2007年07月30日

国民の暮らし第一、みたいですけど、

 昨日、日曜日。午前9時半に参院選の投票に行った。休日の午前中のこと、家の前の街路は人通りも無く静かなのに、投票所に近づくに連れてたくさんの人が同じ方角に向かって行く。投票所前のスペースには自転車がいっぱいで、受付では投票用紙を貰うのに行列ができている。こんなことは初めて。こりゃ、今回の投票率はすごいぞ、と思いながら家に戻る。

 選挙の結果は自民党の惨敗。新聞・TVは惨敗の原因を探るのに熱心で様々な要因を挙げる。でもまぁそれよりも、今回、国民は自民党にちょっとお灸をすえただけなのか?それとも政権交代を求めて投票したのか?という点に私の興味はある。次期総選挙がちょっと楽しみになった。

 安倍さんが総理に就任したときのエントリで私は「取りあえずマイナス材料を並べ立てて批判しても仕方がない、応援する」と書き、でも首相就任会見を「行儀のよい学級委員長のお題目」と率直に印象を書いた。この行儀のよい学級委員長は、事あるごとにその責任は当事者にあると強調し、「なにをしているんだ、と思っている。さっそく善処するように指示をした」というセリフを繰り返す。小中高校の生徒だった頃、こういう学級委員長って確かにいたよなぁ。だいたい例外なく同級生に嫌われていたけれど、、。こういう委員長はたいてい自分の不人気に気づかない。

 そう、それで投票率。実際は過去6番目の低投票率で終わった。あかんがな〜、、
 投票してないヒトタチ、日本の大きな政界再編のキッカケとなるかも知れない選挙に参加しなかった、と云って後で嘆いても、知らんよ。 
 
posted by Yas at 23:17| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする