2006年11月28日

泥棒を捕らえて縄をなう


 明日は大阪のとある地方自治体で講演する。講演の相手はそこで働く食品衛生管理関係の獣医さんらしい。どうする? 研究者相手ならば慣れているものの、どんな切り口でハナシをさせてもらったらいいのやら、、。あわてて食品衛生の実際を勉強したとしても付け焼き刃はすぐにこぼれるだろう。んで、基礎研究者としてのスタンスで自分なりにまとめてみたが、どうかなぁ、と自信はあまりない。自分のテリトリー内で話の内容をまとめたがそれでも新しいスライドをかなりの枚数作った。ずいぶん前から講演することはわかっていたのだから、あらかじめ用意しておけばよいのだがそうはいかないところが苦しい。明後日と明明後日はそれぞれ別の原稿の〆切が迫っている。書けるかなぁ? 自信ないなぁ? って言いながらblogをこまめに書いていながら原稿の〆切を破ったら担当の先生に怒られるわなぁ、、。
posted by Yas at 23:01| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする