2007年03月03日

ビール、ワイン、んでビール、、あとは覚えてないや

 昨日の金曜日は微研の大学院生発表会。続いて懇親会。野島研大学院生の永森一平くんは仕事の内容も充実していたが、人間もなかなか面白かった。「大学院修了後、どーすんの?」と尋ねると、「PI(研究グループのリーダーのこと) になりたいです」と応えた。いきなり PI かい!、、まぁしっかり目標を持ってるのはええことか。がんばってね。

 んで、ちょっと飲み過ぎた。二日酔い、というほどではないがお酒が身体に残っている。こういうときは水分。そんで甘いものを食べる。お酒を飲んだ翌日に身体がだるくてしんどいのは低血糖によるものだ、、。と私は思いこんでいる。グルコース補液をすれば二日酔いは速効で直る。複数の友人の証言である。敬愛する中島らもの小説にもそんな場面が出てくる。でも気軽に補液は出来ないからその代わりに甘いものをたらふく食べたりする。

 それにしても先月からこっち、お酒を飲むことが多すぎた。20〜30代のときに比べてバカ飲みは減った。翌日一日中うなって寝込むこともなくなった。午前中、朝起き出すのが遅くなる程度だ。けどそんな時間ももったいないと思うようになった。私は実はお酒が好きだ(あ、ご存知ですか、そーすか)。んで、もう40代後半。お酒との付き合い方を考え直さんとなぁ、、と飲んでないときは思ったりする。
posted by Yas at 22:52| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする