2007年06月14日

講義


 本日、午前6時半出勤。昨日まで忙しかったので今日の講義の最終チェックができなかったためだ。朝のうちに講義の流れをチェックする。それと、新しい話題も取り込んでPowerPointで画像化する。

 午前9時、講義スタート。講義室には10人くらい。この医学部医学科のクラスは100人くらいおるんとちゃうんかい!? 出席率悪すぎるがな、、。まぁしかしそんなことには慣れっこだ。学生がやる気ないのと同じくらいやる気のない先生方が講義をしてきた結果でもあるんだろう。この現状を学生の責任にばかりできないと思う。気をとり直して、講義スタート。

 講義をするといつも思うのだが、学生さんは講義中に講師の質問に応えて発言するということにぜんぜん慣れていない。まず、こちらの質問に答えることなく無表情にこちらを見つめるだけの学生さんが多い。その次には、何とか答えのようなことを口にするものの、蚊の鳴くような声なのでこちらには全く聞こえない、というような学生さんが多い。多分、中学か高校かの頃からずっと、授業中に発言することを求められることなくここまで来のだろう、と感じる。まるで発言するのがタブーであるかのようだ。そんな彼らから言葉を引き出し、講師と学生がやりとりを楽しむような講義を作り上げるのは至難の業だ。そもそもほとんどの学生さんと私は初対面で、お互いの距離もつかめないまま講義をし、そして今日の話が終われば、お互いに接点はもうない。ちょっと物足りないかも知れない。

 あいだに15分ほどの休憩をはさんで、12時10分に終了。疲れたよ〜。脚がだるいし、腰がだるいし、、。まるで吹雪の中で長時間何度もリフトに乗ってスキーをして、そのあとホテルに戻って温泉に入って、部屋に戻って畳の上で横になったかのような(specific な喩えですまん)疲れ方である。ガックリとして思わず教授室で居眠りをしてしまった。あ〜、疲れた。ほんっとしんどいっす。でも学生さんも疲れてるみたいやしな〜、後ろの方で居眠りしているのが何人かいたしな〜。講義が面白くないんかな〜、、また来年も工夫してみるし、、、。とりあえず明日は夕方から基礎セミナーの講義がある。そのあとは、少ないながらも他大学での講義の依頼もいくつかいただいている。楽しく講義ができますように、、目指せ講義の鉄人!

posted by Yas at 22:26| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする