2008年03月31日

三宅真実

すでにご承知の方も多いと思うが、当研究室の准教授だったマミちゃんこと三宅真実先生が4月1日付けで大阪府立大学大学院・生命環境科学研究科に教授として赴任する。先週の細菌学会総会が終わってから、忙しく引っ越しの準備をしていた彼だが、27日に大方のものを運び出し、この土日でナマのサンプルなどを整理して今日は微研最後の休暇を取っている。だからもうこの研究室に出勤してくる事はない。

 
 3月21日には、研究室のお好み焼きパーティーでお祝い & 歓送会。
シャンパン開けて、、、、どっひゃ〜

 彼がこの研究室にやってきたのは2002年の4月だったと思う。今が2008年だから丁度6年間、ここで仕事をしてくれた事になる。決して順調に運営されていたとは言えない、いや、あっちこっちに問題を抱えていたと言っていい状態の研究室で、彼は実に丹念に辛抱強くマネージメントをしてくれた。いま曲がりなりにもなんとか研究室の仕事が動き出しているのも、彼の努力よるところが大きいと私は思っている。マミちゃん、ありがとう!

 研究面では、私の研究室の中にあっても彼の独自色を出してもらうために、私のプロジェクトの中には本来無かった腸管病原性大腸菌のテーマをやってもらう事にした。まだまだ途中だが、その成果は先日の細菌学会総会シンポジウムでの彼の発表の通りである。このテーマはそのまま彼に大阪府大に持っていってもらう。だから、この研究の成果が阪大微研の私の研究室から発信される事はもうない。

 彼は大阪府大の私の一年下のクラスにいた。年齢もひとつ違うだけだ。私は学部、修士課程、博士課程とそのまま同じ研究室で過ごして修了し、彼は修士を出たあと微研の当時の細菌血清学分野(三輪谷教授)の博士課程(つまり医学系研究科)に進学した。府立大学の研究室にいた頃は、お互いこういった立場で一緒に協力して仕事をするとは思わなかった。知り合って多分26~27年になると思う。そのうちのたったの6年間だったけれど、お互いの人生のターニングポイントの前後で濃密な時期を過ごしたと思う。マミちゃん、元気でがんばってな。

img-312183513-0001.jpg

 25~6 年前、やっぱり酒を飲んでいた。






追記:「マミは若い頃、酔っ払うと他人を説教した挙げ句に殴りつける」という関係者のあいだで有名な噂を流したのは私です、、、その真偽は、、いやいや、いまはともかく彼は紳士です。
posted by Yas at 19:39| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

Mac Book Air 超第一印象

 Mac Book Air の "Air" は「空気のように軽い」という意味だと勝手に思っていたが、どうやら違うようだ。
ワイヤレスネットワーク(つまり Air Mac)の利用を前提とした Mac Book ということらしい。

 高速ライン端子で、Mac では以前は当たり前に使用されていたFire Wire はこの機種にはない。だから以前の Mac から設定その他の環境を新しい Mac Book Air に移すのはワイヤレスネットワーク経由が中心となる。現行の機種ならそれなりに転送速度が速いのでそれほどでもないのかもしれないが、5年以上前の iBook のワイヤレスカードの転送速度はかなり遅い。データの転送速度は遅い方に依存するので、iBook から Mac Book Air への「移行ユーティリティー」を使っての環境の移行には相当な時間がかかる(私の場合は15時間ほどかかるようだった)。それで、ユーティリティーを使っての環境設定の移行はあきらめて、すぐに必要なものだけを手動で設定し直してなんとか事無きを得た。むかし、フロッピードライブを搭載しなくなったiMac に旧機から設定を移行するのに苦労したのを思い出した。あのときの煩わしさと、今回のそれとは似ている。

 「最初の設定が煩わしくてもいいじゃん。Mac Book Air でしょ。薄いし軽いし、話題のかっこいいスタイルだし、、」と思われるかもしれない。次回(いつになるかわからんが)はその点について、私の「超第一印象2」をレポートする。

posted by Yas at 22:57| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

KYOTO、それから、、、

 今週は日曜日から細菌学会総会関連で忙しく過ごした。昼も、夜もね。

 総会は京都国際会議場で開催された。初日の理事会+評議員会から楽日の水曜日まで四日間、昼は学会場でバタバタ。夜は木屋町でお酒を飲みながらバタバタ。午前1時頃に就寝して6時過ぎに目覚める。んで9時からのシンポジウムのスタートにあわせて会議場に通った。もうフラフラ、、。
 疲れたけれど、でもシンポジウムもワークショップも面白かった。手前味噌だが細菌学会のシンポジウム・ワークショップ企画調整委員会(私は委員長を仰せつかっている)の活動がうまくいった感じで良かったと思う。植物細菌、細胞内寄生細菌、寄生体と宿主の相互認識機構、細菌因子の構造生物学、よかったよ〜、、。その他のセッションも出席できなかったのが残念。

 それで昨日の木曜日。学会シンポジウムの招待演者だったトロントの Dr. John Brumell が微研にやってきてセミナーをしてくれた。基本的には学会中のシンポジウムと講演内容は同じだったが、時間にゆとりがあったのでいろいろと彼と話をすることができてこれも面白かった。夜は目加田先生、吉森先生、John、と私で北新地で食事。
 Dr. Feng Shao もそうだったが、この John Brumell ともなんだか話が合う。彼はポスドクとして過ごしたカナダUBCの Dr. Brett Finlay の研究室で阿部ちゃんと一緒だったので、お互い共通の友人である阿部ちゃんの話題でもまた弾んだ盛り上がった(阿部ちゃん、噂話したで)。若い頃はバスケットをやっていて、自転車の趣味があるという点は私と同じだ。

 ということで5日間連続で夜は飲み回っていたことになる。さすがに今日は疲れた。でも締め切りのある仕事をすべて今日中にこなす。来週からは余裕を持ってきっと仕事ができることになると思う。来週から、四月。いずれ書くが、研究室のメンバーも変わる。

 そうそう、それから Mac Book Air 君が届いた。iWorkをインストールし、.Mac を利用してアドレス帳やSafari のブックマーク、iCal の情報などを同期する。あとは来週からゆっくり設定することにした。今日夕方から今までの間でもいくつか気づいたことがあるが、それも別の機会に、、。とりあえず iBlog の内容をなんとか iBook から移植して、それでこのエントリを更新している。これからは更新頻度が回復すると思います。お待たせ、、(待ってないですか? そうッスか? そりゃ失礼)
posted by Yas at 22:52| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

続 近況報告

 借り物の iBook を使っているせいか、更新がやはり滞る。すまん。

 報告しないといけないことやら、書きたい話題がないわけではない。一時しのぎでセットアップした端末では、なんか執筆意欲が湧かんのだ。そんなたいそうな事も書いてないんですけどね。とりあえず近況報告。

 注文したMac Book Air は再来週に届く予定。その前に、研究室で使っているMac G5 (タワータイプのやつ)のOSをついにLeopard にヴァージョンアップした。んで、そのせいか調子が良くなくて、ちょっと様子見の状態になっている。液晶を壊したPowerBook "12 は修理に出した。ネットで調べた修理先で見積もりは2万5千円ほど。ところが先日メールが届いて「バックライトもつかなくなっています。バックライトに問題があるのか、インバータに問題があるのか調べないと修理できません。バックライト修理だとさらに1万円増し、インバータ修理だとさらにウン万円かかります。筐体をあけてチェックしてあらためて見積もりをお届けします」とのこと。ということで、私のコンピュータ環境はどれもこれも中途半端な状態が続いている。

 あさってから細菌学会総会が京都で開催される。明日はそれにあわせた理事会と評議員会がある。6年お勤めした理事だったがいよいよ最後の年、最後の総会である。やっとここまで来た、もうすぐお役御免じゃ。

 来年度から、また少し研究室の様子が変わる。それにあわせて何年か前から温めていた新プロジェクトをスタートさせるつもり。そんなこんなの話題を再来週からお届けします。再来週からね、、、。

 
posted by Yas at 22:04| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

あこがれの、、、

 ユニクロが少年マガジン・サンデーの創刊50周年を記念して、雑誌社とのコラボで、これまでの連載漫画のプリントTシャツを販売する。毎週新タイトルの製品を発売とか、、。んで、明日の19日はその第一回の発売である。今回発売されるのは、「巨人の星」「らんま1/2」「パトレイバー」「タッチ」「ゲゲゲの鬼太郎」「名探偵コナン」「うる星やつら」「タイガーマスク」など、、。

 むかし、中高生の頃、私はそんなTシャツが欲しくて絵の具に糊をまぜて塗料を作り、トレーシングペーパーを使ってお気に入りの漫画のスナップを無地のTシャツに写してよく着ていたものだ。ちなみに私は「めぞん一刻」のマグカップを20年以上使っている(ふたつ持っていてひとつは研究室にある。ウチに来たら見せたげるよ)。白状するが、お気に入りの漫画キャラクターものには弱いのだ。

 ん〜、「巨人の星」か、、。ん〜、か、買うかも、、。5枚くらい。「タッチ」も2枚くらい。「ゲゲゲの鬼太郎」もコレクションとしてはいいかも、、。
このあと「明日のジョー」のTシャツなんぞが出たら10枚くらい買っちゃうかも、、。あ、あかん、、よ、抑制がきかん。
posted by Yas at 22:33| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

4パーセント

 この商売をしていて、前から気になっていたことがあった。

「先生の研究室に入りたいのですが、、」と送られてくる大学院受験の問い合わせメール。
「○○学部出身の場合は××研究科を受験して合格すれば、当研究室配属が可能です。△△学部の場合は□□先生に相談すれば何とかなるかもしれません」とそれなりにいろいろ考えて返事をしても、そのあとナシのツブテになることがある。そういった問い合わせメールの半分、とまではいかないけれどかなりの割合で返事をもらえない。こういう学生さんたちは、いったいどういう了見なのでありましょうか? と思っていた。

 そんなところで今日、たまたまあるウェブサイトで、ある民間中小企業の人事担当の方が書き込んだ記事を読んだ。この方の会社は従業員80名程度、いわゆるIT関係の業種のようだ。人材の確保に苦労されているという。
例えば新規採用の募集をかけるとする。それに応募する履歴書が送られてくる。そのうちの4割が採用用件を満たしていない。5割が面接日程などの調整をしようにも初めから連絡が取れない。残り1割。その1割の候補者の面接日程を決めても、当日に事前連絡なしに欠席する者が5割。連絡してキャンセルする者が1割。つまり、何もしなくても応募者の96%が勝手に脱落していく。
 ということは、面接当日まで残る応募者は無条件で4%。そうなると面接の絶対数を確保するために、募集時の採用基準は限りなく低くなっていくらしい。それでも、採用者無しになることが多いという。

 連絡とれないとか、無断欠席とか、、。世間がそんな風になってしまってるということ? さみしいなぁ。

 やり取りする電話やメールの向こう側には、あなたのために時間や労力を費やす生身の人間や組織があるのだよ。心当たりのある人はそんな風に考えてみて欲しい。

posted by Yas at 23:22| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

卒業

 昨日は娘の卒業式だった。日頃は、娘の学校行事に参加することのない私もこの日ばかりは保護者席に並ぶ。

 一時間ほどの式である。そのあいだ、じっと我慢することができない生徒がたくさんいるのが養護学校だ。運動会でもそうだったが、こういった行事をつつがなく進めるための先生方の工夫と努力には頭が下がる。簡素だが無味乾燥ではない、良い卒業式だった。

 娘は4月から小規模作業所で働くことになる。娘に関しては何でも楽しんで考えることに決めた私としては、これから彼女がどんな刺激を受けることになるのか興味津々である。私の結論は決まっている。「キミが楽しんでくれれば、とりあえず何でもいい」 のだ。、、頑張ってくれ。

 卒業式の最後のプログラムは卒業生合唱。タイトルは「With your smile」だった。以前にも書いた が、養護学校*の先生方も私と同じ思いなのだとやっぱり思った。

*追記:「養護学校」という名は、知らない間に「特別支援学校」に改称されていた。従前のイメージを改めたいということなのか、でも「養護」という言葉の方が簡潔かつ正確にこうした学校のあるべき性格を表していると思う。
posted by Yas at 23:02| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

近況報告あれこれ

  PowerBook "12 の液晶を壊して以来、やはり予想通りにiBook での本ブログの更新頻度が落ちた。この iBook は4年以上前の代物でPowerPC G3 で駆動している。現行の iPhoto などの iLife アプリはG4以上が必須なのでこの iBook にはインストールできない。iPhoto がないので写真をストックできないでいる。ここのところのエントリに写真が挿入されていないのはそのせいである。ハードディスクは 20 Gバイトしかないので、やはりあくまで仮住まいの印象は拭えず、自宅ではいろんな作業ができないでいる。これはかなりのストレスになる。

 今週〆切の原稿執筆の進捗状況ははかばかしくない。実は、担当したテーマでレビューを執筆するためにあらためて関係の文献をいろいろあさった結果、この領域の研究には致命的な問題があることに気がついたのである(これはある意味では、自分の研究展開のチャンスともいえるのだけど、、)。筆が進まない、というよりは愕然として「どうしたものか」と立ち止まっているのに等しい。でもあと3〜4日後に〆切日はやってくる。ん〜、、大丈夫。きっと明日明後日には、私に神が宿って怒濤のごとく筆が進むに違いない。ふむ。そうに決まっているのだ。きっと3日後には知らず知らずのうちに脱稿しているに違いない。

 まるまる一ヶ月ほど苦しめられた風邪はようやく治まってきた感じ。んで、今朝は久しぶりに自転車通勤をした。ところが今は花粉症の季節だ。この季節に自転車で走るのは、街中で舞っている花粉をはぁはぁと呼吸をしながら吸込みに行っているのに等しい。くしゃみをし、鼻水を飛ばし、涙目で走る。まったく、健康的なのやら不健康なのやら、、、。

 あ、そうそう。MacBook Air を注文した。今度は Windows もインストールしてみようと思っている。ちょっと必要な理由ができたのと、やっぱり何事も経験のため。

 今月末の細菌学会まで、ここんとこでは珍しく出張予定が何もない。なんか嬉しい。この機会に久しぶりにいろいろと勉強したいと思っている。

以下は私信ーーーーーーーーー
 一平君。お○ざき君から聞いたで。なんか、おめでたいことがあるんちゃうん? 
近況報告せなアカンがな。

ーーーーーーー私信終了、、、、微研の楽屋話ですまん。

posted by Yas at 23:07| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

ホッとする話

 今日、読んだ話。

 国連事務次長だった明石康さんは
「国連での使用言語は何ですか?」と質問されて
「Broken English」と思わず答えたそうだ。

 なんかホッとしません?

 実際に国連内では各国の外交官たちのお国なまりたっぷりのbroken English が飛び交っている、とそのコラムはいう。そして、「どんな英語を話すのかは重要ではない、何を話すかが重要なのだ」とお決まりの文句で結ばれている。

 最後はよく聞くお決まりの文句だが、それでも「国連でも broken English」という話はなかなかインパクトがある。

そうかぁ、国連でも「broken English」かぁ、、。

 いやぁ、なんかホッとした。、、、Broken の程度もあると思うけどね。
posted by Yas at 22:34| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

邵 峰

 昨日、北京生命科学研究所のDr. Feng Shao が微研を訪ねてきてくれた。彼はエルシニアの YopT の作用機序解析でPNAS, Pseudomonas のAvrPphB の作用解析で PNAS や Science、Shigella のOspF の作用と構造で Science や Molecular Cell に論文を発表した猛者だ。とくに OspF が phosphothreonine lyase という世界でこれまで知られていなかった、全く新しい酵素活性を持つ病原因子であることを発見した彼の Science の仕事は圧巻である。

 今回、彼は筑波にある放射光施設のPhoton Factory で実験をするために来日したらしい。と、いうことは何かの新しい結晶の構造解析をしていたわけだ。どんな結晶タンパク質の解析をしていたのか彼は教えてくれたが、とりあえず進行中の仕事ということでそれはここには書かないでおく。
 サンプルのやり取りをしたことがあった飯田哲也先生に「せっかく来日するので、感染症研究で有名な微研を訪問したい」とメールを送ってきたらしい。それで今回の訪問となった。光栄なことに、彼が「会いたい」と指名してきた研究者の中に私の名前もあった、とのことだ。ありがたや、ありがたや。

 この日、午前中は日本細菌学会のシンポジウム企画委員会の会議を微研で開催した。それに出席するために来阪した阿部ちゃんも交えて Dr. Shao と一緒に昼食。そのあと、彼にセミナーをお願いした。
  YopT, AvrPphB, OspFの解析の仕事を流れるように紹介する彼の話を聞いて、「この人の研究アプローチのやり方はずいぶんと私と似ている」と感じた。もっとも、業績の方はかなり水をあけられているが、、。機能性分子の粋のような細菌病原因子の作用機構を分子レベルで理解したい、という気持ちがヒシヒシと伝わる講演だった。彼がもし、私と同じ年代であったなら、きっと細菌毒素を研究のテーマに選んだに違いない。

 それで思い出した。先日のCOE国際シンポでの私の話を聴いた目加田先生が、「ホリグチ君の講演を聴いていると、キミは生化学が好きなんや、ということがよくわかるわ」とおっしゃっていた。本人には自分の講演のどの辺りでそんな印象を与えるのかちっともわからなかったのだが、それが、 Dr. Shao の講演を聴いて「この人は生化学が好きなんや」と、今度は自分が他人に対して同じ印象を持った。なるほどそうか、そういうことなんか。うん、確かに私も生化学が好きなようだ、ということを彼の講演で確認できた。その意味でも彼の講演は為になった。

 Dr. Shao は35歳。その夜にお酒を飲みながら、毛沢東と周恩来の違いについて、あるいはケ小平について、水滸伝のこと、三国志のこと、紅楼夢のこと、研究のこと、いろんな話題を楽しんだ。博識多才、信念あり。んで、勉強熱心。なかなかの人物であった。

 彼の名前、Feng Shao は漢字で「邵 (Shao) 峰 (Feng) 」と書く。
ファーストネームの「峰」は中国でも日本と同じ「Peak」という意味のようだ。
 彼にはぴったりの名前だと思った。
posted by Yas at 21:59| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

絶不調

 先々週に引いていた風邪を今週また引き戻した。おかげで、自転車通勤ができん。

 絶不調。

 咳が出るし鼻が詰まる。なかなか仕事に集中できない。壊れた PowerBook の代わりに使っている iBook は5年ほど前の代物で、HDは 20 G バイトしかないので自由に以前の環境を復元することができない。

 おまけに依頼された原稿の締め切りが来週に迫っているのに、まだ一文字も書けていない。

 ピンチ。

 こういうときは、ポジティブシンキングに限る。
来週になると私は風邪から回復して、また自転車通勤ができるようになるほど元気になる。んで、信じられないほどのペースで原稿が仕上がって、きっと〆切に間に合うのだ。そして暖かくなって、桜が咲いて春がやってくる、、。

 そしてついに、壊れた PowerBook の代わりに MacBook Air が、、私のもとにやってくれば、、、いいよなぁ。

 ん〜、、やっぱ注文するかぁ! MacBook Air !  春やし、、、、、。
posted by Yas at 23:00| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする