2007年03月25日

日本細菌学会0日目

本日より日本細菌学会。といっても今日は理事会と評議員会、およびエクストラに有志メンバーによる細菌学・若手コロッセウムの企画相談会。ホントのアカデミックプログラムは明日より始まる。んでも、今日は充実した1日じゃった。とりあえず、どの会議も基本は「細菌を扱ってる研究領域を盛り上げたいがな」という思いが色んなかたちで表れている。理事会・評議員会は日本細菌学会理事長の笹川千尋先生のリーダーシップのもと、さまざまな改革策を打ち出していて、前進している、、という感じがする。(その効果のほどはもっとあとにわかるとしても、、)それから、細菌学・若手コロッセウム(という若手の研究会を企画しており、実際にこの一月に試験的に第一回が開催された。詳しくはこのブログの1月24日のエントリを見てチョ)。今回のとりあえずの相談会の出席者は林哲也、阿部章夫、飯田哲也、黒川顕、永井宏樹、川端重忠、藤永由佳子、菅井基行、と私。なかなかに実のある相談会でした。細菌を扱う全ての若手研究者さん! 「細菌学・若手コロッセウム」はきっとあなた方にとって面白い研究会を提供します。興味があったら上記のメンバーに個人的に問い合わせてチョ。

 自分の学問領域の発展を考える、ということに関しては基本的には私はこう考えている。能書きはもう充分。実際に企画して、周囲に呼びかけて、実をあげる、という自ら汗を流す人材が細菌学領域の発展のためには必要だ。口だけの奴はいらん! 細菌に関係するサイエンスのために一肌脱ぎましょう、という方、学会場で私を見かけたら、いつでも声をかけてチョ。待ってるよ〜。

posted by Yas at 23:41| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする