2006年12月13日

ウィニー

 ウィニーの作者が著作権法違反幇助の疑いで罰金150万円の有罪判決を受けた。ウィニーの中身を何も知らない。だからこのことにコメントをするつもりはなかったのだけれど、新聞を読んでやっぱりちょっと感じたことを書く。判決骨子のひとつには「著作権侵害の蔓延を積極的に企図していないが、認識・容認し、開発・提供した。」というものがある。ウィニーの開発と不特定多数への提供が著作権法違反の幇助にあたるかどうか(多少見せしめのにおいがする)は別にして、この指摘は外れていないのではないかとやっぱり思う。技術の検証だけが目的ならば、なぜ最も利用者数の多いWindowsの対応ソフトにしたのか? もっともっとマイナーなOSで走るソフトでも充分データをとれたのではないか? ソフトの利用者を制限する方法は思いつかなかったのか? ファイル交換ソフトという性格から考えて、対象となるファイルは著作権の伴うファイルになる可能性は容易に考えられるのではないか? 「私は『違法なファイル交換はやめて』と言い続けてきた」と当人は主張する。これは大人としては天真爛漫にすぎる主張だ。他方、新聞は当人を「天才プログラマー」と記事で表現する。これを第三者的に俯瞰すると、世間知らずの専門バカ、の姿が見えてくる。当人が実際にそうなのかどうかは関係なく、一般の人がもちやすい偏見のパターンにはまってしまっているのではないか。特別な知識や技術に秀でた人はある意味で「特殊能力」を持っているといっていいと思う。細菌毒素バカの私も含めて、そんな「特殊能力」を一般社会で発揮させるとき(そんなときがあればだが)は、『世間知らずの専門バカ」にならないような配慮が自分のためにも世間のためにも必要ではないかなぁ〜っ、、て思ったりする。
posted by Yas at 23:26| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする