2008年04月10日

You've Got Mail

 この春から、仕事のペースというか配分というか、それを少し変えようと思っている。以前にも同じような事を書いたが、自分の研究に注力できるような環境を整えるためだ。「研究にある程度集中して成果を上げる事ができた」と満足したいし、あるいは「研究にある程度集中しても大した成果を挙げられなかった、自分には才能はないようだ」と納得したいからだ。

 ということで、一日のスケジュールを整理するようにした結果、自分の仕事の為にいくらかの時間を毎日なんとか割く事ができるようになってきた。そんななかでの目下の敵は、電子メールである。

 われわれの仕事に関わる情報の伝達速度は電子メールの登場で著しく加速した。しかし、人間の情報処理能力が速くなったわけではない。いきおい、届いたメールの返事や対応に追われることになる。事務関係のメールは斜め読み。知り合いからのメールの返事も億劫に感じてしまう。これをどうしようか? といろいろと考えている。

 以前、当研究所の岡部勝先生のメールの末尾には「メールは一日一開」というスローガンが掲げられていた。あのスローガン、岡部先生はほんとに実行されていたのだろうか? 私の場合、「一日一開」は無理でも「一日の決まった時間にしか返事メールを書かない(長ったらしくてすまん)」というのを心がけてみることにする。

 ここんとこホリグチからメールの返事が来ない、遅い、と思われている方、そういう事情ですのでご容赦くださいませ。

 
posted by Yas at 22:56| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする