yas at 21:19| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

武蔵は酒を飲めなかった

 いま、羽田空港ロビー。横糸研究会は今日の昼前に終わった。相変わらず、参加された先生方の研究レベルの高さに圧倒された。しかし圧倒されてばかりもいられない。われわれの仕事も「病原体の細胞内動態」という研究会のテーマにそったかたちで紹介させていただいた。ちょっと盛りだくさんすぎたかも、、時間内にトークを終えることはできたが、なんせダイジェスト版で切り込んだので聞いていた方には物足りなかったかもしれない。われわれも仕事やってますよ、、という程度の印象は持ってもらえただろうと思う。

 昨晩は、白金台のトラットリアでの懇親会のあと笹川先生に目黒の外人バーに連れて行ってもらった。そのときのメンバーは、京大ウイルス研の小柳先生、東大医科研の川口寧さん、三室さん、河岡研の野田さん、北里生命研の森川さん、東大野本研の松田さん、帯広畜産大の西川さん、微研の朝長(トモ)さん、、、、ん〜、あとは思い出せん。あのお店に居た先生、名前が抜けていたらすみません。
 んで、軽い二日酔い状態で頑張って話したが、そのあとに三室さんに「先生の発表の最中、なんだかお酒の匂いが周囲にしてたような、、」といわれた。そんな飲んでないやろ!、、、と思うけどなぁ、、。

 まぁとにかく、会議は終わった。それで予約の飛行機まで少し時間があったのでその足で上野の森美術館の「井上雄彦ー最後のマンガ展ー」へ。

musashi.jpg

 井上雄彦さんは、今の漫画家のなかではずば抜けて精緻でかつ迫力のある画を書ける作家である。
ーーーー搭乗が始まったのでまたあとでーーーーー

posted by Yas at 15:45| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

東京に着いたら田町で飲みます

 いま、伊丹空港。

 明朝から東京で班会議がある。文部科学省科学研究補助金特定領域研究「感染現象のマトリックス」の横糸会議だ。横糸会議とは、寄生体の種類を縦糸に、感染現象を横糸にした「感染現象の『マトリックス』」の横糸をさす。先月の鎌倉の横糸研究会は「病原体トロピズム」、明日からは「病原体の細胞内動態」というテーマの研究会が行われる。

 いろいろと多くの班会議があって忙しいといえば忙しいが、高額の研究費をいただいているのだ。そんな立場の研究者はベストを尽くすべきだと思う。数多い班会議の出席などはなんてことはない。
 研究者のベストとは何か? いい研究成果を出すことか? 成果が出るかどうかはある意味で運次第のような部分もある。思ったような成果がでないとしてもそれは仕方がない。しかし、科学的に納得のいく作業仮説をたて、それでたとえネガティブデータしか得られなかったとしてもその考察を科学的にこなして次のステップに移ることができれば、それは科学者としてベストを尽くした、ということになるのではないか。

 「上げ底」や「張りぼて」の見せかけの成果で取り繕ってはいけない。

今さら書くのもバカらしいが、ちょっとそんなことを思うことがあった。空港のロビーで思ったまま書いたので稚拙な表現になった。すまん。
posted by Yas at 16:36| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

SPDペダル

 自転車通勤を始めて7年目。最近は「いかにカッコよく走るか?」ということをテーマにしている。そのために今年から、カーゴパンツやらドライテックポロシャツやら、メッセンジャーバッグやらを買いそろえてきた。んでさらにカッチョいい走りを目指して、先週から自転車にビンディングペダルをつけている。


SPD.jpg こんなやつ。シマノ製だとSPD(Simano Pedaling Dynamics)という名前で呼ばれている。このSPDペダルにSPDシューズを使って足をペダルに固定させ、踏み足も引き足も動力として使おうという企画ものである。


 使ってみた感想。これを使うと速くなる、というよりもトルクがあがる感じがする。SPDを使っていないときに比べると、同じ負荷で一段か二段ハイギアで走行することができる。自転車通勤の同じコース、同じ距離を走っても疲労が少ないような気がする(気分だけかもしれんが)。

 慣れないうちはビンディングペダルのことをすぐに忘れて自転車を止めるときに足がペダルから離れずにそのままコケてしまう、いわゆる立ちゴケをすると云われているが、ここまでコケることなくやってこれた。

 ところが今日。走り出していくつかの信号でも無事に停車・発進を繰り返したあと、割れたガラスが散乱した路面を走った。見ると前輪にいくつかガラス破片がくっついてキラキラ光っている。「うわっ、このまま走ったらパンクする」と思って、車通りのないところに入ったところで急停車、、、、。あ、足が外れんがなっ、、、と思ったときにはコケていた。

 人は、ちょっと慣れたときにミスをする。それまでとは別の要因が絡んだときにミスをする。という巷でよく云われていることを実践したような立ちゴケじゃった。

 周りに誰もいなかったが、「たはは」と照れ笑いをしながらポテッとこけ、それから落ち着いた振りをして起き上がり、ムダに真剣な顔をしてタイヤに付いたガラス片を全部取り除いて、そのあと膝から流血しながら大学まで走り続けた。

、、、、「いかにカッコよく走るか?」が最近のテーマである、、、。
posted by Yas at 21:20| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

竹田の子守唄

  最近、このブログで読書報告をしていない。

 これにはわけがある。「ローマ人の物語」 だ。昨年3月からチロチロと読み始めて一年ちょっと、やっと24巻までやってきた。その間、他の本をほとんど読んでいない。「ローマ人の物語」を早く読み通そう、という思いがあってなかなか他の本に手が出ないのだ。 あかんがなぁ〜、、。この本、文庫本では今のところ31巻まで刊行されているが、それが最終巻ではない。まだまだ先は長いのに、、、。

 「ローマ人の物語」は面白い。ローマの歴史自体が実に興味深いし、著者の塩野七生さんの逐一のコメントも含蓄があって興趣をそそる。でも、時間の合間にチョロチョロ読むにはちょっと内容が重厚なので、徐々に読むスピードが遅くなり、いまや牛歩の歩みに苦しんでいる。さらに、先に書いたように「読まなあかん」という妙な強迫観念に苛まされるまでになって読書量が全般に減ってしまった。

 そんななか、久しぶりに(劇画や雑誌以外で)他の本を読んだ。「放送禁止歌(森達也)」と「竹田の子守唄ー名曲に隠された真実ー(藤田正)」である。

 少し前に、「竹田の子守唄」は放送禁止歌だったという話をひょんなことで耳にした。関西出身のフォークグループ「赤い鳥」が歌って大ヒットし、私らの世代では音楽の教科書にも掲載されていた「竹田の子守唄」がどうして放送禁止歌なのか? と不思議に思ってこの二冊をアマゾンでポチッとして手に入れた。

 ドキュメンタリー、というジャンルに入るこの手の書物にしては作者の思い入れが前面に出て少々疲れるところもあるが、両書ともなかなかの力作である。読んでみて驚いた。いわゆる「放送禁止歌」というのはしかるべき組織が決めるのではなくて、結果として放送を差し控えられた曲、ということなのだそうだ。

 日本民間放送連盟(民放連)が「要注意歌謡曲一覧」という、いわば「放送する時は気をつけてね」という程度のガイドラインを作成する。しかしこのガイドラインには拘束力も罰則も何もない。あくまで放送局の自主判断だ。そして、いわゆる要注意歌謡曲に指定されるまでこれらの曲を放送していた放送局にクレームがあった、というわけでもない。ただ、「要注意歌謡曲一覧」にリストアップされたというだけの理由で、民放連に加盟する放送局は該当曲の放送を自主規制した、ということだ。「放送禁止歌」というものを指定するおかみの組織は存在しないのだ。深く検討されたわけでもない漠然とした先読みで、放送なり公開なりを自粛すると云う。このあたり、映画「靖国YASUKUNI」の公開を映画館が自主規制した最近の話とよく似ている。
 そして、その「要注意歌謡曲一覧」というのは1983年を最後に更新もされていない。

 「竹田の子守唄」をはじめ岡林信康の「手紙」や「チューリップのアップリケ」、有名なところではフォーククルセダースの「イムジン河」など。最近悔しい思いをしているところでは吉田拓郎の「ペニーレインでバーボン」(この曲も今は手に入らないし、今後も原曲のまま放送されることはなさそうだ)、こういった曲は実はそんな理由で私たちから取り上げられていたのだった。そういうことを知って愕然とした。

 ふ〜ん、そうやったんや、と、ちょっとびっくりしたい方。読んでみてもいいかも、、。


 追記:「竹田の子守唄」がなぜ放送禁止歌扱いになったのか、? この理由は根が深そうなので、さすがにここでちょっと書くというわけにはいかない。気になる方は本書を読んでくださいな。
posted by Yas at 21:33| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

核は赤色!

 来週は科研費・特定領域研究「感染マトリックス」の小班会議がある。今日はそのためのスライドを Keynote で作成した。

 研究内容をよく理解してもらうためには、問題点や結論を俯瞰するためのイラストが効果的だ。そこで、毒素の作用過程を説明するための細胞のイラストを作る。ふっふっふ、、工夫を凝らした色使いの素ン晴らしいイラストができたぜっ、と安倍っチに見せると「、、、どうして核が赤色なんですか?」と私に聞く。

 なにぃ〜? 細胞核は赤色やろ!?

「、、、そうですか?」と安倍っちは冷静だ。 

 細胞核は赤やろ?、、細胞質は水色でミトコンドリアは黄色やがな。んで、アクチンファイバーも赤で、マイクロチューブルは緑。細胞膜はちょっと淡い茶色か黒だ。エンドゾームは白か淡い水色。酸性化したエンドゾームはオレンジ色。、、、、そんなん、決まっとるがな、、。、、?、、決まってない? みんな、どうよ?
posted by Yas at 21:59| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

Southern All Stars

 5月19日にSouthern All Stars (SAS) が無期限活動休止を発表した。SASは私の大好きなバンドである(後で書くように、このことは、私の古い友人たちの間では有名な話である)。

 私は「やっぱりね」という気持ちで、彼らの活動休止をあまり驚いていない。彼らの活動休止は過去にも4度あったらしいが、私が覚えているのはアルバム「KAMAKURA」のあとの活動休止だ。「KAMAKURA」は名盤としてつとに知られるアルバムだが、私には何となく桑田さんのやる気のなさというか、もがきというか、そういうものが感じられた。
 最近(といっても2〜3年前か?)のアルバム「キラーストリート」でもそんな雰囲気があった。活動休止もやむなし、と私は思う。活動休止しても桑田佳祐や他のメンバーがいなくなるわけでもなし、、、、、今後の活動を期待しております。

 30年ほど前、「なんか知らんが、ピンクレディーの「渚のシンドバッド」のパロディを歌ってるバンドがあるみたいやぞ」という私の兄の言葉がSASに触れる最初のキッカケだった。聞いてみると何を歌ってるやらさっぱりわからん。しかしそれは、やがてパロディ曲でもなんでもない、ちゃんとした楽曲であることが判明する。そして、その曲「勝手にシンドバット」を収録したデビューアルバム「熱い胸さわぎ」を聞いて、めちゃくちゃショックを受けた。このアルバムは私にとって今でも邦楽アルバム No.1 である。

 SASがコミックバンドと思われていた当時、彼らに熱狂する私は、「アイツは趣味がおかしい」と周囲から変人扱いを受けたものだった。その後にリリースされた「10ナンバーズからっと」「タイニーバブルス」で彼らがロックバンドとして完全に認知されたころ、「サザンのアルバムはホリグチから借りて、録音すれば良い」と友人たちに公言された。

 その当時私は二十歳になったばかり。今や50歳は目前だ。桑田さんも52歳になったそうな、。桑田さんは、吉田拓郎さんや井上陽水さんのような年上の世代の人たちよりももっと「身近で突っ走ってる」感のある、私のアイドルである。、、、これからもよろしくお世話になります。


追記;それにしても、Seesaa 版 Yas's Green Recipes が始まってログ四つ。すべて「非科学的日常」の話題になってしまった。「この人(って私のことだが)、ほんとに仕事してんのやろか?」と思われてるかな、、。、、、まぁええか。
posted by Yas at 22:40| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

四川大地震

 四川大地震から一週間。

 私自身、阪神大震災を大阪と神戸のほぼ中間に位置する伊丹で経験したが、この四川大地震は阪神大震災とは少し規模が違うようだ。震源となった断層の長さは2倍から5倍ほど長いという。例えば阪神大震災では神戸から20 km ほど離れた大阪では地震の影響がほとんどなくて通常の生活ができた。だが、この四川大地震だと 200 km ほど移動しないと震災の影響のなかった地域にたどりつく事ができないという。200 km というと大阪から見ると西へは尾道あたりまで、東は浜松あたりまで行かないと震災の影響から逃れられないことになる。そこまでの地域は全部被災地だ。そうやって考えるとこの大地震がとんでもない規模であることが実感できる。

 20日現在の報道では、死者4万75人、行方不明者3万2361人。
被災者の方は、どこへ行っても逃げられない、惨状をさらした閉塞した環境のなかで苦しい思いをされているに違いない。昨日、微研のロビーでは中国人留学生の人たちが中心になって募金活動をされていた。被災者の方にはさまざまな支援の手が届くことを祈りたい。

 それにしても、、阪神大震災の時もそうだったが、、、地震直後から「同規模の地震が東京(関東)で起こった場合どうなるか」というような企画を繰り返すニュースワイドショーの無神経さ(とあえて云う)は、どうか?

 
 
posted by Yas at 22:01| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

微研ソフトボール大会

 昨日は、微研ソフトボール大会があった。この大会では基本的に研究室単位でチームを編成して予選リーグと決勝トーナメントを争う事になるのだが、わが分子細菌学分野は慢性的にメンバーが少ないのでここ何年もチームを単独で編成できない。というか、私が研究員で入った頃からずっと今まで、単独チームで出場した事がない。そこでここ数年は、菊谷研、目加田研、中央実験室の有志が参加してくれて混成チームを結成し、なんとか出場しているという有様だ。

 場所は吹田キャンパス近くの万博公園スポーツ広場。サッカーJ1のガンバ大阪の練習フィールドがすぐ横にある。ここで繰り広げられるソフトボールはなかなか面白い。全くのサイエンス抜きで微研の構成員が一堂に会するのはこの大会の時だけである。朝から午後3時過ぎまで、熱戦が繰り広げられる。

 我が混成チーム「火の玉ストレンジャーズ」は準決勝で木下タロウ監督兼選手の率いる「Pigs」にサヨナラ負け。まぁ今の力なら仕方ない。仕方ないがちょっと悔しい。だいたい練習もせずにいきなり試合をやるから無理もないのだ。来年は早くから練習すべし、、。と、毎年のように反省するが「早くから練習」した試しはない。だいたいそんなもんだ。

 大会後、残念会と称して研究室で飲んでいたら、岡田雅人教授も「大会前にはせめて体を動かしておきたいねぇ」と同じようなことを言う。そこで、近いうちに(なんで近いうちなのかわからんが)練習試合をする事にした。そうそう、研究もソフトボールも日頃の精進が大事なのだ、、。

、、、、それにしてもホンマにやるんやろか?、、、練習試合、、
posted by Yas at 21:02| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

ついに断念。そしてお引っ越し

 ようこそお出でなました。"Yas's Green Recipes" のSeesaa Blog 版です。

 今まで、iBlogという Mac 専用アプリケーションを使って端末上でサイトを構築してサーバーにアップロードする、という作業でブログを更新してきたのだが、どうやらその iBlog にも限界が近づいてきたようだ。

 サイト内のあっちこっちでリンクの不具合ができる。時としてサーバーにアップロードできなくなる。さらに、iBlog のサプライヤーの Web site が先週あたりから閉鎖されている様子。イヤな予感、、、。

 という事で急遽このSeeSaa Blog でアカウントを取得してとりあえず試験的に "Yas's Green Recipes" Seesaa Blog 版をスタートさせてみる事にした。Seesaa を選んだのはブログエントリのファイルをエクスポート/インポートができるのが気に入ったから。ブログの内容はあくまで私のもの。いつでも持ち出し可能なのが当然だと思う。けど、そんなブログサイトはそれほど多くないのだ。

 しばらく、iBlog 版とSeesaa Blog 版の"Yas's Green Recipes"を並行させて運営することにする。両方を同時に更新させるほどヒマがあるかどうか、、は、まぁやりながら考えるという事で、、、。
posted by Yas at 21:35| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする