2006年12月24日

中田カウスさんと、京産大と法政大と、その昔の同志社大

 私は格闘技のK-1には興味がない。が、漫才グランプリのM-1は好きだ。今年はチュートリアルが優勝した。昨年のブラックマヨネーズにも笑わせてもらったが、今年のチュートリアルの優勝決定のネタも最高だった。

 一般お笑いファンとして云わせていただくと、漫才を見るとき人は笑う準備をして聴く。だから無理に笑ってあげるわけではないが、心のどこかで笑いの閾値を下げて漫才を聞いている。決勝に出てきたコンビでも、半分くらいはこの手の心理に助けられて笑いをとっている。本当に心から笑わせてもらえるのは上位3〜4コンビだけである。と、お笑いファンはエラそうなことを言うが、テレビで放映されるまで残っている彼らは 3,922 組から勝ち残ってきた強者なのだから漫才の世界は奥が深い。わずか数分にまとめたストーリーに聴衆を引き込み、起承転結をつけて魅了する。この手管は研究成果や講義でのしゃべりの参考になる。

 もうひとつ、M-1で好きなのは審査員たちの姿勢である。そもそもM-1とは、島田紳助さんや松本人志さんが漫才の将来に不安を抱いて、若手漫才師の育成のために始めた企画と聞いている。それだけに審査員側の真剣味とともに漫才という技術の専門性が伝わってきてこれも勉強になる。中でも中田カウスさんのコメントが好きだ。大体この人は他の審査員に比べて点数が甘い。だが彼のコメントからは、漫才が好きでたまらない、より良い漫才を目指して研鑽を積む若者が好きで好きでたまらない、という思いがとてもよく伝わってくる。自分が研究者として若い人を見たときに、中田カウスさんのように優しい目で若い人を見ることができたらカッチョいいなぁ、と思うが、いまの自分がどうなのか自信はない。

 大学ラグビー。京産大、大体大が準決勝に進出した。京産大は9年ぶり、大体大は17年ぶりの進出。関西勢2校が準決勝に残ったのは13年ぶりとか、、。今日は昼からラグビー三昧(TV観戦ね)だったが、とくに京産大対法政大の試合はよかった。京産大はFW戦にこだわり、法政大はバックス勝負にこだわって互いの持ち味を出し切った末にわずかに京産大がスコアでまさった。こういうこだわりは大好き。何年前だろうか、同じ全国大学ラグビーで同志社大学がトライでの得点にこだわって一度もペナルティゴールを狙わなかった大会を思い出した。あぁいうのは、単純に感動させてくれる。

 大体大も京産大も、1月2日に楽しみを残してくれてありがとう。国立でがんばってくれぃ、、打倒早稲田!

posted by Yas at 22:25| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする