2007年03月12日

ちゃんとしようぜ、ちゃんと、パート2

 私はニュースキャスターでもコメンテーターでもない。だからここではあんまり時事問題は取り上げないようにしている。みなさん、それぞれの見識で新聞などを読んでいただいた方がはるかに正確な情報を把握できるだろうと思って控えているのだが、ちょっとガックリとうなだれたくなるようなニュースが続いたので少しだけ書く、、。ホント少しだけ。ここのところ、姑息というか単純に「ずるい」というのか、黙ってればわかんないじゃん、みたいな事件が続いている。

 松岡農水相、本来は掛かるはずのない議員会館事務所の光熱水費を500万円も計上していた。それに関する(ちゃんとした)説明はいまもなし。プロ野球、西武球団。有望なアマチュア選手に裏金を不正供与。渡した方も貰った方ももちろん問題。よくわからんのは、東京ガスの選手は実名で記者会見も行ったが、早大選手の方は匿名のまま、、。この違いはわからん。大学選手(学生)ということで擁護する必要があると判断されたのか? どっちも同じアマチュア選手だ。学生はひょっとしたら未成年ということか? それと、誰もがおかしいと考えるドラフトの希望枠はもう廃止して、もうそろそろいいがけんに完全ウェーバー制にすればどうか? それから、ここのところ続いているあちこちで起こっている金属盗難。当初は外国人の窃盗団の仕業と思われていたがどうやら違うらしい。社会資本を脅かすような行為は自分の生活を脅かす行為だ。空腹に困って自らの足を喰らうタコに等しい。重い鉄板や導線を盗んで運べる重機を調達できるのなら、それなりの資金や何らかの資格があるのではないか? ちゃんと働けよ。厚生科研の不正使用(完全に詐欺やがな)も、、、がっくり。

 このあたりの事件を聞いてガックリするのは、あまりにも小手先でトクをしようとする当事者たちのあさましさが見えてくるからだ。「人間ってそんなもんやろ、、」とは思いたくはない。「みんなそれぞれ事情があるんやろ」というのも違うだろう。そういう訳知り顔が「ずるい人間」の「姑息な行為」を許している。

 もうっ、ちゃんとしようぜちゃんと。
 
posted by Yas at 23:37| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする