2007年03月31日

ビールを飲みながら考えた

ここ数週間、ゆっくりとした休みをいただいてなかったので久しぶりに土曜日の今日は大学に出ずに家にいた。昼前から高校野球、それが終わってからプロ野球(阪神X広島)をテレビ観戦。それから、少し読み残しのあった「理系白書」を読了。あとはな〜んもしてない。ただぼ〜っと、細菌学会総会中にあった事どもなどを思い返したりした。

 国内シンポジウムでのこと、細菌学会員演者の発表が終わると多くの人が潮を引くように会場を出た。あれはとても残念だった。そのあと植物病原細菌の研究をされている招待演者の発表があって、とても面白かったのに、、。日ごろ疎遠な研究の話をまとまったかたちで聞くのは楽しいだけど、、みんな興味ないのか? ちょいとエラそうに言うが、なじみのない事には興味を示さず、内向きにしか研究の展望を見る事が出来ないとしたら、そんな人の研究は面白いか? そんな態度が日本細菌学会の低迷(あえて低迷といわせてもらう)の一因になっていないか? 若い人には考えてもらいたい。

 総会直前に「ジパング」と「バガボンド」の新刊が出た。「ジパング」の舞台設定や緊迫感や画の迫力が好きだが、ここのところはやっぱり「バガボンド」かなぁ。作者の井上雅彦さんは人間の成長を描くのがホントに上手い。いつかもこのブログに書いたが、成長するときの苦悩を描くのも上手い。おもわず「宮本武蔵」をWikipediaで調べる。武蔵について語られている逸話の多くは史実ではなく吉川英治さんの「宮本武蔵」の影響によるものが多いのはわかっていたけど、Wikipediaのように資料に照らしてクールに語られるとちょっと複雑。まぁ、ヒトというのは、他人の見る角度によっていろいろと違って見えるし、他人が勝手に作り上げる虚像ってのもあるしねぇ。それは武蔵のような歴史上のヒトも今のヒトも同じ。

 学会場で出会った何人かの方から「ブログ見てますよ、面白いです」といっていただいた。ありがとうございます。楽屋オチだけが面白いと言われないようにしたいと思います。ウダウダと書き始めて八ヶ月と少し、おかげさまでもうすぐ10,000ヒット。いろいろ思うところあって、最初は無理に始めたようなところのあるこのブログ。2年3年ととりあえずは続けたい。

 ポスター会場を歩いていると、筆頭著者の方から「私の仕事を見てください」とポスター前まで連れて行かれることが何度かあった。そんなに積極的に言っていただくとこっちもいろいろ考える。こちらの勉強にもなるし、いずれも楽しくディスカッションさせていただいた。いいなぁ、この積極性。来年もよかったら声をかけてくださいね。

 座長を担当させていただいたワークショップも面白かった。みなさん積極的に質問をしていただいて、、。やっぱり気楽に話が出来るセッションが楽しいと思う。ただし、発表される演題の研究内容のクォリティーは絶対大事ですけど。来年もみんなでヤイヤイやりたいな。Talking Bacteriology !!

 夜にDVDで「卒業」を見た。いま見ると、なんか金持ちのアホボンがストーカーもどきのことをやって、んで尻軽女がアホボンと一緒に結婚式場から逃げ出すだけ、のようなストーリーに見える(「卒業」ファンのかた、すいません。でもいま見るとホントにそう見えるのよ)。Simon & Garfunkel の音楽は相変わらずよかったが、、。それと、これに主演の若い頃のダスティンホフマンはちょっと群馬大の富田さんに似ているかも、、。そういえば、琉球大の鈴木さんは奥田瑛二に似ていると思う。、、、すいませんねぇ、、楽屋オチで。

posted by Yas at 00:06| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする