2007年12月25日

We wish you a Merry X'mas、、、やけどもや、、

世は毎度お馴染みのクリスマスである。自転車通勤強化キャンペーン中の私は、街並みのあちこちで繰り広げられているマイ・クリスマス電飾を否が応でも見せられて少々食傷気味になっている。
なぜにみなさま、電飾で家を飾り付ける必要があるのか、、。そんな折り、今日クリスマスの帰り、自転車で走る私はこんな場面に出くわした。
20071225.jpg
ちょっとわかりにくいね、すまん。

 大学の近くの小野原西というところ、閑静な住宅地がひろがる一角である。この街並みはそもそも、日本の住宅地としてはなんだか浮世離れした風情を醸し出していて、道の広さとか住宅の一区画の面積とかが妙に余裕をかましているのだが、そこに集中してマイ電飾をしているお宅が数軒。そこにクルマで乗り付ける見物人が多数。んで、周辺になだれ込むクルマと縦列駐車したクルマとで、道が渋滞しているのである。

 激しく電飾しているお宅の門扉に群がる人々、子供連れで見物がてら近所を散策する人々、、それで混雑する平日の夜の住宅地、、。電飾している家の人、それを楽しんで(るのであろう)人々には悪いが、、これってどうよ? と思ってしまう。まぁ、平和でほのぼの、の景色なんですけどねぇ、、。
CO2削減、省エネ、とか、そういう文言も頭に浮かぶが、それに加えて、年々エスカレートするマイ電飾の行く先を憂う。実際、自転車で走ってると、同じ家の電飾が毎年どんどん派手になっていくのがわかる。そりゃそうだ、毎年買い足していって、それを全部飾ればいいのだから、、。わざわざ駆けつける見物人がそのエスカレートに拍車をかける。このマイ電飾ブームの行き着く先が読めずに不安になってるのはオレだけ? クリスマスだから、楽しめばいいじゃん、でいいのか? 

 はい、余計なお世話かもしれませんけどね。

posted by Yas at 23:14| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする