2006年09月09日

ハナミズキ


 今日は昼過ぎからまずカミちゃんが英会話で出かけ、マミちゃんも所用で帰った。KMじゅんもどこへともなく消え、土曜日常連のアヤっちとハナも所用とかで来ていない。、、、、研究室で私ひとりになった。私は論文のFigure作りで忙しい。最新の論文作成のためにアドビイラストレータを最近になって購入し、これでチマチマとFigureを作成する。こういう単純作業の時はBGMをかけるに限る。おぉそうじゃっ!誰もおらんからBGMを大音量で流してやろう。まず、一青窈を流してっ、、、と。、、、「う〜すべ〜にい〜ろの〜♪、かわいい〜き〜み〜のねぇ〜、」、、いかんいかん。つい大声で歌ってしまう。ハナミズキはとっても良い歌だが、ここはカラオケボックスではない。思わず歌い上げることがないように洋楽にする。クラプトンはどうじゃっ。

 ところで、研究関係者の皆様は作図ソフトに何をお使いだろうか? 私はずいぶん長い間CANVASにするかイラストレータにするか悩んでいたのだった。これまではそれぞれを吟味するような時間はあまりなかったが、きれいな図表で研究内容を紹介するのはPI(研究リーダー)の大事な仕事とばかり、この二つのソフトのお試し版をダウンロードして試用した結果イラストレータを使うことにした。専門的なドローソフトを嫌って何でもPowerPointですまそうとされる方は多い(私もそのうちのひとりだ)が、PowerPointのファイルは互換性がはなはだ低い。ドローソフトの図は一度作成してしまうと拡大縮小・ファイル変換の自由度がむちゃくちゃ高いのでお勧めですぜ。一度お試しあれ。、、、クラプトンもひさびさの大音量だと心に響くねぇ。、、、「れぇ〜いらぁ〜!」いかんいかん。英語で歌おうとすると歌詞を探して見てしまうので仕事にならん。他のジャンルにしよう。

 イラストレータであれ多分CANVASであれ、もっとも重宝なのは図中に挿入した文字も図とグループ化すると一緒に拡大縮小ができる。つまりフォントの大きさが図の拡大縮小に伴ってちゃんと変わる。これは便利である。、、、「Hey, You gotta Hustle! も〜えろよぼい〜んんっ!」、、、いかんいかん。サザンのBGMは作図には向かん。静かな曲にしよっと。

 そしてイラストレータには「MicroSoft Office用に保存」というコマンドがあって、何かの事情でWordやPowerPointに図を移植しなければならないときにも簡単に対応できるので便利である(CANVASに同じような機能があるかどうかは知らん。すまん)。、、、「ふぁ〜いとぉっ、たたかうぅっ、きみぃのうたを〜」、、いかんいかん。中島みゆきは感情を入れ込みすぎる。、、

posted by Yas at 20:36| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする