2008年04月04日

MacBook Air 、結論。それと、、

 MacBook Air 、、あるデバイスをコントロールするためのアプリケーションをインストールしようとした。そのためにはインストールされるデバイスとインストールするCDの入った光学ドライブが同時につながっている必要がある。が、この機械にはUSB端子がひとつしかない。リモートディスクを試してみたが、あいにくこのアプリケーションは Windows 用で、本体がWindows で起動されている時にはリモートディスクはどうやら使えないようだ(そうじゃない、という人がいたら教えてチョ)。んで、断念。今日一日の結論として、MacBook Air は私の使用目的には合っていない、ということになった。研究室で使っているディスクトップの環境を持ち歩いてバシバシ使いたい私には MacBook Pro が必要みたい、、、、。私にとっては MacBook Air は中途半端な製品である。昨日は「頑張って使い倒してみる」と言ったが、一日で撤回させていただく。でもすぐ代わりという訳にはいかんしなぁ、、。

 閑話休題。

 今週水曜日は研究室の(久しぶりの)プログレスセミナー、約3時間。木曜日にはスタッフミーティングをやった。約2時間。研究室にとって新顔の大きい安倍ちゃん(もとい、ひろゆき)を交えての初めてのミーティングだ。やっぱり仕事の話は楽しい。各プロジェクトの進捗状況を整理し、未着手のテーマ、論文手前まで来ているテーマ、可能性のありそうな将来のテーマ、現時点では絵空事のテーマなどを並べて、それぞれに対する今後の方針を検討する。こうしてディスカッションする中で、スタッフそれぞれの性格やら考え方やらが透けて見えてきたりする。そんなみんなの姿を見ながら「よし!今年度からは研究以外の仕事やら雑用やらを思い切り減らして、自分の研究の事を考える時間を絶対増やすぜ!」と、なぜか東京弁で誓う。

 いや、ほんと。

 ちょっとこれから数年間、ちょっとホントになんとかします。
posted by Yas at 23:06| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする